こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【東芝傘下の米WHが破産専門弁護士と契約との報道、株価は約8%下落】
原発事業で巨額の損失計上を迫られた
東芝傘下の米ウエスチングハウス(WH)が、
破産を専門とする弁護士と契約したとロイター通信が伝えた。
東芝についてはこの日、米原発事業での損失拡大の可能性なども報じられた。
東芝株は一時前日比7.7%まで下落している。

※ブルームバーグ引用

何事も悪い報告は真っ先に。
良い報告は後でということで、
それができていない東芝は、
伸びに伸びている決算発表は、
かなり悪いものではないのかなと思っています。
悪い報告が早くできて、きちっと対処していれば、
前回の危機の時に、東芝は何とか立ち直ったはず。
同じように、何とかこの危機も問題を先送りにしつつ、
生き残ろうとしているところが救われません。

【指示待ち人間をなくせ!自ら行動する人を育てる方法とは?】
なぜ優秀な人のところには指示待ち人間が多く、
私のようなズボラで穴だらけの人間の周りに
優秀なスタッフや学生ばかりが集まるのだろう?これは非常に不思議なことだ。
そのことをずっと考えてみた。

実は私のところに来たばかりの頃だと「指示待ち人間」候補と思われる人もいた。
初めから指示を待つ姿勢なのだ。
もし私がテキパキ指示を出していたら立派な指示待ち人間に育っていただろう。
しかしどうしたわけか、自分の頭で考えて動く人間に必ず変わった。なんでだろう?

私の場合、指示を求められたときに「どうしたらいいと思います?」と反問するのが常。
私は粗忽できちんとした指示を出す自信がないので、
指示を待ってくれる人の意見も聞くようにしている。
最初、指示待ちの姿勢の人はこの反問に戸惑う人が多い。
しかし私は引き下がらず、意見を求める。

「いや、私もどうしたらいいか分からないんですよ。
でも何かしなきゃいけないから考えるきっかけが欲しいんですけど、
何か気づいたことあります?」と、何でもいいから口にしてくれたらありがたい、
という形で意見を求める。そうするとおずおずと意見を口にしてくれる。

「あ、なるほどね、その視点はなかったなあ」
「今の意見を聞いて気づいたけど、こういうことにも注意が必要ですかね」と、
意見を聞いたことがプラスになったことをきちんと伝えるようにし、さらに意見を促す。
そうすると、だんだんとおずおずしたところがなくなり、意見を言うようになってくれる。

もちろん、私の希望とはズレた、的外れな意見も出てくることがある。
でもそれもむやみには否定せず、「なるほどね。
ただ今回は、こういう仕事を優先したいと思っているんですよ。
その方向で考えた場合、何か別の意見がありませんかね?」と言い、
私が何を希望しているのか、伝えるようにしている。

こういうやりとりを繰り返しているうち、私が何を考え、
何を希望しているのかを、スタッフや学生は想像できるようになってくるらしい。
そのうち「出張でいらっしゃらなかったのでこちらでこう処理しておきましたが、
それでよかったでしょうか?」という確認がなされる。大概ばっちり。

たまに私の考えとはズレた処理の場合もある。しかしその場合でも
「私の指示があいまいだったので仕方ないです。
私の責任ですので、気にしないでください。ただ、実はこう考えているので、
次からそのように処理してもらえますか」と答えておく。
そうして、考えのズレを修正していく。

・私の考えを折に触れて伝える。
・後は自分で考えて行動してもらう。
・失敗(私の考えとずれた処理)があっても「しょーがない」とし、
改めて私の考えを伝えて次回から軌道修正してもらう。
この3つの注意点を繰り返すだけで、私の考えを忖度しながらも、
自分の頭で考える人ばかりになる。

※引用

とても良い内容だったので、
ほとんど引用、自分のための覚書です。
上記の内容をまとめた下記の本を、
ぜひ購入したいと思いました。
「自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書」

【3月9日のマーケット】
170309-1



スポンサーリンク
【フィッシャーFRB副議長:金融政策は想定軌道に、目標の達成は近い】
米連邦準備制度理事会(FRB)のフィッシャー副議長は
米連邦公開市場委員会(FOMC)が担う
二大責務の達成に近づいていると述べ、
金融政策は想定された軌道に乗りそうだと指摘した。

※ブルームバーグ引用

FRBも、そろそろマーケットが
調整しても良いのではと、思っていると思うのですが、
下手に金利を引き上げると、ガクッと下落する可能性があり、
今もって、口先介入で、マーケットを牽制しているようにも見えます。
マーケットが上昇したのは良いですが、
こんどは上昇しすぎたマーケットを、どのように、
落ち着かせるかが課題になってきます。

【寝不足がもたらす膨大な経済損失、頭痛だけでなく生産性の低下も】
睡眠不足は翌日に頭痛や倦怠(けんたい)感を引き起こし、
日常生活に支障を来すだけではない。
労働者の生産性を低下させ、死亡リスクを高めることにより、
日本経済に多大な損失をもたらしている。

※ブルームバーグ引用

自分の場合、平均睡眠時間は5時間。
6時間台をキープするのは難しい。
残業によって成り立っているのが日本経済だと思うのですが、
それをなくすのなら強制的に、
政府が主導しなければなくなりません。
しかし、その割には日本人、長生きだと思いません?

【2月16日のマーケット】
170216-01



スポンサーリンク
【米AT&Tがタイムワーナー買収へ、総額854億ドル-現金・株式】
米AT&Tは22日、タイムワーナーを
総額854億ドル(約8兆8650億円)で買収することで合意した。
これにより無線通信やインターネット、
有料放送テレビの契約者に提供する多数の映画や
テレビ番組を有する通信・メディアの巨大企業が誕生する。

※ブルームバーグ引用

インターネットの発達により、
メディアがこれほど変わることを予想できた人は、
多くないと思いますが、特に新聞、テレビ、業界は、
今後、変わっていかないと、厳しくなるのが目に見えています。
そういった意味で、アメリカのAT&Tがタイムワーナーを
買収したというのは、コンテンツの集約を先に進めている
とも言えるのではないでしょうか。

【中国:住宅値上がり都市数、9月に減少-当局が抑制策を強化】
中国の過熱した不動産市場が
ひとまず沈静化の兆しを示しつつある。
当局は住宅バブルを回避するため、住宅購入抑制策を強化している。

※ブルームバーグ引用

日本も高騰する土地価格を、
抑制しようと政府が規制をかけ、
コントロールしようとした結果、
バブルが弾けてしまいました。
もちろん土地やマンションなどの価格が、
ただただ右肩上がりに上昇するのは困りますが、
それをコントロールすることは、もっと難しいわけです。

【10月21日のマーケット】
161023-01



スポンサーリンク
【タイのプミポン国王が死去、88歳-国民の敬愛集め在位70年超】
タイのプミポン・アドゥンヤデート国王(ラマ9世)が
13日午後3時52分、バンコク市内の病院で死去した。88歳だった。
国民から敬愛された同国王の在位期間は70年4カ月に及び、
現役君主としては世界最長だった。

※ブルームバーグ引用

政府内のいざこざを軍が抑え込み、
何よりも国王がいたから何とかまとまっていたタイですが、
皇太子の噂を聞く限り、今後のタイの情勢は荒れそうです。
できれば、王女が王位についた方が良いと思いますが、
下手したら内戦に突入する可能性もありえるかもしれません。

【ボブ・ディラン氏にノーベル文学賞-スウェーデン・アカデミーが発表】
スウェーデン・アカデミーは13日、
今年のノーベル文学賞を米ミュージシャンの
ボブ・ディラン氏に授与すると発表した。
「偉大な米国の音楽の伝統の中に新しい詩的表現を生み出した」功績をたたえた。

※ブルームバーグ引用

ノーベル賞の選定で、
まさかボブ・ディラン氏が選ばれると思っていた人は、
ほとんどいなかったと思います。
残念ながら村上春樹さんの受賞はありませんでしたが、
期待されているうちは、受賞することはないような気がします。

【10月13日のマーケット】
161013-01



スポンサーリンク
【東京都全域で停電、58万戸に影響-埼玉県内の地下送電線火災で】
東京電力ホールディングスは12日午後3時30分ごろに
送電線火災の影響で東京都の一部地域で停電が発生し、
午後4時25分に復旧したと発表した。
同社によると午後3時30分ごろに最大で37万戸、
延べ58万戸で停電が発生したという。

※ブルームバーグ引用

火災が起きた地点を見ると、
こんな小さなところが火災になっただけで、
53万戸が停電、一時的に電車などの運航が
ストップしてしまうことに驚きました。
今回の事故の結果を受けて、
地震によって、地下のインフラがズタズタにされたら、
都内のインフラ復旧に、
かなり時間がかかることが読みとれます。

【日本株反落、米決算の低調スタートと円安一服-素材、金融中心下げる】
12日の東京株式相場は反落。
米国の決算発表の先陣を切ったアルコアが低調な内容となり、
企業業績に対する慎重な見方が広がったほか、
為替の円安や原油高傾向の一服も嫌気された。
鉄鋼や非鉄金属など素材株、銀行や保険など
金融株中心に幅広い業種が安い。

※ブルームバーグ引用

アメリカマーケットの下落を引きずり、
日本マーケットも本日は下落しました。
アメリカマーケットが、まだ上昇を続けるとしても、
あるていどの調整があったほうが、良いと思うのですが、
今年のターニングポイントは、
もう一度、アメリカが利上げを実施した後だと思います。

【10月12日のマーケット】
161012-01



スポンサーリンク
【スティグリッツ教授:日銀決定会合でウサギ出てこない、金融政策限界】
ノーベル経済学賞受賞者で
米コロンビア大学教授のジョゼフ・スティグリッツ氏は、
日本銀行が今週開く金融政策決定会合について、
ブルームバーグ・ニュースのインタビューで次のようにコメントした。

※ブルームバーグ引用

各国の金融政策に大きな動きがある
イベントがある際は、ノーポジションにしておくのが無難です。
日銀は、おそらく動きたくても、
アメリカが行動を起こした後でないと今は動けないはずです。
そして、記事にある通り、今の政策には、
もう限界に近づいています。

【基準地価:三大都市圏、マイナス金利で商業地の上昇加速-4年連続】
東京、大阪、名古屋の三大都市圏は地価上昇が続き、
商業地が4年連続、住宅地は3年連続で値上がりした。
1月の日本銀行のマイナス金利政策で
金融機関の不動産融資に弾みがつき、投資意欲が高まった。

※ブルームバーグ引用

株、土地、その他、金融商品に
やはり一番影響を与えるのは、政府の金融政策です。
日銀が推し進めている量的緩和、そしてマイナス金利政策は、
日本のマーケットを押し上げ、円安への誘導、
さらには、マイナス金利を誘発させることになりました。
いずれ、今、行われている政策の方針が切り替わります。
その兆しを見逃さないことが重要です。

【9月20日のマーケット】
160920-1



スポンサーリンク
【FRB副議長:データに基づき金利の道筋を決めていく必要がある】
米連邦準備制度理事会(FRB)のフィッシャー副議長は、
利上げの道筋は今後入ってくるデータ次第だと述べた。
生産性の伸び加速について楽観的な見方を示した。

※ブルームバーグ引用

FRBは、データ、データと繰り返しているわけで、
今後出てくる様々な指標を吟味して、
金利の引き上げを実施、悪い指標が出たら、
やらないよということを示唆しています。
ここまで堅調にきている分、大きく下げる局面が、
こなければとは思うのですが。

【君の名は。3日間で10億円超え】
土日2日間(8月27~28日)の
全国映画動員ランキングが29日に興行通信社より発表され、
国内外で注目を集める新海誠監督の最新作『君の名は。』が
初登場ナンバーワンとなった。

※シネマトゥデイ引用



昔から新海監督の作品は、
すべてチェックしていましたが、DVDによる鑑賞どまり。
しかし、これは、予告など見て、
劇場に行ってみたいと思ったので、
27日に観に行ってきました。
皆さん、感想に書かれていますが、これは、
もう一度、観たいと思わせる映画であり、
新海監督の創り出した素晴らしい映像を、
ぜひ、大画面で体感してもらいたいと思います。

【8月30日のマーケット】
160830-01



スポンサーリンク
【6月FOMCで利上げの確率ほぼゼロ、米単独の行動は論外-チャート】
米連邦公開市場委員会(FOMC)が
15日に利上げに踏み切る可能性は極めて低い。
ブルームバーグ・ガドフライのリサ・アブラモビッチ氏によると、
仮に利上げに踏み切れば、金融当局者がここ数カ月、
世界的な妨げになると警告していた市場混乱をまさに誘発するリスクがある。

※ブルームバーグ引用

さすがにアメリカマーケットというわけで、
まだ、大きく下落はしていませんが、
下落の引き金になりそうな利上げは、
確かに、大きなイベントを控えている中で、
できないと思います。
場合によっては、イギリス発のマーケットの暴落の可能性も
ゼロではありませんからね。

【中国軍艦が領海侵入、鹿児島】
防衛省は15日、中国海軍の情報収集艦1隻が同日午前3時半ごろ、
鹿児島県口永良部島の西で、日本の領海に侵入したと発表した。
海上自衛隊のP3C哨戒機が確認した。
午前5時ごろ、屋久島南の領海から出た。

※ロイター引用

東京都知事の辞任より、こちらのニュースの方が大事だと思います。
もちろん、自衛隊およびアメリカは、この中国軍艦を監視していたわけで、
軍事行動を起こせば、すぐ攻撃できる態勢は、整えていたと思いますが、
(そうあってほしい)トランプ氏がもしアメリカ大統領選に当選、
米軍が日本から撤退という最悪の辞退になった時、
中国が牙をむいたとき、日本の自衛隊は、日本を守ることができるのか?
少なくとも自衛隊の行動を妨げる法律を改正すべきだと思います。
戦争をしたいとかではなくて、戦争になった時に備えるということです。
泥棒がいないところに、なぜ警察官がいるのか?
その理屈と同じだと思います。
平和憲法があるから戦争はなかったのは、あくまでも偶然、
日本は戦後、とても運に恵まれていると思います。

【6月15日のマーケット】
160615-01



スポンサーリンク
【ドル・円が1カ月ぶり111円台、米早期利上げ観測で-株高でリスクオン】
30日の東京外国為替市場では、
ドル・円相場が約1カ月ぶりとなる1ドル=111円台へ大幅上昇。
イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が先週末に
数カ月以内の利上げの可能性を示唆したことを受け、ドル買い・円売りが強まった。

※ブルームバーグ引用

安倍首相が、消費税の値上げの先送りを決め、
マーケットに対する不安要素が減少、
月曜日の日本マーケットは堅調に上昇。
マーケットを下落させる大きな要因が出てこなければ、
円安、株高が進んでいきそうな雰囲気です。

【仮想通貨ビットコインが14年以来の高値回復、中国が中心に-チャート】
ドルベースで1000ドル(現在のレートで約11万1000円)強から
200ドル弱に急落した仮想通貨ビットコインの価格が2014年以来の高値を回復している。
背景には中国がビットコインの世界の中心になり、
起業家がこの領域に殺到してきたことがある。
ビットコインチャーツ・ドット・コムによると、
ビットコインの交換量の90%は人民元で行われているという。

※ブルームバーグ引用

インターネットがこれだけ普及するとは、
当時、はじめて、箱型macのパソコンで、
ネットスケープを使って、ネットに接続した際は、
思いもよりませんでした。
家では、PC98の5インチディスクのパソコンを
さわっていたのも良い思い出です。
そして、このビットコイン(仮想通貨)は、
インターネットが普及する前の感じに似ていると思います。
この関連で、現在、注目すべき企業は、
インフォテリア、テックビューロ、さくらインターネットなどです。
マーケットでは、一時的に急上昇しましたが、
今後、10年、仮想通貨が普及するとすれば、面白くなります。

【5月30日のマーケット】
160530-01



スポンサーリンク
【オバマ氏、27日に広島訪問-現職の米大統領で初】
オバマ米大統領が今月27日に広島を訪問すると、
ホワイトハウスが10日発表した。
71年前の米軍による原爆投下の後、
広島を現職の米大統領が訪れるのは初めて。

※ブルームバーグ引用

これは良いニュース。
年内に大統領選があるので、とりあえず、
というところもあると思いますが、
大統領といっしょに来日する政府高官も訪問するはずです。
広島訪問は、核兵器を使用する抑止力になるはずです。

【ロンドン外為:円が下げ拡大、対ドル109円台-財務相が介入可能と強調】
ロンドン時間10日午前の外国為替市場では
円が下げ幅を広げ、対ドルで109円台を付けた。
麻生太郎財務相が、外為市場の安定のため
必要ならば介入は可能だと発言した。

※ブルームバーグ引用

早速、円安に振れてきました。
麻生さんの発言というよりは、
周囲の環境が、円安に動きやすいと
判断しているからだと思います。
ただし、マーケットに下落の兆候が見えたら、
一時的に円安が止まると考えて良いと思います。

【5月10日のマーケット】
160510-01



スポンサーリンク