こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

今日は週末、少し短め金価格について。
下記のチャートをみていただければわかりますが、
この7年間で急上昇。

【金価格 2000-2007】
20070922_01

さらに詳しいデータはこちらのサイトを見てください。
グラフもこちらからいただいてきました。

このグラフを見ても、2899 紫金砿業 が急上昇した理由、
つかないのですが、う~ん、ちょっと上昇しすぎ。
考えられるのは、わかっている人間はマーケットから逃げて、
金という現物購入に切り替えている。
そしてインフレによる商品物価の上昇。

サブプライム問題もアメリカが金利を下げたからといって、
根本的な問題解決には至っておらず、
これだけ上げ相場が続けば、そろそろ下げがきてもおかしくないはず。
こういった見方もあると読んでいただければ幸いです。

スポンサーリンク
中秋節が近づいているせいか、
中国株は軟調に推移、来週あたり、
少し売られるとは思うのですが、
あいかわらず強い中国マーケット。

そんななか、金、原油の上昇とまらず、
2899 紫金砿業が、ここ1ヶ月で倍の値になりました。
どう考えてもあげすぎですよね?

【2899 紫金砿業 週足】
20070921_02

自分がこの株、上がりますよといって、
見事、予想が当たっているのは確かに良いことですが、
その肝心の株を持っていないのがね(苦笑)。
そろそろ大きな下げを期待しています(笑)。
そしてもう一つ気になっているのが為替。
ここ最近、非常に上下が大きいのです。

【ドル一段安の展開か、対円での値下がりを予想-BNPのフィンク氏】
ドルの一段安を予想しているが、大半はアジア通貨、
特に円に対しての値下がりを想定している。
円は非常に過小評価されており、下値余地はそれほどない

※ブルームバーグ引用
個人的にはLTCMが破綻したときのような急激な円高が、
この近いうちにくるような気がしています。

【9月21日のマーケット情報】
20070921_01


スポンサーリンク
どれだけ下げたかと思い、
本日の中国マーケットをのぞいてみると、
強い、強い、まったく下がっていません。

確かに個別銘柄を見れば、それぞれ上下激しいですが、
金曜日のアメリカマーケットの下げを考えると、
ここらへんで調整してもおかしくないと思うのですが・・・。

【H株 日足】
20070910_02

私が注目している個別銘柄では、
2899 紫金砿業 +10.087% はい、ぶっ飛んでます。
ここ最近の上げはある意味異常。
実は、前回保有していた際、売却できなかった端数
1000株を持っていたりします(笑)。

【2899 紫金砿業 沿革】
福建省上杭県を本拠とする生産量および利益高ベースで中国最大級の金鉱会社。
2006年の金産出量は中国全体の11.5%、精錬・合金加工を含めた
金製品の総生産量は20.5%を占めた。
銅、亜鉛などの非鉄金属も採掘・生産する。貴州省、
新疆ウイグル自治区、黒龍江省など全国で事業展開。
南アフリカ共和国、ロシア、ミャンマー、ベトナムでも鉱脈探索を行っている。
06年末時点の傘下鉱山の埋蔵量(権益取得分)は金455トン、
プラチナ・パラジウムが計151トン、
銅670万トン、亜鉛238万トンなど。03年12月に香港H株上場。

※サーチナ引用

金の価格が高くなっているのが大きな原因。
これも元をたどればサブプライム問題により、
世界のマーケットが危なくなると考える人々が、
金に資金を動かし始めた証拠なのかもしれません。

それにしても自分が目のつけた株が上昇してくれるのは、
確かにうれしいのですが、現在、私は保有していません。
ある意味、右下に掲載している注目銘柄は、
私が売却してからの上げが著しいです(苦笑)。
最後に本日のマーケット情報、しかし強い中国マーケットです。

【9月10日のマーケット情報】
20070910_01

※先ほどカテキンさんのHPに行くとなんと閉鎖のお知らせ・・・!
 ぜひ撤回してほしい!特にあの掲示板に集う方々の情報、
 質は非常に高かっただけに、もったいない。
 最悪、ブログを書いている人、ある程度、信用が置ける方々のみの
 パスワードをくばるなど、制度を変えて再開してほしいです。


スポンサーリンク