こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

ソフトバンクの価格破壊は孫正義社長のホラー経営だ

ソフトバンクの孫正義社長が記者会見で
「通話料メール代0円」のボードを頭上に掲げて微笑む姿は
安っぽいホラー映画を見ているようだった。
携帯電話各社とも収益モデルの見直しを迫られるわけだが、
ソフトバンク自体が一番深刻だ。
LBOとヤフー株の切り売りで調達した1兆7500億円で
非常に割高に買った商売を自ら儲からない商売にしようとしている。
この経営者は一体何がしたいのか?
どこかの過激な新興宗教教祖に見えてくる。
実際の企業経営にオカルトを取り入れる恐ろしい人物と言えよう。

また、孫正義社長は、他社の決算を引き合いに出して
「他社の決算で、数千億という利益は儲けすぎではないか」
とのたまった。
適正な利益を確保し常に高い品質の通信サービスの提供をする
docomoやauを信じないで、
今にも炎上しそうな借金まみれのソフトバンクを
信じろという話をしている。
通信という極めて重要なサービスに必要なものは
「安心感や信頼感」であることを忘れている。
ヒューザーマンションで安物の恐さを味わったばかりではないのか?
石原慎太郎東京都知事が
「100万円で5カラットのダイヤは買えない」と言ったが
間違っていない。
揺るぎない高品質を確保した上での価格競争でなければ、
消費者にとってメリットでも何でもないのだ。

私は3月このHPで
「ソフトバンクが携帯電話業界で無料や低価格を武器に
ムチャクチャやるだろう」と予言したが見事に的中してしまった。
ソフトバンクのビジネスモデルに問題があることは
ソフトバンク株が昨年暮れの5220円から
一時1800円台まで下落していることが証明しているだろう。
その後も乱高下を繰り返しているわけだが、
問題はそんなソフトバンクが日経225採用銘柄であることなのだ。
日経平均株価の動向に、ソフトバンクのような
荒っぽい銘柄が大きな影響を与えている今の状況は
改善する必要があると思っている。
日経225銘柄の選定は
日本経済新聞社が銘柄選定ルールに則って行なっているわけだが、
いくらソフトバンクが高流動性銘柄であっても
全体の指標とするならば候補となる銘柄は他にたくさんあるはずだ。

日本経済にホラーやオカルトはいらない。
真面目で剛直な経営者だけに活躍してもらいたい。
2006年10月25日 ザ・イトヤマタワーにて 糸山 英太郎

※糸山氏HP引用

ひさしぶりのソフトバンク携帯ネタです。
夏モデルの発表を見て、
携帯のデザインは他社より良いなと思いました。

上手に新しいプランをユーザーに伝えること、
そして一番大事なのは携帯の故障率を低下させ、
3Gでつながる(アンテナ網)ことを確約できれば、
伸びるとは思うのですがどうでしょうか?
※さらできるのであれば新スーパーボーナスの廃止

最後に大事なのは他社を引き合いに
自社をプレゼンするのではなく、
自社のサービスをプレゼンし勝負すること。

糸山さんが書かれているのはもっともなことで、
企業として求められることを
しっかりやって欲しいと思います。

良いサービスであれば、
そのサービスだけきちっと宣伝すれば、
良いと思っています。

スポンサーリンク
6月中旬の発売予定。

厚さ13.5mmというコンパクトなスライドデザイン
ワンセグに対応
ワンセグの録画には非対応

ディスプレイは2.12インチ
26万色表示のQVGA液晶
カメラは200万画素のCMOSを搭載
対応メモリカードはmicroSDカード

3Gハイスピード(下り3.6Mbps)に対応
PCサイトブラウザを搭載
Bluetoothを搭載
国際ローミングやS!キャスト、サークルトークなどのサービス非対応

大きさは51×100.6×13.5mm
重さは101g
連続待受時間は約230時間、
連続通話時間は約165分

ボディカラーはホワイト、ターコイズブルー、
ラベンダー、ローズ
※ケータイwatch 引用

805sc



スポンサーリンク
7月下旬以降に発売される予定

ハードウェアは「812SH」と同等
ボタン部にプリントされた文字の表示が大

メインディスプレイは、2.4インチ、QVGA、26万色表示のTFT液晶
サブディスプレイは0.8インチの有機ELを搭載
カメラ機能は200万画素CMOSをメイン
サブカメラは11万画素CMOS
2GBタイプまでのmicroSDカードスロットに対応

PCサイトブラウザ、おサイフケータイに対応
Bluetoothや赤外線通信機能もサポート
GSM方式は900/1800/1900MHzに対応
国際ローミングも利用可能
ボタンは押下しやすいアークリッジキーが採用

大きさは49×97×17.6mm
重さは約105g
連続待受時間は約330時間、
連続通話時間は約150分(いずれもW-CDMA網利用時)

ボディカラー
ディープグリーン、ナチュラルブラウン、
マットシルバー、ウォームピンク
※ケータイwatch 引用

812shs



スポンサーリンク
HSDPA方式「3Gハイスピード」に対応
7月上旬以降に発売予定。

機能面はVGA液晶を搭載した「810SH」を踏襲
メインディスプレイは2.4インチ、480×640ドット(VGA)、
最大26万色表示のモバイルASV液晶、
サブディスプレイには有機ELを搭載
カメラは200万画素のCMOSカメラ
11万画素CMOSサブカメラを装備
最大2GBまでのmicroSDカードに対応

おサイフケータイ、PCサイトブラウザに対応
Bluetoothや赤外線通信機能もサポート
下り最大3.6MbpsのHSDPA方式「3Gハイスピード」をサポート
W-CDMA方式のほか、GSM900/1800/1900に対応
国際ローミングも利用可

大きさは約49×99×18mm
重さは約110g
W-CDMA網での連続待受時間は約300時間
連続通話時間は約220分(数値はいずれも暫定値)

ボディカラー
メタルブルー、メタルシルバー、メタルブラック、
メタルボルドー、メタルカッパー
※ケータイwatch 引用

815sh



スポンサーリンク
HSDPA方式「3Gハイスピード」に対応
7月上旬以降発売予定

ハードウェアの仕様は「815SH」と同じ

メインディスプレイは2.4インチ、480×640ドット(VGA)、
最大26万色表示のモバイルASV液晶
カメラは200万画素のCMOSカメラ
11万画素のCMOSサブカメラを装備
最大2GBのmicroSDカードに対応

おサイフケータイ、PCサイトブラウザが利用可
下り3.6MbpsのHSDPA方式「3Gハイスピード」に対応
Bluetoothや赤外線通信機能もサポート
通信方式はW-CDMAと、GSM(900/1800/1900MHz)方式に対応
国際ローミングも利用可能

大きさは約49×99×18mm、重さ約115g
W-CDMA網での連続待受時間は約300時間、連続通話時間は約220分

ボディカラー
クールピンク、アイスシルバー、
パールゴールド、マーメイドブルー、コーラルピンク
※ケータイwatch 引用

814sh


スポンサーリンク
HSDPA方式「3Gハイスピード」に対応したシャープ製端末
9月上旬以降に発売予定

ディスプレイは2.2インチ、QVGA、26万色表示のTFT液晶
カメラは、オートフォーカス付きの200万画素のCMOS、
11万画素CMOSサブカメラを装備
PCサイトブラウザに対応
Bluetoothや赤外線通信機能サポート
W-CDMA方式に加え、GSM 900/1800/1900もサポート
国際ローミングサービスも利用可能

大きさは約48×101×15mm台
重さは約95g以下(数値はいずれも暫定)

ボディカラー
ゴールド、ブルー、ブラック、グリーン、
ビビッドピンク、ピンク
※ケータイwatch 引用

816sh



スポンサーリンク
チタンボディを採用した東芝製折りたたみ端末
7月上旬以降に発売予定。

ディスプレイ側の背面に、チタン合金製のパネルを採用
厚さが12.9mm

カラーバリエーション5色

ディスプレイは2.4インチ、QVGA、26万色表示のTFT液晶
カメラはオートフォーカス対応の196万画素のCMOS
対応メモリカードはmicroSDカード

おサイフケータイやライブモニター、S!タウン、
PCサイトブラウザ対応
サークルトークや国際ローミングには非対応
音楽プレーヤー機能や電子辞書機能を搭載

静止時の連続待受時間は約420時間
連続通話時間は約160分
大きさは50×101×12.9(最厚部約14)mm、重さは約97g

ボディカラー
ライトブルー、チタンシルバー、ローズピンク、
ネイビー、ブラウン
※ケータイwatch 引用

814t


スポンサーリンク
タッチセンサーを搭載した東芝製ワンセグ端末
GPS機能を搭載
8月上旬以降に発売される予定。

メインディスプレイの上側に静電センサによるタッチキーが内蔵
Bluetoothを内蔵
ワンセグはmicroSDカードに録画可能
ワンセグの連続視聴時間は、約3.5時間

ディスプレイ側背面のパネルにはステンレス素材を採用
厚みが約16.9mm
※ケータイwatch 引用

912t



スポンサーリンク
パナソニック初のスライド式となる「810P」
薄くて開きやすい「フラットスライド」構造が採用
6月中旬以降に発売される予定。

S!タウンや着うたフル、おなじみ操作、
国際ローミング、ライブモニター
サークルトークやお天気アイコンには不対応
Bluetoothを搭載
ちかチャットやちかゲーム利用
PCサイトブラウザ搭載

2.4インチのQVGA、26万色表示TFT液晶
カメラは200万画素のCMOSを搭載
メモリカードはmicroSDに対応

大きさは51×109.5×12.9mm
重さは約110g
連続待受時間は約350時間
連続通話時間は約180分(いずれもW-CDMA網利用時)

ボディカラー
ターコイズ、ブラック、ブロンズ、ホワイト、
ピンク、ブルー、レッド
※ケータイwatch 引用

810P
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます

スポンサーリンク
3インチ、ワイドVGA、26万色表示のモバイルASV液晶
6月上旬以降に発売される予定。

メインディスプレイを回転させて横画面にできる。
ハードウェア面がいずれも強化されている。

メインディスプレイは、3インチ、ワイドVGA(480×800ドット)、
最大26万色表示のモバイルASV液晶を搭載する
カメラはオートフォーカス、手ぶれ補正付きの320万画素CCD
パノラマ撮影も可能

サブディスプレイは0.8インチ、
96×39ドット、白色3行表示の有機EL
サブカメラは11万画素のCMOS
2GBまでのmicroSDカードに対応

PCサイトブラウザに対応
横画面でパソコンの画面のようにWebを閲覧
下り3.6MbpsのHSDPA方式「3Gハイスピード」にも対応

おサイフケータイに対応
Bluetoothや赤外線通信機能も

大きさは約50×108×23mm
重さは約144g
連続待受時間は約370時間
連続通話時間は約270分
ワンセグの連続視聴時間は約5時間20分

ボディカラー
メタルグレー、メタルブラック、ホワイトシルバー、
メタルブルー、メタルレッド、メタルピンク
※ケータイwatch 引用

912sh
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます

スポンサーリンク