こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

やっと調整が入った感じですが、
上海A株、深センA株については、
グラフを見るかぎり
まだまだ調整が入る感じがします。

【SSEA 上海A株指数(日足)】
20070531_01


【SZSA 深センA株指数(日足)】
20070531_01

グラフを見ていただければわかると思うのですが、
3月からはほぼ右肩上がり。
A株が売られればB株もさがるというわけで、
本日は優良企業の多くもストップ安でした。

明日、上がるのか、それとも調整を
しばらく続けるのかちょっとわかりませんが、
上がりすぎた有望銘柄を購入できるチャンスを
ひそかに伺っています。
※しかし香港株が落ちたのは私もつらかった(苦笑)。

明日はどうなるか?
ほっとくのが一番ですが、
ほっとくことがなかなかできず困っています。

【本日のマーケット情報】
20070531_03


スポンサーリンク
Qさんにしてもカテキンさんにしても
投資資金が少ないうちは
ひとつの銘柄に絞って一本集中!
でないと、儲からないといっているのは、
たぶん正解。

「リスクをとるからリターンが大きい」は
まさに的を得ている言葉であって、
投資額が大きければ大きいほど、
株価があがればリターンは大きいし、
さがったときも損失がでかい(苦笑)。

そんなアドバイスもあって
私が一番購入している株は、
「0568 墨龍石油機械」

カテキンさんの掲示板にもありましたが、
今後10年で10倍に化ける可能性がある株なら、
そういった株に500万~1000万つぎ込むのも、
良いなと思っています。
※さすがに1億なんて資金は
 まだもっていないので投資できませんが・・・

確率論で考えると
宝くじよりか換金率は絶対
良いと思っています(笑)。

スポンサーリンク
中国:「バブルを崩壊させないために軍事力増強を」と
主張する"論文"がネットで大ブレイク中!!

人民元の上昇について
はしゃいでいる中国人がたくさんいますが、
アメリカのことを理解せずに喜ぶのは大間違いです。ア
メリカとの金融戦争は既に厳しい局面に入っているのです。

80年代末の日本のバブル崩壊、90年代末のアジア経済危機は、
すべてアメリカ政府が引き起こしたものなのです。
80年代後半の円高はアメリカの罠で、
これが原因で日本は多くの財産を失うことになりました。
アメリカは病みつきになって、
10年後にアジア経済危機をも引き起こしたのです。

いまの中国の株価上昇も不動産の高騰も
すべてアメリカの策略なのです。
台湾海峡や中央アジアに目を奪われている間に、
アメリカとの経済戦争は既に始まっているのです。
戦争の目的は、敵国の資源を叩き潰して、
敵国民を奴隷の如く酷使して搾取することなのです。
ソ連の崩壊すらも、アメリカとの経済戦争の結果と
考えても良いでしょう。
【北京日記引用】

※続きはこちらから

日本のバブル崩壊もアメリカが演出した
という噂がありましたが、
たとえ現在、中国の経済が操られていたとしても
したたかな中国は日本と同じようなミスは
起こさない可能性が高いと思います。
逆に逆手にとってアメリカを打ち負かす可能性が
あると思っています。

中国政府の武器はたまった外貨=USドル。
ドル債券の購入を取りやめ、
ユーロ決済に中国がすべて切り替えたとしたら、
USドルは大暴落します。

軍拡を進めるのはちょっと待ってくれ!
と伝えたいのですが、もう大きな戦争はないだろう!
と思っているときが一番危なかったりします。

確かに中国のバブルがはじけて、
本土で大損した人が出てきたとき、
中国政府が中国国民を抑えられるかという
心配はありますが・・・。

どちらにしましても、
領土を得ることによる戦争より、
経済における戦争のほうが重要になり、
世界のマーケットが常に動いている今、
各国は人が死ぬことのない戦争を続けているとも
言えるのかもしれません。
それにしても中国マーケット堅調です。

スポンサーリンク
ソフトバンクの価格破壊は孫正義社長のホラー経営だ

ソフトバンクの孫正義社長が記者会見で
「通話料メール代0円」のボードを頭上に掲げて微笑む姿は
安っぽいホラー映画を見ているようだった。
携帯電話各社とも収益モデルの見直しを迫られるわけだが、
ソフトバンク自体が一番深刻だ。
LBOとヤフー株の切り売りで調達した1兆7500億円で
非常に割高に買った商売を自ら儲からない商売にしようとしている。
この経営者は一体何がしたいのか?
どこかの過激な新興宗教教祖に見えてくる。
実際の企業経営にオカルトを取り入れる恐ろしい人物と言えよう。

また、孫正義社長は、他社の決算を引き合いに出して
「他社の決算で、数千億という利益は儲けすぎではないか」
とのたまった。
適正な利益を確保し常に高い品質の通信サービスの提供をする
docomoやauを信じないで、
今にも炎上しそうな借金まみれのソフトバンクを
信じろという話をしている。
通信という極めて重要なサービスに必要なものは
「安心感や信頼感」であることを忘れている。
ヒューザーマンションで安物の恐さを味わったばかりではないのか?
石原慎太郎東京都知事が
「100万円で5カラットのダイヤは買えない」と言ったが
間違っていない。
揺るぎない高品質を確保した上での価格競争でなければ、
消費者にとってメリットでも何でもないのだ。

私は3月このHPで
「ソフトバンクが携帯電話業界で無料や低価格を武器に
ムチャクチャやるだろう」と予言したが見事に的中してしまった。
ソフトバンクのビジネスモデルに問題があることは
ソフトバンク株が昨年暮れの5220円から
一時1800円台まで下落していることが証明しているだろう。
その後も乱高下を繰り返しているわけだが、
問題はそんなソフトバンクが日経225採用銘柄であることなのだ。
日経平均株価の動向に、ソフトバンクのような
荒っぽい銘柄が大きな影響を与えている今の状況は
改善する必要があると思っている。
日経225銘柄の選定は
日本経済新聞社が銘柄選定ルールに則って行なっているわけだが、
いくらソフトバンクが高流動性銘柄であっても
全体の指標とするならば候補となる銘柄は他にたくさんあるはずだ。

日本経済にホラーやオカルトはいらない。
真面目で剛直な経営者だけに活躍してもらいたい。
2006年10月25日 ザ・イトヤマタワーにて 糸山 英太郎

※糸山氏HP引用

ひさしぶりのソフトバンク携帯ネタです。
夏モデルの発表を見て、
携帯のデザインは他社より良いなと思いました。

上手に新しいプランをユーザーに伝えること、
そして一番大事なのは携帯の故障率を低下させ、
3Gでつながる(アンテナ網)ことを確約できれば、
伸びるとは思うのですがどうでしょうか?
※さらできるのであれば新スーパーボーナスの廃止

最後に大事なのは他社を引き合いに
自社をプレゼンするのではなく、
自社のサービスをプレゼンし勝負すること。

糸山さんが書かれているのはもっともなことで、
企業として求められることを
しっかりやって欲しいと思います。

良いサービスであれば、
そのサービスだけきちっと宣伝すれば、
良いと思っています。

スポンサーリンク
中国信息産業部が22日に発表したデータによると、
今年4月末時点で、中国の電話ユーザー数が
8.5億戸を突破したことがわかった。
携帯電話ユーザー数は4.87億戸、
固定電話ユーザー数は3.71億戸となった。
統計によると、今年4月末時点での
携帯電話普及率は35.3%、
固定電話普及率は28.1%だった。

※25日 中国バーチャルトレード引用

この発表が本当だとすると、
中国において電話網はまだ整備されていない
といっても良いような気がします。

中国の人口は現在、約13億。
成人している人数を少なく見積もって半分だとしても
携帯電話でいえば7.5億-4.87億=2.63億
これだけの需要がまだ見込まれます。

戸数は定かではないので、
なんともいえませんが、
固定電話、携帯電話にしても
日本の市場よりはまだ開拓余地があると思います。

そう考えると
携帯電話の代表的な銘柄、
チャイナモバイルを筆頭に、
その他、携帯会社の株価も
まだ高いわけではないのかな?
なんてことも思ったります。

日本ではDoCoMo、au、ソフトバンクといった
会社が携帯電話のシェアを争っていますが、
本当に広い視野を持っている方がいれば、
中国を制覇するものは世界を制す!と考え、
中国への進出、サービス展開を考えないでしょうか?

端末に限りますが、
日本大手メーカーのほとんどが中国から撤退。
ぜひメーカーさんにも頑張ってもらいたいです!



スポンサーリンク
「株式バブルは必ずしも悪いことではない」=全国社保基金トップ

全国社会保障基金理事会(全国社保基金)の項懐誠・理事長は
24日、本土市場で懸念されている株式バブルについて、
必ずしも悪いことではないとの認識を示した。
足元の本土市場には、上昇ペースが速すぎる、
バブル気味など若干の問題はあるとしながらも、
「株式バブル論」に関する報道が多すぎると指摘。
また、「株式市場はビールのようなもので、
泡(バブル)がなければビールではないのと同じ。
泡が多すぎなければ、
やや過熱気味でも悪いこととは言えない」と述べた。

一方で、本土市場の平均PER(株価収益率)が
40~50倍に達していることについて、
「新興市場の平均PERが約15倍、
香港市場も18倍にとどまっていることと比べると、
本土市場の株価は確かに割高」とコメント。
また、学生や老人までもが株式投資に乗り出し、
本土市場の証券口座が約1億件に上っていることにも触れ、
投資家に対し、
十分な心構えやリスク管理が必要と忠告している。
【出所】香港紙「文匯報」(2007/05/25)

※内藤証券 記事引用

さすがに本日は調整が入るかと思いきや、
B株にいたっては反発・・・。
元FRB議長、グリーンスパンさんの発言は
アメリカマーケットや
H株マーケットに影響があったようですが、
本土株を購入しているのは中国人、
A株も大きな調整にはいたりませんでした・・・。

私のポートフォリオはH株のみで
現在は構成されていますので、本日はさすがに下げました。
1日、1日数字を追っていたらキリがありませんが、
どうしてもチェックしたくなってしまうのはダメですよね。

カテキンさんの掲示板
Qさんの薦めていた株について書かれてるスレがあります。
Qさんが4、5年前に薦めていた株を
今なお保有していれば、現在は4~5倍。
短期のスイングで利益をとってきた人々のなかで、
Qさんのパフォーマンスより利益を上げている人は、
まずいないと思います。

私のような凡人が
スイング投資で儲けようと考えてしまうのは、
初心者のドライバーがスピードを出して目的地に向かったら、
ぶつかって怪我をした、最悪、命を落とすといった
失敗が起きる可能性が高くなるのかもと思いました。

パフォーマンスをきちっと得る人は、
すでに目的地がはっきりしていて、
ゆっくり安全運転、曲がる場所でしっかり曲がる、
無理なく運転をするということでしょうか?
手数料もかからず、燃費もよさそうですしね(笑)。
そんなに焦らなくてもと、最近は考えを改めています。

【本日のマーケット情報】
070527_01



スポンサーリンク
グリーンスパン前米連邦準備理事会(FRB)議長は23日、
中国株式市場について「劇的な収縮」が懸念されるが、
世界経済は資産価格低下の痛手を受けずにすむ可能性がある、
との見解を示した。

電話会議形式で当地の会合で講演した前議長は、
昨今の中国株ブームは「明らかに持続不可能」と指摘。
「ある時点で劇的な収縮(dramatic contraction)があるだろう」と述べた。

前議長はまた、調整は中国の個人の富に
問題を引き起こす可能性があるとの見方を示した。
一部のアナリストは、
損失を被った投資家救済と社会不安を回避するため、
中国政府は準備金を利用する可能性を指摘している。

前議長は安価な中国の輸出品は、
東欧の労働力、低インフレ・低金利の波及効果と並んで、
世界的な成長に拍車をかける要素の一つだと指摘。

「この5年間、世界は全体として、
歴史上のどの時代よりも速く成長している。
持続は不可能であり、持続はしないだろう。
なぜならば一度限りの調整だからだ」と述べた。

世界の資産価格は低下する可能性があるとした一方で、
経済にそのショックを吸収するに柔軟性があれば、
痛手を被らずにすむ可能性があるとした。
「特定のレベルで大幅な落ち込みはあるが、
雇用または実体経済のレベルで必ずしも
かなりのフィードバックがあるとは限らない」と述べた。
※[マドリード 23日 ロイター]


前FRB議長のコメントが効いたのか、
本日の本土B株市場は続落。
ある意味これも政治的な発言ですが、
重要なのは今後の中国政府の決定、行動です。

そもそもA株とB株が分割されていなければ、
B株市場の暴騰もなかったわけで、
こういった側面から見ても、
株価の上昇、下落が政治力の大きな力と
関係があることが読み取れます。

私が思うに現在の中国政府がこのまま
何もしなければB株市場はA株市場との格差を
少しずつ埋めに行く
長期的に見ればまだまだ上昇すると思います。
本土B株のグラフを掲載いたします。
どこで調整が終わるか見極めたいところです。
狙うは万科企業、振華港口機械、
残念ながら?万科企業は本日上昇しています。

内藤証券から下記の本をいただきました!
 ありがとうございます!
こんなに儲かるはじめる中国株・投信―中国株・投信をはじめる!!

【SSEB 上海B株指数(日足)】
070524_01

【SZSB 深センB株指数(日足)】
070524_02


スポンサーリンク
この本を図書館で何度借りたか
覚えていませんが、
中国株に過熱感を感じると、
戒めとして、毎回、図書館で借りて読み直しています。

本当の天才なら一度、本を読んでしまえば
内容がすっと頭に入ってしまうかもしれませんが、
私には「何度も何度も」の効果のほうが効くようです。

「投機熱はそのときの社会情勢との関連でしか
 理解できないとわたしは確信している。
 したがって投機の歴史は経済の動きだけを
 描くものであってはならず、
 社会史という側面ももっていなければならないとみている。
 投機に対する政治家の行動と態度がとくに重要である。
 市場を管理する法律は、政府が制定し、
 政府が執行するものだからだ。」


この本にもバブル=投機熱は政治家の言動に注意することが大切
ということがかなり最初のほうに書かれています。
政治の決定が市場にどのような役割を果たすのか?
これを考えることが株に投資するうえで、
一番重要なことかもしれない、最近はそんなことを思っています。

バブルの歴史―チューリップ恐慌からインターネット投機へ バブルの歴史―チューリップ恐慌からインターネット投機へ
エドワード チャンセラー (2000/04)
日経BP社
この商品の詳細を見る


スポンサーリンク
6月中旬の発売予定。

厚さ13.5mmというコンパクトなスライドデザイン
ワンセグに対応
ワンセグの録画には非対応

ディスプレイは2.12インチ
26万色表示のQVGA液晶
カメラは200万画素のCMOSを搭載
対応メモリカードはmicroSDカード

3Gハイスピード(下り3.6Mbps)に対応
PCサイトブラウザを搭載
Bluetoothを搭載
国際ローミングやS!キャスト、サークルトークなどのサービス非対応

大きさは51×100.6×13.5mm
重さは101g
連続待受時間は約230時間、
連続通話時間は約165分

ボディカラーはホワイト、ターコイズブルー、
ラベンダー、ローズ
※ケータイwatch 引用

805sc



スポンサーリンク
7月下旬以降に発売される予定

ハードウェアは「812SH」と同等
ボタン部にプリントされた文字の表示が大

メインディスプレイは、2.4インチ、QVGA、26万色表示のTFT液晶
サブディスプレイは0.8インチの有機ELを搭載
カメラ機能は200万画素CMOSをメイン
サブカメラは11万画素CMOS
2GBタイプまでのmicroSDカードスロットに対応

PCサイトブラウザ、おサイフケータイに対応
Bluetoothや赤外線通信機能もサポート
GSM方式は900/1800/1900MHzに対応
国際ローミングも利用可能
ボタンは押下しやすいアークリッジキーが採用

大きさは49×97×17.6mm
重さは約105g
連続待受時間は約330時間、
連続通話時間は約150分(いずれもW-CDMA網利用時)

ボディカラー
ディープグリーン、ナチュラルブラウン、
マットシルバー、ウォームピンク
※ケータイwatch 引用

812shs



スポンサーリンク
HSDPA方式「3Gハイスピード」に対応
7月上旬以降に発売予定。

機能面はVGA液晶を搭載した「810SH」を踏襲
メインディスプレイは2.4インチ、480×640ドット(VGA)、
最大26万色表示のモバイルASV液晶、
サブディスプレイには有機ELを搭載
カメラは200万画素のCMOSカメラ
11万画素CMOSサブカメラを装備
最大2GBまでのmicroSDカードに対応

おサイフケータイ、PCサイトブラウザに対応
Bluetoothや赤外線通信機能もサポート
下り最大3.6MbpsのHSDPA方式「3Gハイスピード」をサポート
W-CDMA方式のほか、GSM900/1800/1900に対応
国際ローミングも利用可

大きさは約49×99×18mm
重さは約110g
W-CDMA網での連続待受時間は約300時間
連続通話時間は約220分(数値はいずれも暫定値)

ボディカラー
メタルブルー、メタルシルバー、メタルブラック、
メタルボルドー、メタルカッパー
※ケータイwatch 引用

815sh



スポンサーリンク
HSDPA方式「3Gハイスピード」に対応
7月上旬以降発売予定

ハードウェアの仕様は「815SH」と同じ

メインディスプレイは2.4インチ、480×640ドット(VGA)、
最大26万色表示のモバイルASV液晶
カメラは200万画素のCMOSカメラ
11万画素のCMOSサブカメラを装備
最大2GBのmicroSDカードに対応

おサイフケータイ、PCサイトブラウザが利用可
下り3.6MbpsのHSDPA方式「3Gハイスピード」に対応
Bluetoothや赤外線通信機能もサポート
通信方式はW-CDMAと、GSM(900/1800/1900MHz)方式に対応
国際ローミングも利用可能

大きさは約49×99×18mm、重さ約115g
W-CDMA網での連続待受時間は約300時間、連続通話時間は約220分

ボディカラー
クールピンク、アイスシルバー、
パールゴールド、マーメイドブルー、コーラルピンク
※ケータイwatch 引用

814sh


スポンサーリンク
HSDPA方式「3Gハイスピード」に対応したシャープ製端末
9月上旬以降に発売予定

ディスプレイは2.2インチ、QVGA、26万色表示のTFT液晶
カメラは、オートフォーカス付きの200万画素のCMOS、
11万画素CMOSサブカメラを装備
PCサイトブラウザに対応
Bluetoothや赤外線通信機能サポート
W-CDMA方式に加え、GSM 900/1800/1900もサポート
国際ローミングサービスも利用可能

大きさは約48×101×15mm台
重さは約95g以下(数値はいずれも暫定)

ボディカラー
ゴールド、ブルー、ブラック、グリーン、
ビビッドピンク、ピンク
※ケータイwatch 引用

816sh



スポンサーリンク
チタンボディを採用した東芝製折りたたみ端末
7月上旬以降に発売予定。

ディスプレイ側の背面に、チタン合金製のパネルを採用
厚さが12.9mm

カラーバリエーション5色

ディスプレイは2.4インチ、QVGA、26万色表示のTFT液晶
カメラはオートフォーカス対応の196万画素のCMOS
対応メモリカードはmicroSDカード

おサイフケータイやライブモニター、S!タウン、
PCサイトブラウザ対応
サークルトークや国際ローミングには非対応
音楽プレーヤー機能や電子辞書機能を搭載

静止時の連続待受時間は約420時間
連続通話時間は約160分
大きさは50×101×12.9(最厚部約14)mm、重さは約97g

ボディカラー
ライトブルー、チタンシルバー、ローズピンク、
ネイビー、ブラウン
※ケータイwatch 引用

814t


スポンサーリンク
タッチセンサーを搭載した東芝製ワンセグ端末
GPS機能を搭載
8月上旬以降に発売される予定。

メインディスプレイの上側に静電センサによるタッチキーが内蔵
Bluetoothを内蔵
ワンセグはmicroSDカードに録画可能
ワンセグの連続視聴時間は、約3.5時間

ディスプレイ側背面のパネルにはステンレス素材を採用
厚みが約16.9mm
※ケータイwatch 引用

912t



スポンサーリンク
パナソニック初のスライド式となる「810P」
薄くて開きやすい「フラットスライド」構造が採用
6月中旬以降に発売される予定。

S!タウンや着うたフル、おなじみ操作、
国際ローミング、ライブモニター
サークルトークやお天気アイコンには不対応
Bluetoothを搭載
ちかチャットやちかゲーム利用
PCサイトブラウザ搭載

2.4インチのQVGA、26万色表示TFT液晶
カメラは200万画素のCMOSを搭載
メモリカードはmicroSDに対応

大きさは51×109.5×12.9mm
重さは約110g
連続待受時間は約350時間
連続通話時間は約180分(いずれもW-CDMA網利用時)

ボディカラー
ターコイズ、ブラック、ブロンズ、ホワイト、
ピンク、ブルー、レッド
※ケータイwatch 引用

810P
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます

スポンサーリンク
3インチ、ワイドVGA、26万色表示のモバイルASV液晶
6月上旬以降に発売される予定。

メインディスプレイを回転させて横画面にできる。
ハードウェア面がいずれも強化されている。

メインディスプレイは、3インチ、ワイドVGA(480×800ドット)、
最大26万色表示のモバイルASV液晶を搭載する
カメラはオートフォーカス、手ぶれ補正付きの320万画素CCD
パノラマ撮影も可能

サブディスプレイは0.8インチ、
96×39ドット、白色3行表示の有機EL
サブカメラは11万画素のCMOS
2GBまでのmicroSDカードに対応

PCサイトブラウザに対応
横画面でパソコンの画面のようにWebを閲覧
下り3.6MbpsのHSDPA方式「3Gハイスピード」にも対応

おサイフケータイに対応
Bluetoothや赤外線通信機能も

大きさは約50×108×23mm
重さは約144g
連続待受時間は約370時間
連続通話時間は約270分
ワンセグの連続視聴時間は約5時間20分

ボディカラー
メタルグレー、メタルブラック、ホワイトシルバー、
メタルブルー、メタルレッド、メタルピンク
※ケータイwatch 引用

912sh
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます

スポンサーリンク
「fanfun 815T」
300種類のきせかえパネル
東芝製の折りたたみ端末
7月中旬以降に発売される予定。

本体のカラーバリエーション12色
ディスプレイ側の背面用パネル300種
電池パック側のパネル20種類
無地と柄入りの2種類のパネルが付属

ボタンはフレームレス
おサイフケータイやライブモニター、
サークルトーク、S!タウン、PCサイトブラウザ
国際ローミングには対応していない。

メインディスプレイには2.4インチ、QVGA、26万色表示のTFT液晶
カメラ機能はオートフォーカス機能付きの196万画素CMOS
対応メモリカードはmicroSDカード。

大きさは約50×102×16mm
重さは約107g。
連続待受時間は約420時間
連続通話時間は約160分。

ボディカラー
ビビットピンク、オフホワイト、グレー、
シャンパンゴールド、シルバー、パールピンク、
ブラウン、ブラック、ブルー、ベビーピンク、
ホワイト、ローズの12色。

バリエーションモデル
「fanfun 815T ハローキティ」
「fanfun 815T スヌーピー」
※ケータイwatch 引用

815T
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます


スポンサーリンク
機種名 X02HT
サイズ(幅×高さ×厚さ) 63×114×13.9ミリ
重さ 約120グラム
連続通話時間 約170分(W-CDMA)/約180分(GSM)
連続待受時間 約240時間(W-CDMA)/約230時間(GSM)
カメラ 200万画素CMOSカメラ
外部メモリ microSD
メインディスプレイ 2.4インチQVGA(240×320)6万5336色表示TFT液晶
サブディスプレイ ―
ボディカラー オレンジ、ブラック、ホワイト
※http://plusd.itmedia.co.jp/ 引用

X02HT
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます


スポンサーリンク
機種名 X01T
サイズ(幅×長さ×厚さ) 約61×119×21.5ミリ
重さ 約198グラム
連続通話時間 約120分(W-CDMA)/約220分(GSM)
連続待受時間 約260時間(W-CDMA)/約300時間(GSM)
通信方式 HSDPA、W-CDMA、GSM/GPRS、無線LAN(IEEE802.11b/g)
外部接続 Bluetooth(Ver 2.0)、miniUSB、miniSD、赤外線
ディスプレイ 約3インチワイドVGA(480×800ピクセル)6万5536色TFT液晶
アウトカメラ 有効約197万画素CMOS
インカメラ 有効約32万画素CMOS
入力機能 スライド式QWERTYキーボード、タッチパネル、指紋センサー
OS Microsoft Windows Mobile 6.0 Professional Edition 日本語版
おもな搭載アプリ Internet Explorer Mobile、Windows Live for Windows Mobile、Office Mobile、Windows Media Player 10 Mobileなど
※http://plusd.itmedia.co.jp/ 引用

X01T
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます

スポンサーリンク
「FULLFACE 913SH」
7月下旬に発売される予定。

ワンセグに対応
ディスプレイは2.8インチ、ワイドQVGA、
26万色表示のモバイルASV液晶を搭載
カメラは200万画素CMOS

大きさは約50×108×16.8mm
ボディカラー
ビビッドピンク、ブラック、シルバー、
ピンク、グリーン、ライトブルー、オレンジ、ゴールド
※ケータイwatch 引用

913sh
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます

スポンサーリンク
「本土市場のバブルを懸念」長江実業の李主席が発言

「中国人の一人として、本土の株式市場について心配している」--。
香港最大の資産家である長江実業(0001.HK)の
李嘉誠・主席は17日に開かれた株主総会後の記者会見で、こう語った。
PER(株価収益率)が50~60倍に達するという状況は、
過去の歴史をみても長続きすることはなく、
バブルが発生していると強調。
本土経済に大変動があれば、
香港も影響を受けることになると指摘した。

また、「株式投資におぼれるな」と、香港市民に呼びかけた。
「過去に何度もあった株式市場の暴騰と暴落を
決して忘れてはならない」と述べ、
「株式投資だけじゃなく、自分の時間、
おかねを自分の仕事に充てるべき。
株式投資は自分の力を見極めたうえで行うべき」と忠告している。
香港紙「文匯報」(2007/05/18)

----
バブルを懸念する声が有力者からもでてきました。
日本のバブル絶頂期のPERは約70倍。
行くときは行ってしまうのがバブルなんですけどね。

最近、バブルの崩壊について
図書館で本を借りて読んでいますが、
バブルの崩壊、国家の経済危機というのは、
市場が引き起こすのではなく、政治的要因によって
引き起こされるケースがとても多いそうです。

日本でいえば、プラザ合意、
日銀&大蔵省の金融政策失敗が引き押した不況・・・。

中国の現在の発展は
80年は1.5元だった元が94年は8.7元
この大幅な元の切り下げを決定した中国政府の決断が、
現在の中国の発展を作ったといって良いと思います。
※資料

そこで自分が中国政府の経済の責任者だとしたら
今後、どのように舵取りしたいか考える。
90年代~現在にかけて中国政府の経済際策は
非常に巧みだと思っています。

スポンサーリンク
高校生のころでしょうか?
ジョージウィンストンのミュージックにはまり、
ウィンダムヒルの曲をよく聞くようになりました。

今もたまに聴きますが、
気に入れば世代問わずに聴けるのが
ウィンダムヒルが集めたCDアルバムです。

今回ご紹介するのは
Windham Hill Guitar Sampler

アコースティックギターが
メインで構成されるさまざまな曲を聴いていると、
ほっと一息つけさせてくれます。

日本の有名なギターリスト
村治佳織さんのアルバムもいいですけどね、
それはまた今度の機会に紹介したいと思っています。

Windham Hill Guitar Sampler Windham Hill Guitar Sampler
Various Artists (1997/04/29)
Windham Hill
この商品の詳細を見る


スポンサーリンク
今回はソフトバンクが発表した
ホワイトプランについて2chの
テンプレをまとめてみたいと思います。

【ホワイトプランとは】
【3G】 【2G】基本使用料 980円/月

【通話料金について】
1時~21時までソフトバンク同士の国内通話無料
それ以外の国内通話 21円/30秒
プラス980円/月で 10.5円/30秒になる「Wホワイト」3月1日から

【メールについて】
(3G)→ソフトバンク携帯電話へのメール無料
(6・5・4・3・2シリーズ)→ソフトバンク携帯電話へのスカイメール無料(携帯番号で送信した場合)

【オプション】
「新スーパーボーナス」と組み合わせ可能
「パケットし放題」と組み合わせ可能(3G)
「ハッピーパケット」と組み合わせ可能(6・5シリーズ)

※現在「ハッピーボーナス」「年間割引」などの
 割引サービスからホワイトプランに変更する場合、
 割引サービスの契約解除料を免除する代わりに「6ヵ月契約」となる
 「6ヵ月契約」を解除した場合は契約解除料5,250円

【S!ベーシックパックについて】
3G:他社携帯とのメール通信、およびウェブ通信の利用には
申し込みが必要です。
ただし無料の電話番号宛MMSを使うだけであれば必要ありません。
(じもうS!ベーシックパック)

6・5シリーズ:スーパーメール送受信、
およびウェブの利用には申し込みが必要です。

4-2シリーズ:スカイメール送受信、
ロングメール送信以外の利用にはオプションの申し込みが必要です 。
Eメールサービス 150円/月
またはロングメールサービス 200円/月
ロングメールサービスとステーション(100円/月)をセットにしたものが、
4-2シリーズでは便宜上S!ベーシックパックと呼ばれていますが、
必要なオプションのみを選んで加入することができます。

【個人的な感想】
他社の携帯を利用している方に
メールを送る場合、オプションのS!ベーシックパックに
加入する必要があるので(3G契約時315円が必要)、
980円+315円+他社キャリアへの通話料+メール料
後者の2つで利益を得ようというわけです。

携帯電話を1時~21時しか使わず
さらにソフトバンクの携帯電話にしかかけない
ということであれば最強のプランですが、
そんなことは強制しないかぎり難しいわけで、
ソフトバンクもそれ以外の収入を見越して
ホワイトプランのプランを設定していると思います。

さらに新スーパーボーナスで機種を購入
ホワイトプランを選択した方は、
今月、来月あたりから請求書を確認できます。
機種代と通話料代をあわせた料金をみて、
びっくりしているユーザーも少なくないと思います。

最後に、難しすぎる携帯のプランを
わかりやすくすると言っていた、孫社長・・・
ソフトバンクモバイルのプランが一番わかりにくいです・・・。

スポンサーリンク
やっと中国株の加熱も
少しおさまったという感じでしょうか?
それでも今日確認したニュース
中国政府が人民元の変動幅を0.3%から0.5%に
変更したのは、政府も少しずつ
人民の資金がまわらないようにしないといけないと
考えているからでしょうか?

さて、本日は中国株の話はここまでにしまして、
デスクトップに使用する
カレンダーの壁紙を作成しましたので、
アップいたします。

該当する月をクリックして画像が表示されたら
デスクトップなどに保存していただきまして、
気に入りましたら壁紙として利用してみてください。

【1024x768】 5月 6月
【1280x1024】 5月 6月

※マウスをクリックして
 カレンダーを表示させます。
 表示されたカレンダーの上にカーソルを移動させ
 マウスの右クリックして「名前をつけて画像を保存」を左クリックします。
 画像の保存場所を聞いてきますので、
 マイドキュメント→My Picturesフォルダを選んで
 「保存」をクリックします。

 開いているウィンドウ以外のところで右クリック
 「アクティブ デスクトップ」→「デスクトップのカスタマイズ」→
 「背景」→使用したい画像で保存したカレンダーを選択してください。

スポンサーリンク
本土B株はあいかわらず
快調に上昇中。
H株には少しずつ調整が入っていますが、
まだ高いといった感じでしょうか?

とりあえず現在の私の持ち株を
記載しておきます。
2899.HK 紫金砿業
0991.HK 大唐国際発電
0568.HK 墨龍石油機械
0696.HK 民航信息網路
8099.HK 鄭州ガス
8243.HK 大賀伝媒

中国株を購入するキャッシュが
なくなってしまったので
とりあえず現状維持。
新しい銘柄を購入するには、
持ち株を売らないといけません。

購入の割合は墨龍石油機械が
一番多いので乱高下に
一喜一憂しております(苦笑)。
ちなみに現在における
今年のパフォーマンスは約50%です。

このポートフォリオに
万科企業、振華港口機械を
加えたいと考えています。

とりあえずは、
毎日、株価をチェックしないようにするのが
現在の目的です。

スポンサーリンク
「中国株まだバブルでない 中国証券業協会がリポート」
「中華民族が「買いだ!」と立ち上がった狂乱相場」
「株バブルだけとはいえない、中国の投信残高の急拡大」

こんな記事を読んでいると、
そろそろ調整しないの?と
首をかしげてしまう中国マーケット。

本土A株しか購入できなかった
中国人の資金が本土B株、H株に
資金が入ってくる可能性があるのは、
確かにわかっているのですが、
どこまで乗っていけばいいの?
と勘ぐりをいれたくなりますよ・・・。

懸命な投資家さんは
購入後、株価をチェックするのは、
それほど多くない。
まだまだ私は小物の投資家ですが、
購入した銘柄を長期保有できるように
心がけたいです。

スポンサーリンク
まずは0568 墨龍石油機械
やっとB株に調整が入り相場の地合が悪かったものの、
20%近い上昇。
上昇相場のなかでかなり下げていたこともありますし、
Qさんが本日のコラムでとりあげたことも
あったからだと思います。
第2622回 きくと見るでは大違いの石油機械メーカー

しかし20%の上昇・・・
ストップ高、ストップ安がない
H株相場はやっぱり心臓に悪いです(苦笑)。

次に8243 大賀伝媒(3)
今日は小幅ながらも上昇。0.91HKDで引けました。
落ちるようならもちろん売却するつもりですが、
この調子で上昇してくれるならホールドです。

最初にも書きましたが、
中国マーケットは全体的に小さな調整。
しかしB株があれだけの急上昇を演じたこともあり、
このあとの下げにも警戒したいところです。

正直怖いのがアメリカのマーケット。
アメリカが下げたとき
どのくらい中国マーケットが引きずられるのか?
それを心配しています。

ただし「QDIIで香港市場の株が買われる」
ということは周知の事実、中国政府の発表です。
A株と格差のあるH株の大型銘柄を
落ちたところでひろって行きたいと思います。

スポンサーリンク
もう疲れました(苦笑)。
帰宅後、株価をチェックすると、
この乱高下相場にビクビクするわけです。
今はあがっているからいいものの、
さがったときはどうなんだ?ということです。

一番の後悔はなんで
万科企業を売ってしまったのか?ということ。
今日一日で10%の儲けが・・・というか、
この上昇力は異常としか言いようがありません。

13日のブログに書いたとおり、
本日はA株と格差のあるB株、H株が
買われました。
南京パンダは44%の上げ・・・。

今回の急激な上昇についての説明は
「踏み上げ太郎さん」
「カテキンさん」
この二人の説明を読めば理解できると思います。

その後のシナリオについては
カテキンさんの14日の日記に書かれているように
株価が推移すると思いますがどうなることやら(笑)。

ただひとつ言いたいのは
長期投資できるのであれば、
A株と格差のある有名企業
(属している分野の上位企業)を
コツコツ今、買い増ししていけば、
あるていどのリターンが約束されるような
投資環境を中国政府が作ったということです。

やっぱり儲け話だけあって、
暴騰時に中国株をとりあげる
メジャーな日本の新聞社はないですね(苦笑)。

一応、本日の株価の推移グラフもつけておきます。
サーチナさんのコピー&ペーストです。
ちょっと恐ろしいですね。
※本日、大賀伝媒を0.89で注文していたら購入できました。
 さてさて、どうなるか・・・出来高が少ないのが難点です。

【SSEB 上海B株指数(日足)】
070515_01

【SZSB 深センB株指数(日足)】 070515_02



スポンサーリンク
邱永漢ことQさんが
中国の広告会社の雄として
大賀伝媒をすすめたのは
1年ほど前でしたでしょうか?

ここ最近、
株価はパッとしていなかったのですが、
金曜日にQさんが自分のHPで、
ここの株を保有していることを
裏づけているようなことを書いたので、
株価は急上昇。
金曜日は7.5%の上げとなりました。

しかしサプライズはそれだけで終わらず、
注目すべきは土曜日のQさんのコラム。

第2619回 新事業はまだこれからはじまる所
と題して書かれたコラムには、
Qさんと大賀伝媒がいっしょになって
新しく会社を設立、新事業をはじめることが
書かれています。

Qさんの資産がどのくらいあるかわかりませんが、
台湾に多くの企業を保有している実業家?
現在の大賀伝媒の時価総額は約32億(サーチナ)。

会社を買収するところまでは
いかないと思いますが、
その半額ぐらいは出資していたりしませんかね?
今後の展開が楽しみです。

【5月11日付けの大賀伝媒 日足】
070514_01


スポンサーリンク