こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

FRBは0.5の利下げを実施・・・
こんなニュースより今日取り上げるべきニュースは
「殺人餃子」でしょう(苦笑)。

【ギョーザ問題「日本人は虚弱体質だ」 】
中国共産党機関紙、人民日報(電子版)は31日までに、
中国製ギョーザの中毒問題に関し、
共同通信の配信記事を引用する形で
「兵庫県で食中毒事件が起き、県警が
食品衛生法違反容疑で捜査している」などと
事実関係を短く伝えた。

しかし同紙の31日付紙面は同問題を掲載せず、
国営新華社通信や中央テレビなども
30-31日午前までに関連ニュースは報じていない。

※日刊スポーツ

日本の企業が引き起こした事件であれば、
とてつもない大問題に発展したでしょう。
にしても、こんな大事な報道をしない中国って・・・。

国際的に通用する企業が、
かなり出始めている中国企業が
大きなダメージに受けかねない事件であって、
とくに嫌悪している?日本で起きた事件。
自分たちの非をなかなか認めたくないのも、
なんとなくはわかりますが、これはやっぱりいけないです。

個人的には現在おきているサブプライム問題より、
今後の中国にあたえる影響が大きな事件だと思います。
だって、人の生死に関連がある事件です。

私も冷凍食品は今後さけると思いますが、
中国在住の友人がちょっと心配です。
こんなことしていたら、
サブプライム問題が起きてなくても、
中国マーケットさがりますよ・・・。

【1月31日のマーケット情報】
20080131_01



スポンサーリンク
今日も世界マーケットが軟調。
昨日も書いたとおり、
根本的な解決策が欧米から出てこないかぎり、
ゆっくりマーケットの指数は、
下がっていくと思います。

問題は欧米の下げに、
世界マーケットがどこまで付き合い、
どこから反転するか?ということですが、
私が注目しているのは個々の銘柄PER。
そしてこれはあまりあてにならないのですが、
マーケットのチャートです。

【H株 月足】
20080130_02


H株の月足を見ると、
やはり10000ポイントぐらいが妥当だとは思います。
もう一段、下げる可能性、7300ポイントぐらいが
個人的には底だとは思っていますが、どうなることやら。

ただ個別銘柄で言えば、
ポツポツ、「買ってもいいんじゃない?」という銘柄
出てきていると思います。

夜があければFRBの金利引下げのニュースが
発表されていると思いますが、
う~ん、さてはてどうなるか?
短期でマーケットを見ても、
しょうもないといえばしょうもないですが(苦笑)。

【1月30日のマーケット情報】
20080130_01


スポンサーリンク
本日のタイトルの言葉は、
ダボス会議に出席してた
ジョージソロスさんの言葉。
「過去60年間で最悪の市場環境である」

本日、電車の中刷り広告にもありましたが、
アメリカのリセッションを新興国は、
受け止めることができるかということがポイントです。

私はアメリカマーケットに投資していないので
何ともいえませんが、
日本のバブル崩壊と同じツテをふむのなら、
ここからアメリカマーケットはゆっくりと、
半分以下に株価を下げることになりますからね。

世界マーケットに関しては、
欧米にあまり深い関わりがない国に関しては、
欧米の消費が減少しても
世界マーケットの下げは下値で今から20%
そこからゆっくり上昇して欲しいなとは思っています。

どちらにしても今、株に投資するのは、
とても難しい局面だと思っています。
30日にFRBがまた金利を0.5%
下げることがほぼ予想されていますが、
アメリカは国債を海外に売っていますし、
日本のように0%にするのは難しく、
FRBが金利が下げられなくなったとき、
アメリカマーケットの下げ止まりが解消されているのか?
止まっていなければ、ちょっと怖いですよね。

【1月29日のマーケット情報】
20080129_01


スポンサーリンク
短期売買をしている投資家にとって、
今月は厳しい月だったと思います。

【下落、月間ベースで7年ぶり大幅安へ-HSBC安い】
香港株式相場は下落。ハンセン指数はこのままいけば、
月間ベースで7年ぶりの大幅安となりそうだ。
米金融当局が米景気の減速回避に
十分な利下げを実施しないとの観測から売られた。
HSBCホールディングスや富士康が安い。

ハンセン指数は前週末比1068.76ポイント(4.3%)安の24053.61で終了。
月初来の下落率は14%となり、
月間ベースでは2001年3月以来で最大の下げとなっている。
ハンセン中国企業株(H株)指数は前週末比5%安の13319.49。

※ブルームバーグ引用

アメリカマーケットの下げによって
中国の優良銘柄が下がるのを待って、
いつ買いにいこうとは狙っていますが、
アメリカは日本のバブル崩壊の入り口にたっていると
思っていれば、ほぼ間違いないです。

日本も消費を増やしてもらえばと、
地域復興券なるものを国民に発行しましたが、
たいした効果はありませんでした。
アメリカも国民にお金を使ってもらおうと、
金券をくばるようですが・・・。

アメリカの上院議員で、
サブプライム債を引き受ける機関をつくれ!
と叫び始めましたが、
アメリカ政府が今やるべきことは、
まさにこれだと思います。

紙屑になるサブプライム債を引き受ける機関を設立しなければ、
バブルがはじけた際の日本のようになる可能性は高いです。
日本も不良債権を回収する整理回収機構を設立して、
やっと不景気から脱出できた経緯があります。

できれば、アメリカには日本と
同じツテを踏まないようにして欲しいです。
ツテをふむよであれば長期で円高、
間違いないですね・・・。

【1月28日のマーケット情報】
20080128_01


スポンサーリンク
今日も戻る戻る。
去年の8月の再現になるか?
しかし、これだけ乱高下すると
精神的に悪いですよね(笑)

【H株指数 日足】
20080125_02

H株指数は本日、+8.37% 14000ポイントを回復。
1銘柄の動きではなくて、これが指数だから驚きです。

しかし、中国の大手金融機関は、
欧米ほどではないですが、
欧米の金融機関などに出資しているので、
サブプライムの損失は必ず出てくると思います。
中国銀行の利益が吹き飛ぶといった情報と、
アメリカマーケットの不調でこれだけ下げたので、
実際に損失の数字が発表されたときが、
怖いですが、これは構えているしかありません(苦笑)。

欧米のリセッションはほぼ間違いないですが、
世界マーケットの観点で見れば、
最初にお金が戻ってくるのは、
一番成長が高いアジア、それも中国の可能性が高いです。

世界で株が売られるなかで、
売買が成立するということは、
暴落のなかで買っている投資家が必ずいるのです。
そういった投資家になりたいですね。

【1月25日のマーケット情報】
20080125_01


スポンサーリンク
最高値、約2.4をつけてから
約半年で半分に値が落ちてきた0568 墨龍石油機械
1.0を切り、購入をと考えてはいましたが、
今日は15%上げ、17%落ちて5%上げて15%の上げですか・・・
冷静に考えると、すごい値動きですよね。

配当はちょっと、という銘柄ですが、
将来性を考えると墨龍石油機械、
私は購入していきたい銘柄です。

本土向け商品は70%。
設備投資は去年、一生懸命やっていたので、
受注が減っていなければ売上は必ず上昇しているはず。
A株発行もほぼ決まりですし、
きちっと業務内容をチェックしている人は、
本土の人も購入してくれるはずです。

お客がペトロチャイナやシノペックといった
大手なのも安定した商品売上が見込めます。
H株に組み込まれてまだ1年。
これからの銘柄だとは思っていますが、
さてはてどうなることやら。

現在もこの銘柄保有していますが、
私のほうは永久保有銘柄でいきます。
もう売買するの疲れました(笑)。

【1月24日のマーケット情報】
20090124_01


スポンサーリンク
アメリカマーケットは
ここ2、3日下げた諸マーケットにくらべたら、
下げたうちに入らない度合いで終了。
やはりFRBの緊急利下げが効いたもよう。

H株ですが昨日の下げ分を1日で取り戻してしまいました(笑)。
去年の8月のサブプライム危機と
同じチャートを描くのであればここから
20000ポイントまで一直線です(笑)。

結局、未来は誰にも予想できないわけで、
株の売買をする人々は、
自分が購入した時点より株価が高くなっているか、
株価に主点を置くのではなく、
配当で毎年これだけ入ってくればよい、
という目標をクリアすればよいわけです。

どこに主観を置いているかによって、
株との付き合い方も人それぞれ。
今年から私は配当のほうに変更していこうかなと思います。

昨日、トヨタ株のことを書きましたが、
中国で配当3%の銘柄なんか、この時点でもごろごろしています。
長期保有できるのであれば、
株を違う観点からチェックできるので、
確実に株で儲けたい人は、
株価の上下に一喜一憂するのではなく、
株の配当、成長性に目を向けてみてください。

そういった意味でアメリカマーケットの減速で、
優良銘柄の株価が下がるのは、
投資家にとっては大きなチャンスが訪れることになるのですから。

【1月23日のマーケット情報】
20080123_01


スポンサーリンク
臨時ニュース!

【米が緊急利下げ 年4・25%から3・5%へ】
米連邦準備制度理事会(FRB)は二十二日、
主要な政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を
年4・25%から3・5%へ0・75%緊急に引き下げると発表した。
金融機関への貸出金利である公定歩合も0・75%下げ年4・0%とした。

※中国新聞引用

いや、もうFRBが何しても
株の下げトレンドはどう考えても止まらない。
アメリカのサブプラムの損失が100兆円だと仮定すると、
日本のバブル崩壊時にこうむった威力と同等以上。
損失が確定してる金額は約20兆円。
まだ損失がばかすか出てくるわけです。

一時的にあげても大手金融機関の損失発表が、
確実に株価を下げていくでしょう。
しかし、さすがに昨日の今日、
一気にこれだけ下げるとは思いませんでしたが(苦笑)。
H株が-12%は「お~!」といった感じです。
12000ポイントですね。

中国マーケットがこれだけやられた理由は
中国の4大銀行のひとつ中国銀行のサブプライムの損失予想

【サブプライム:中国銀行 10-12月赤字の可能性】
消息筋によると、
サブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)問題に絡み、
中国銀行が2007年第4四半期(10-12月)決算で
赤字になる可能性が出てきた。
21日付で和訊網が外電を引用する形で伝えた。

※サーチナ引用

正直、上記の件、事実だと思います。
なので銀行の資金に頼っている中国企業は
長期で見たらやばいですが、
自社の資金が豊富で銀行の資金の流れが悪くなっても、
本業が堅調で、海外の需要が売上げに関わりが少なく、
毎年売上げを上昇させている成長企業は、
株価が下がれば下がるほどお買い得ということになります。

しかし、ブラックマンデーぐらいは想定しておいたほうがよいでしょう。
※ブラックマンデーチャート
2600ポイントから1700ポイントということは、
これからあらゆるマーケットが40%下がる可能性も想定しておきたいです。

最後に希望の光ニュース。
ここからは個別銘柄です。
私ならもう方向転換。配当が高く、
安定した企業の株を狙っていきます。
ぐっちーさんもブログに書かれていますが、
1月22日のトヨタの配当率は2.8%、予想配当利回りは3.22%だそうで、
下手な銀行預金より良いかも(笑)。

このくらいの余裕を持ちたいところですね。
怖い人はマーケットから降りることおすすめします。
私は現在保有している銘柄に関しましては5年間保有コースです。
しかし0568 墨龍石油機械、今日は-17%さすがに驚きました(苦笑)。
買い増したいところですが、マーケット心理が下げなので、
ちょっと買い増す勇気がでないところが本音です。
一番のポイントはA株が落ち始めたところでしょうか。

【H株 日足】
20080122_02

【1月22日のマーケット情報】
20080122_01


スポンサーリンク
いや~大きく下げましたね(苦笑)。
優良銘柄も落ちてきましたね。
アメリカのリセッションを見越しての、
世界同時株安・・・。

中国内需がメインで、
海外の資金がショートしてもまったく
経営に問題がない成長企業が
中国にはゴロゴロしています。

「ピンチは最大のチャンス!」

ここで何度も書いていますが、
一応、H株、10000ポイントを私は底と見ているのですが、
今日は13500ポイント。
そこらへんで止まってくれないかと希望的観測です(笑)。
しかし、今日はA株も下落している、
実は、ここが一番気になっています。

【H株 日足】
20080121_02

しかし、アメリカマーケットは
当分、下げ止まらないでしょう。
というか、アメリカマーケットが世界マーケットを
引っ張ってきた感じは確かにあります。
これまたひとつの「バブル崩壊」として歴史に
刻まれそうな勢いですが、
いつかは下げ止まるわけで、そこをうまく見極めたいと思っています。

そしたら配当高い内需、成長銘柄を買いに行くぞ!(笑)。

【1月21日のマーケット情報】
20080121_01


スポンサーリンク
アメリカマーケットの下げが
なかなか止まりませんね。
とうとうDOWは12000ドルを切りそうです。
日本の失敗から学んでいたと思っていた欧米も、
サブプライム問題で大火傷・・・
結局、同じ事をするんだなという結論(苦笑)。

さて、日本の日経平均最高値は
1989年につけた3万8915円。
それから2002年1月に最低値7603円つけました。
その間、たったの約2年。

これを現在のアメリカにあてはめてみると、
今年つけた最高値が14000ドル。
最低値の予想は2800ドル・・・。
この数字になる可能性はゼロではありません。
これをH株指数にあてはめてみると・・・
20000→4000ですか。

今日のH株指数は14500ですから
現在、保有している株の価値が、
4分の1になってもかまわないと思えないようであれば、
ここで撤退するのもありなのかなと、
正直、思ってしまいますね。

しかし中国株はようわかりません。
去年の8月サブプライム問題で
H株指数が1万わるかと思えば、
2ヶ月後は2万です(笑)。
結論としては、考えてもはじまらない。

一番間違いないのは、
毎月2万円をパチンコをする感覚で、
中国株の優良株を購入していく、
30年後に配当+その価値を確認したとき、
かなりの資産家になっている可能性は高いと思います。

【1月18日のマーケット情報】
20080118_01


スポンサーリンク
さすがに連ちゃんで下げた反動、
今日は中国株、戻りました(笑)。

【H株 日足】
20080117_02

この後、どうなるかと考えるのは
ちょっと億劫ですが、本日のメリルリンチの決算で
今月の悪いニュースは一応、止まります。
その後は、FRBの利下げ発表がありますので、
横ばい、そしてちょい戻りといったところを予想します。
来月になれば、またゆっくりマーケット、
下がっていくとは思いますけどね(苦笑)。

 【2007年11月9日 毎日新聞】
米連邦準備制度理事会(FRB9のバーナンキ議長は8日、
米議会経済合同委員会での証言で、
サブプライム住宅ローン関連の金融機関などの損失額が1500億ドル
(約17兆円)程度に上るとの推計を明らかにした。

金融市場の混乱が長引く中、米銀最大手シティグループや
米証券大手メリルリンチなどの金融機関は
急激な業績悪化に見舞われており、
予想以上の規模と勢いでサブプライム問題の打撃が
拡大していることをあらためて裏付けた形だ。
議長はリスクが表面化する前の今年7月時点では、
損失額は500億-1000億ドルとの見方を示していた。

議長は米住宅市場の不振について
「来年4-6月期には底打ちすると現時点では予測している」と述べ、
来年後半以降は改善に向かうとの認識を表明した。
サブプライム関連の損失をめぐっては、
国際通貨基金(IMF)も今年9月、1700億-2000億ドル
に膨らむ可能性があるとの試算を公表している。

※2ch 過去記事引用

ぐっちーさんのブログを読むと、
サブプライムの損失は100兆円を予想。
まだ70兆円たらないようです(笑)。

この「モルスタ基準」を全ての欧米の金融機関に適用するなら、
損失はやはり100兆円、1兆ドルという見立ては私は変わらない。

※ぐっちーさんブログ参照

H株指数の下げを10000ポイント見ていましたが、
7000ぐらいを見ておいたほうが良いですかね(苦笑)。

【1月17日のマーケット情報】
20080117_01


スポンサーリンク
citiのひどい決算を受けて、
アメリカマーケットは昨日、大きく下げました。
もちろん円高も一気に進む。
そのあおり?を受けて昨日書いたとおり、
中国マーケットは本日、大下げ・・・。

今日、株を売った人と買った人との比率、
どちらが多いかわかりませんが、
投資家心理でいけば、売った人のほうが多いはず。

株が上がれば保有し、
株が下がれば売却し、
この心理が人間、強く働くからです。

この下げをチャンスと見ることができる人は、
かなり少ないとは思いますが、
優良株が理由なく下がるのは間違いなくチャンス。
これは長期投資家で確実に儲けている人々の考え方です。
私も長期投資家のスタンスに今年から転向したいと思っています。

サブプライム問題の損失発表は
まだ出てくると思っていますし、
まだまだアメリカマーケットは下がると思っています。
そして円高が進むと、もちろん考えています。
今年は円キープが一番儲かったりして(笑)。
そんなことを思っています。

【1月16日のマーケット情報】
20080116_01


スポンサーリンク
タイトルはあくまでも私の予想。
アメリカ景気の減速は円高です。

【円が人気-サブプライム禍でドル離れ、キャリー取引も風前のともしび 】
アラン・アイズナー氏にとって、
米景気の見通しが暗くなればなるほど、円の魅力は増す。
ミレニアム・グローバル・インベストメンツ(ロンドン)で
ヘッジファンドを運用する同氏は、
米国の成長減速を見て日本の投資家が
海外投資を控えるだろうと予想する。
また、為替相場のボラティリティ(変動性)の高まりを受け、
トレーダーは円建てでの借入金の返済を急いでいる。
低ボラティリティ環境では、低金利の円で調達して
高利回り資産に投資するキャリートレードが拡大していた。

※ブルームバーグ引用

中国マーケットも今日はボロボロです。
といっても本土はなかなか下げず。
思ったとおりH株、下げがきましたね。

短期で儲けたいと思っている人は、
間違いなく撤退したほうが良いと思います。
長期で儲けたいと思っている人は、
確実に成長を続けている優良銘柄を探ってください。
マーケットそのものが下がれば、優良銘柄もつれ下げ、
そこが狙いどこ。
今、買いに行くのはまだ早いと思っています。

【1月15日のマーケット情報】
20080115_01


スポンサーリンク
今年のマーケットは下がりますよ!
と自分で予想して、それが当たると
ちょっと複雑。
やはり、下げの要因はアメリカのデフォルト。
サブプライム問題の本質化はこれからでしょう。

前回、投信のことをうんたら書きましたが、
欧米金融機関がからんでいる銘柄は、
今後、下落する確率が高いと思うので、
要注意したいところです。

これは前々から書いていることですが、
やはり一番影響が受けるのはH株。
まだまだ下げたうちに入っていないと私は思います。

さすがに欧米マーケットの存在は、
まだまだ中国マーケットに対して影響があるので、
長期できたら株を購入するのは、
まだまだ早いかなとは思います。

銘柄郡を見ていると、
ポツポツこれは売られすぎだろう?
と思う銘柄がでてきました。
みんなが株を売る時こそ、
じっくり銘柄の情報を把握して、
割安株を購入していきましょう。
それにしてもよく下がりますね(苦笑)。

【1月12日のマーケット情報】
20081114_01


スポンサーリンク
FRB議長の今月末の大幅利下げを示唆する発言および、
バンクオブアメリカが米住宅ローン最大手の
カントリーワイド・ファイナンシャルを買収する報道を受けて、
アメリカマーケットは反発。
アジアも続くかと思われましたが、反発せず。
投資家の迷いが見えるマーケットでした。

アメリカの利下げがつきるか、
それまでにマーケットが復活するか。
そして中国マーケットはアメリカ関係なく動き出すか、
といったところだと思います。

中国マーケットからはちょい話が脱線しますが、
金融収縮がおこっているわけで、
投信などはやはり下がってくると思います。
逆に、堅調な個別銘柄に投資している人のほうが、
長期投資であればパフォーマンスがよくなると思います。
投信などに投資している人は、
よほど自信がない人は気を付けたほうがよいと思っています。

【1月12日のマーケット情報】
20080112_01



スポンサーリンク
私が毎日チェックしているぐっちーさんのブログ。
少し前に株価は気にするな日記が書かれていて、
かなり安心させられました。

【どっちでもいいのよ・・・】
サブプライムがどうなろうと、
例えばコカコーラやGEが資金調達に困って倒産する、
なんてこたー有り得ないわけで、
ダウ30種に載っているような企業は
その売り上げの50%以上がアメリカ外、
であることなどを考えると100歩譲って・・・
アメリカの国内消費が停滞する(とすると)多少影響は受けますが、
それ以外の影響は意外に軽微な訳でして、問題の本質とは程遠い。

※ぐっちーさんブログ引用

ここで自分が保有している銘柄を考えてみる。
確かに元高の影響は出てきますが、
完全自由化されていない元はそれほど影響を受けていない。
A株上場が決定し、A株が値上がれば
H株の株価もそれを追随することになる・・・。

葉っぱを見て落胆するのではなくて、
木を見て、林を見て、森を見る。
葉っぱ=1日 木を見て=1ヶ月 林を見て=1年 森を見る=5年
こんな感じだと思うんですよね(笑)。
焦らない、焦らないと毎日自分に言い聞かせる日々ですね。

【1月10日のマーケット情報】
20080110_01


スポンサーリンク
【DOW 日足】
20080109_02

上記のチャートを見てもらえばわかるとおり、DOWが続落。
予想したとおり、アメリカマーケットが落ちてきました。
さすがに今日は中国マーケットもやばいやばいと
恐る恐るチャートをチェックしていましたが、なんと反発。
DOWもこれだけ下がれば一時的な反発はありそうです。

行き場を失った多量のマネーがさまよっているのは確か。
現在は商品、、石油、金の先物にお金が流れ始め
かなり値上がりをはじめていますが、
どのマーケットも上がればもちろん下げもあるわけで、
これは投資家であるかぎり受容しなければなりません。
それが受容できない場合は持ち株を売却し、
マーケットから退避すればよいだけです。

正直、中国マーケットも週足でチャートを見ると、
まだまだ下がるのかなと思うのは去年から言っていること。
自分の資金が減っていくのに耐えられない場合は、
マーケットから逃げ出したほうが精神的にも良いかもしれません。

ただし面白いことに株は売ったら上がるんですよね(苦笑)。
特に中国株の小型株で言えば、購入して半分に価値が下がったと思えば
1年たったら3倍、5倍になったというのが多いのも事実。
それはあのカテキンさんも日記で書いていましたしね。

とりあえず私は世界マーケットを見ている限り、
資金を投入して株を購入するのは3月ぐらいまでストップ。
資金を貯めるとともに保有株は保有していることを忘れます。
今年の春はこのスタンスでいきたいと思っています。

【1月9日のマーケット情報】
20080109_01


スポンサーリンク
正月休み明け、いきなり風邪をひいてしまった私。
昨日が辛さのピーク、本日はいくぶん風邪の症状が治まった模様。
本日のマーケットと同じく小康状態のようです(苦笑)。

さて本日は私の注目銘柄をひとつご紹介。
B株に上場している上海振華港口機械です。
この銘柄との出会いは2002年。
今、考えるとめちゃくちゃ安く購入したことがあって、
売らずに持っておけばよかったと思ったことが、
何度あったことか(苦笑)。
この銘柄は今年、再度購入、永久保有銘柄するに考えです。
つい最近でた注目ニュースはこちらです。

【振華港口機械:23億元分の短期社債発行の承認を獲得】
貨物運搬用大型コンテナクレーン製造で
世界最大手の上海振華港口機械(集団)股フェン有限公司
[上海上場、振華港口機械(シンカコウコウキカイ)、900947]はこのほど、
23億元にのぼる短期社債発行について、
中国人民銀行(中央銀行)の承認を得たと発表。
同短期社債の償還期間は2008年12月末までとされており、
中国銀行が販売にあたる見通し。
なお、社債利息は発行時の市場動向に応じて設定される。

※サーチナ引用

B株の王道銘柄として
上海振華港口機械と万科企業は外せませんし、
上記銘柄は世界に通用する銘柄だと思っています。
5年、10年、長期保有であればまだ間に合う銘柄だと思っています。

ちなみに上海振華港口機械を保有したいと思ったのは、
旧カテキンさんの掲示板に書き込みしてくださった
「ダンカイリタイヤ」さんの詳細な書き込みでした。
ダンイカリタイヤさんとは掲示板で何度か意見を交わしましたが、
ここ最近上昇している「0606 中国糧油」
こちらの銘柄も長期保有したら面白いということで
意見の一致をみました。

【1月8日のマーケット情報】
20080108_01


スポンサーリンク
世界的にマーケットが下げ基調。
新聞をはじめとするマスコミもアメリカのデフォルト、
景気の悪化、日銀利下げか?
なんてニュースを流すようになりました。

【H株指数 日足】
20070107_02

ここで一息つきたいところ。
短期で見ればこれだけ下げればと
そろそろ反発するように思っています。
しかし、長期で見たら私もマスコミの意見に同調・・・
ここ1~2ヶ月は我慢だと思います。

Qさんこと邱永漢さんもHPで
サブプライム問題発の株安は
1~2ヶ月おさまらないと書かれていますし、
ここで長期投資家がするべきことは、
株価の上下をただただ眺めていることだと思います。

【米シティの黄益平氏:米リセッション入りの場合は中国への影響大】
米シティグループのアジア担当チーフエコノミスト、
黄益平氏(香港在勤)は7日、
ブルームバーグ・ニュースとのテレビインタビューで、
米国がリセッション(景気後退)入りした場合の
アジア経済への影響について以下の通りコメントした。

※ブルームバーグ引用

上記のような意見もありますが、
資金がある方は、内需、内需と優良株を
少しずつ(1ヶ月に1度、小額で購入していく感覚)
貯蓄感覚で購入していけば良いような気がします。
PER、今後の需要、企業規模、ポイントはこの3つかと思います。

【1月7日のマーケット情報】
20080107_01


スポンサーリンク
日本マーケットの下げに驚いて、
保有銘柄の値を見るのにビクビクしていましたが、
中国マーケットは逆に値をあげていて一安心。
昨日、一日の株価に一喜一憂するなと書いておきながら
しょうがないですね(苦笑)。

株価も気になりますが
急激に進んだ円高も気になります。
1ドル120円台でB株を購入している方は、
約1割の利益がなくなっているわけです。
しかし、こういった細かい点をみていたらキリがないわけで、
外国の証券株に投資する限り、
為替変動による価格差はあるていど妥協するしかありません。

私の円ドル相場は110円~90円、今年見ています。
アメリカの景気の減速および石油高が止まらなければ、
円高に進むと見ています。
欧米に関していえば、サブプライム問題が落ち着くには、
少なくとも1年はかかると思っています。

最後に去年12月にGSことゴールドマンサックスが注目していた
中国株銘柄一覧を
Yahooニュースから引っ張ってきました。
記事へのリンクはされていませんが、
個々の株価の動きをチェックしてみると面白いと思います。
20080104_02
※用語の意味
アウトパフォーム=株の株価上昇率がH株平均などの株価指数を上回ること
インライン、ニュートラル=中立、適正価格
アンダーパフォーム=株の株価上昇率がH株平均などの株価指数を下回ること

【1月4日のマーケット情報】
20080104_01


スポンサーリンク
あけましておめでとうございます。
大晦日からネット環境のない
田舎で過ごしていたので更新できませんでした。
今年も気長に中国株のスタンスなど
書いていきたいと思っていますので、
よろしくお願い致します。

とりあえず今年の注目は、
元高、石油高、世界マーケット動向でしょう。
個人的な予想になりますが、
今年の中国株はゆっくり下落していくと思います。
そう思う一番の原因は、世界マーケットの減速です。

しかし、中国経済は今後も力強い成長を続けると思うので、
中国の内需株、成長が見込める優良銘柄が値下がりしたら、
コツコツ買い増し作戦で私は行こうと思います。

大切なのはマーケットの流れに
流されないことだと思います。
下がったから売る、上がったら買う、
こうならないようにしたいです。

売買を短期に繰り返す方はどうしても損が多くなりますし、
毎日、株価をチェックして一喜一憂するのも
本業に差し支えが出てきます。

株価の値を見ても、
「そんなものか」と気軽に構えられる金額で、
株を購入すること。
5年ほどの長期で株価を保有すること。
ここらへんを守って中国の優良株を
購入していければと思っています。

【12月31日のマーケット情報】
20071231_01

【1月2日のマーケット情報】
20080102_01

【1月3日のマーケット情報】
20080103_01


スポンサーリンク