こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

本日のマーケットは堅調。
中国株はもちろん日本株が強かったですね。
うられすぎた銘柄に着々と買いが入っているようですが、
安心しきったころが危ない危ない(笑)。

さて、本日注目したいのは為替。
ここ1~2週間、弱かったドルが急激に上昇。
元もドルに対してかなり安くなりました。

【中国人民元:対ドルで下落-月間でも06年5月以来の値下がり】
中国の外国為替取引では、
人民元がドルに対し下落。
月間ベースでも2006年5月以来の値下がりとなった。
世界的な需要減速を受け、
輸出業者の保護を目的に政府が元高を抑制するとの観測が強まった。

※ブルームバーグ引用

上記は中国政府が元高を阻止ということでドル高要因。
そしてそして・・・

【日米欧で協調介入を準備=3月のドル急落時に通貨当局-その後の反発で見送り】
今年3月にドルが対円や対ユーロで急落した際、
日米欧の通貨当局がドルを買い支えるための
協調介入の準備をしていたことが28日明らかになった。
ドルの下落が続けば世界経済が大きな打撃を受けかねないと懸念、
具体的な介入手続きの確認作業などを行った。
その後ドルが反発したことで実施は見送られたが、
再びドルが大きく値を下げる事態が生じれば、
協調介入が再浮上する可能性もある。
 外国為替市場では、米国の低所得者向け高金利型
(サブプライム)住宅ローン問題を受け、
昨夏以降、ドルが主要通貨に対して下落。
円相場は、米証券大手ベアー・スターンズが経営難に陥った今年3月、
1ドル=95円台と12年7カ月ぶりの円高・ドル安となった。
 こうした事態について、当時の額賀福志郎財務相が
「過度な動き」と懸念を表明したほか、
ポールソン米財務長官も「強いドルは米国の国益にかなう」と強調。
当局者がこうした「口先介入」を繰り返す一方、
日米欧の担当者の間で、円売り・ドル買い、
ユーロ売り・ドル買いといった実際の為替介入の準備を進めた。

※時事通信引用

これってつまり、今後、ドルが暴落しても、
各国政府が買い支えると明白にしたという事実。
逆に考えたら、介入直前のドル価格が、
FXを仕込む際にうってつけということでしょうか。

とりあえずドル高が進み、
サブプライム問題による金融不安は収束したように見えますが、
これからボディーのようにじわり効いてくると思っています。
マーケットの流れに逆らって各国中央銀行が
ドルを買い支えることにより、守られるものは何なのか?
ただのモルヒネになってしまうのか?
それとも為替介入はサブプライム問題を払拭させるほど
大手術になるのか?
今年のマーケットはまだまだ大きく動き機会がありそうです。

【8月29日のマーケット情報】
20080829_01



スポンサーリンク
H株はコツコツ下げ、
B株は少しずつ戻している感じはしますが、
中国政府の政策発表待ちといったところ。
少しずつ小出ししていくつもりでしょうか?

どちらにしても中国本土株に勢いが見られない今、
世界マーケットの失速を中国だけで、
とめられる勢いは感じません。
日本でも不動産系企業の倒産が目立ちますし、
サブプライ問題はまったくもって収束していませんしね。
そして今日気になったニュースはこちら

【森ビル「上海ヒルズ」お披露目 高さ492メートル、中国一】
森ビルが建設する「上海環球金融中心
(ワールド・ファイナンシャル・センター)」が完成し28日、
一般公開を前にガラス張りの展望ルームなどが報道陣に公開された。
通称「上海ヒルズ」と名付けられたビルは高さ492メートル、
地上101階建て。ビルには高級ホテルやメガバンクなどが入居予定で、
来年には入居率90%以上を目指す。
上海市は上海ヒルズのある浦東区陸家嘴を
アジア有数の金融センターにする計画で、
上海ヒルズはその一角と位置づけられている。
さらに上海ヒルズのすぐ隣では世界1の高さとなる
上海センター建設の計画も進められている。

※産経新聞引用

企業が自社ビルを購入したら業績が下がりだす
なんてことは昔からよく言われることですが、
上海がそうならないことを祈っています(笑)。
現在の状況は、ほんとうに五分五分です。
それにしても豪勢なビルです。
左側が上海ヒルズ。
※Shanghai World Financial Centerオフィシャルページ

20080828_02

中国株に関して言えば、
今年はまったくもって売買してません。
去年から保有している銘柄をただ保有し、
現在は、キャッシュポジションを増やしているだけです。
いい感じに下げてきてくれていますが、
もう一段落の下げを確認したいところです。

【8月28日のマーケット情報】
20080828_01



スポンサーリンク
この1年の中国マーケットの下げで、
もう中国株はこりごり!
なんてかたが続出しているような気もしますが、
そんなときこそチャンスなのかもしれません。

「株の神様」といわれた邱永漢ことQさんが
10月に中国の成長企業6社を見学に行くことを
自分のホームページで発表しています。
第3090回 山東省の成長企業6社の見学に行きます

というわけで、その6社の銘柄は下記になります。

08259 煙台安徳利果汁
濃縮りんごジュース・濃縮梨ジュースとりんご香料の生産及び販売を行う。

08199 山東威高
輸血セット、注射器など使い捨てタイプの医療用品の製造販売。
そのほか整形外科用品、血液浄化機器なども。

01818 招金砿業
中国の金採掘大手。

200488 晨鳴紙業
機械紙など造紙原料、造紙設備、電力の生産と販売。

00568 墨龍石油機械
原油採掘用機械やパイプなどの開発・製造・販売に従事。

08058 羅欣薬業
医薬品の製造販売。

各銘柄をクリックするとサーチナの銘柄情報を閲覧できますので、
ご利用ください(笑)。
さすがQさん目の付け所というか、かたい銘柄を選んでいると思います。
5年後の価格と、現在の価格くらべてみてびっくりという銘柄が
かなりあると思います。
自分で各銘柄を研究するのもお勧めできる銘柄郡だと思います。

【8月27日のマーケット情報】
20080827_01



スポンサーリンク
ひさびさに、B株優良銘柄の株価をチェックしたら、
かなり落ちているのにびっくり。
下はB株の超優良株ともいえる万科企業のチャート

20080826_02

本日の終値は6.340、PERは7.63
サーチナからの情報ですが、
この時点で、ちょっと下がりすぎでは?
と思うのは私だけでないはず。

10年後に、あのときは絶好の買い場だった
なんて思うのはしゃくだなと思いますが、
PER7~8で中国一の不動産業の株を
購入できると思ったら安いような気がします。

H株ばかりに目がいっていた私ですが、
本土B株の超優良銘柄にも、
ちょっと注目しようかなと思っています。

B株にくらべたらまだH株のほうは、
高いなと気がしてしまいます。
PER7まで落ちてくることを考えると、
まだ下げ方が少ないですよね。

【8月26日のマーケット情報】
20080826_01



スポンサーリンク
昨日、北京オリンピックが無事閉幕しました。
テロが起こることを危惧しておりましたが、
大きな事件も起きず、中国政府はやり遂げた!
ということで、一服ついているところでしょうか。

北京オリンピックのハイライト写真、
約120枚ほど、ロイターで閲覧できますので、
ぜひぜひ見てください。

北京オリンピックを
TVでじっくり観戦する時間がなかったので、
私にとっては、現場の雰囲気が伝わり、
とてもよい写真がそろっていると思います。
※ロイターが選んだ Olympic best

体操で金メダルをとった中国人の女の子の
メダリストのタイトル写真には笑いました。
「Too young? 」
これはちょっと16才には見えませんよね。

さて、話をマーケットに戻して
H株指数は上昇、本土は横ばい。
中国マーケットにとって正念場はこれからでしょう。
オリンピックが終わり、政府が景気対策を出してこなければ、
ずるずる下げだと思っています。

中国政府のこれからの政策
本土の人々の投資がどう変わるのか?
そしてサブプライム問題でゆれる欧米
ポイントはこの3点ですかね。

【8月25日のマーケット情報】
20080825_01



スポンサーリンク
帰宅後の更新はなかなか辛いのですが、
ネットのニュースなど見ながら、
自分の考えをこちらに書くと、
今後の見通しが何となくまとまるので、
書くのを続けていますが、
なかなか「買いに行こう!」と思える、
雰囲気がなかなか出てこない。

【ドル反発、リーマンへの出資観測で銀行不安が緩和】
ニューヨーク外国為替市場では
ドルがユーロと円に対して反発。
韓国産業銀行(KDB)が
リーマン・ブラザーズ・ホールディングスへの投資を
「検討している」と表明したことから、
米国の金融機関に対する不安感が緩和された。

※ブルームバーグ引用
しかし、上記の役目は日本の銀行がするべきだと思います。
韓国といえば、1997年に、
マーケットがぼろぼろのときに
IMFや日本の銀行などが再建を手伝い、
経済が復活した歴史があります。

当時、アメリカでも屈指の投資銀行を
韓国の銀行が助ける可能性が出てくるを
想定できた方はいないでしょう(笑)。

そう考えると、中国マーケットが今後下がっても、
つぶれることがない優良企業の株を買い増し、
10年後はどうなっているか?
結構、希望、持てませんか(笑)?

つまり、10年後のことなんて誰も想定できない。
ただし、歴史が証明しているのは、
マーケットがぼろぼろになっても、
10年後も生き残っている優良企業は
たくさんあるということです。

【8月22日のマーケット情報】
20080822_01



スポンサーリンク
大きく上昇した次の日は下がる。
いつものパターン!
長期で見れば景気は確実に落ち込んできているので、
タイトルで書かせていただいたとおり、
長期はマイナス・・・だと私は思っています。

注意したいのは大きく上昇したから
買いに行こう!と飛び乗りしないこと。
どうせするなら、大きく下降したら
買いに行ったほうが、良いと思います。

【中国工商銀行:1-6月は57%増益-収益性で世界最高の銀行に】
中国工商銀行(ICBC)が21日発表した
2008年1-6月(上期)決算は、
純利益が前年同期比57%増加し過去最高益を更新、
英HSBCホールディングスを抜き
世界で最も収益性の高い銀行となった。
世界の金融機関が受けた信用危機の影響を
回避したことが寄与した。

※ブルームバーグ

個別の銘柄ではきちっと成果をあげている中国株。
収益性で世界一の銀行になった中国工商銀行の株が、
大きく下がったときに買いに行くのは面白そうです。
ポイントは企業業績と株価の乖離がどのくらいあるか
ということです。
そして、今後の成長率。

世界マーケットのなかで一番回復が早いのは、
中国だと私は思っています。
内需でどれだけ中国ががんばれるかにかかっていると思います。

【8月21日のマーケット情報】
20080821_01



スポンサーリンク
今日は本土もH株も大幅反発。
さすがに下げすぎた反動でしょうか?
というよりも大きな上げのきっかけは、
こちらにあるもようです。

【3週間で最大の上げ、米財務長官が元高容認促す発言】
国外国為替取引では、人民元が対ドルで、
3週間で最大の上昇となった。
ポールソン米財務長官が中国に、
インフレ抑制や米議会による同国への貿易制裁回避に向けて
人民元上昇を容認するよう促したことが手掛かり。

※ブルームバーグ引用

さらにもうひとつ

【中国は景気刺激策を実施へ、北京五輪後の低迷回避狙い-米リーマン】
リーマン・ブラザーズ・ホールディングスのエコノミスト、
孫明春氏(香港在勤)は20日発表した調査リポートで、
北京五輪後の景気減速や資本市場低迷の防止を狙い
中国政府が講じる可能性のある政策について、以下のようにコメントした。

※ブルームバーグ引用

現時点での中国企業の決算はよいところが多いと思いますが、
ポイントは次回の決算。
さらに言えば、オリンピック後の政府が出してくる景気対策しだい
その点に、焦点が当てられると思います。
まさに中国経済は、中国政府に完全に今後の行く末を握られています。
ここからの舵取りは、中国株に長期に投資するうえで、
とても重要なポイントになってくると思います。
しかし、今日はよくあげました(笑)。

【8月20日のマーケット情報】
20080820_01


スポンサーリンク
今年の1月に
「最悪を想定してみる」ということで、
日経平均やH株指数がどこまで下がるか
予想した記事を書いたのですが、ちょっと現実味をおびてきました。
いくときは本当に下がるのがマーケット。
これは日本が経験済みです。40000~7000ということです。
H株指数にあてはめると20000~4000です。

タイミング的には遅いですが、
こづかい程度の金額でワラント取引で
日経平均、ダウなどのプットオプションの購入は
面白いかもしれません。
使いやすいのはSBI証券だと思います。
私もこちらに口座を近いうちに開ければと思います。
興味がある方はご確認ください。
SBI証券のカバードワラントについて

どちらにしても中国マーケットは、
本土下落→H株下落→本土下落・・・
のスパイラルに入った感じはします。
特にオリンピックが終わったと中国人が考え始めたら・・・
と思うと、ちょっとその落ち方に構えておく必要もあるかもしれません。

何だかんだで9月の下旬、10月あたりが、
中国マーケットの底と見たいですが、
じわりじわり下がった日本の例もありますし、
何ともいえず。

しかし、PER的にも配当率にしても、
かなりの優良銘柄が値が下げているのは確か。
これをチャンスと見るか、ピンチと見るか、
人それぞれなんでしょうね(笑)。

【8月19日のマーケット情報】
20080819_01



スポンサーリンク
月曜日は世界的に
マーケットが下げました。
ここで一息というか、ゆっくり下げていく前兆と
捕らえていけば間違いないと思います。
今年も残り半年ありますが、
正直、マーケットが去年のように
いけいけどんどんになるのには相当時間がかかると見て、
ほぼ間違いがないと思います。

唯一の救いは、個々の企業はきちっと業績を出していますし、
そういった良い小さなシグナルをひろって、
個々銘柄の価値をきちっとはかることだと思います。

【中国の招商銀:1-6月期利益、2倍強-利幅改善や手数料収入が寄与】
中国南部で最大の銀行、招商銀行が
18日発表した2008年1-6月(上期)決算は、
純利益が前年同期の2倍強に増加した。
中国政府による融資の伸びを抑制する取り組みにもかかわらず、
招商銀行では貸出マージンの改善や
クレジットカード手数料収入の維持が増益に寄与した。

※ブルームバーグ引用

世界的にマーケットが落ちているのは、
アメリカがサブプライム問題で大きな打撃を受けたことで、
世界経済を牽引する力が失われたこと。
次に世界経済をひっぱるのは中国と言われていますが、
その結果がはっきりすれば、
イギリスからアメリカ、アメリカから中国へと、
経済の旗艦はシフトしていくのではないかと私は考えています。

【8月18日のマーケット情報】
20080818_01



スポンサーリンク
オリンピックは盛り上がっている?ものの、
投資に関しては、相場をみきわめるために静観状態。
でも、こんなとき、素人さんでもできるちょっと面白い
投資術のご紹介。
それは!賢人の投資を真似るということです。

【バフェット氏やソロス氏に倣えば本家より高収益も】
米電力会社NRGエナジーや
ブラジル石油公社(ペトロブラス)株を買えば、
著名投資家のウォーレン・バフェット氏や
ジョージ・ソロス氏よりも高い収益を上げられるかもしれない。

※ブルームバーグ引用

中国株に関して言えば、
ペトロチャイナの大株主だったバフェットさんと
同じタイミングですべての中国株の銘柄を売却していれば、
現在の価格よりかなり割高で売却することができました。

数年間持ち続けいてたペトロチャイナの株を売却するほど、
今後の中国マーケットは悪くなるのかと、私も考え、
当時、保有していた中国株の半分を売却し、
その半分を保有して現在にいたりますが、
その点、バフェットさんには感謝しております。

というわけで、現在、ソロスさんやバフェットさんが
保有しつつ、彼らが購入したときより、
株価が落ちている銘柄を購入してみよう!という
単純な作戦が今回のご提案。
これは面白い企画だと思います。
それができにくい、という方は下記の本をおすすめします。

バフェットの教訓―史上最強の投資家 逆風の時でもお金を増やす125の知恵バフェットの教訓―史上最強の投資家 逆風の時でもお金を増やす125の知恵
(2008/01)
メアリー・バフェットデビッド・クラーク

商品詳細を見る


【8月15日のマーケット情報】
20080815_01



スポンサーリンク
昨日、紹介した本、
「サブプライム後に何が起きているのか 」を
仕事の行き帰りに読み進めていますが、
この本を読んで確信したことは、
まだ投資するにはちょっと早い。
とりあえず、もう少し待て!
または、自分が本当に納得できる金額になったとき、
(たとえ損をしてもよいと思えたとき)
株を購入しに行かないとダメだということです。

サブプライム問題により
実体経済が確実にダメージを受けていることが、
マスコミで報道されるようになったなか、
マスコミや投資家の心理にヤバイ!という思惑が
広がりだしたら買いだと思ったら、
今回は、まだまだその先の損失が明るみに出そうで、
とても難しいところだと思います。

【ばら積み船に逆風-運賃は05年以降で最長の下落、今後2年は低迷か】
鉄鉱石や石炭を運搬するばら積み船の運賃が
2005年以降で最長の下落となり、海運会社は逆風にさらされている。
船舶数の増加や世界の経済成長鈍化による原料需要の後退により、
今後2年間は低迷が続くとの見方が広がっている。

※ブルームバーグ引用

こういったニュースは何気に重要なことを
教えてくれていたりします。
株価の値上がりを期待した株の購入ではなく、
配当などといった長期投資に切り替えなければ、
今後、株式投資の値上がりで利益をあげるのは、
相当、難しいと思っています。

サブプライム後に何が起きているのか (宝島社新書 270) (宝島社新書 270)サブプライム後に何が起きているのか (宝島社新書 270) (宝島社新書 270)
(2008/04/09)
春山昇華

商品詳細を見る


【8月14日のマーケット情報】
20080814_01



スポンサーリンク
マーケットにおいて
悪いニュースが目白押し。
唯一のプラスのニュースといえば原油安。

【米サブプライム関連の銀行損失額が5000億ドル超に-評価損拡大で】
米国のサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)危機と
それに伴う信用逼迫(ひっぱく)に関連した銀行の損失額が12日、
計5000億ドル(約54兆6500億円)を突破した。

評価損の対象となる資産の種類が増えているのが背景にある。
スイスのUBSが同日発表した2008年4-6月(第2四半期)決算で、
サブプライム関連資産の評価損60億ドルを計上したのを受け、
100を超える世界の大手銀行・証券会社の資産評価損と
信用損失は合計で5010億ドルとなった。

国際通貨基金(IMF)は4月に発表したリポートで、
銀行の損失額を計 5100億ドルと推定。
損失見通しはその後もさらに拡大しており、
ニューヨーク大学のエコノミスト、
ヌリエル・ルービニ教授は2兆ドルに達するとみている。

※ブルームバーグ引用

私がよく拝見させていただいているぐっちーさんのブログには
昨年の初頭からサブプライム問題における損失は100兆円と書かれていて、
私のブログでも紹介させていただきましたが、
アメリカの確定した損失額は50兆円。
その他ヨーロッパ、アジアを足して
損失額は、まだ100兆円にはまだ届かないといったところでしょうか。
残りの損失も今後も出てくると考えれば、マーケットはやっぱり厳しいのです。
ブルームバーグの記事を紹介しましたが、
ある教授さんはアメリカだけで200兆円の損失を予想中・・・すごいことです。

そしてこれまた予想通り、日本の不動産企業の倒産が続きます。
この流れは、間違いなく、まだまだ続くでしょう。

【アーバンコーポが民事再生法申請、負債総額2558億円で今年最大の倒産】
アーバンコーポレイション<8868.T>は13日、
東京地裁に民事再生法の手続き開始を申請したと発表した。
同地裁は申請を受理し、保全処分命令と監督命令を出した。
同社の発表では7月末時点の負債総額は2558億円で、
東京商工リサーチによると今年最大の企業倒産となる。

※ロイター引用

こういったときはキャッシュをそのまま保有していたほうが
よさそうです。じっと我慢、我慢。
そしてこの本を読んで、先のマーケットの見通しを
ぜひぜひ検討してみてください!良書です。

サブプライム後に何が起きているのか (宝島社新書 270) (宝島社新書 270)サブプライム後に何が起きているのか (宝島社新書 270) (宝島社新書 270)
(2008/04/09)
春山昇華

商品詳細を見る


【8月12日のマーケット情報】
20080813_01



スポンサーリンク
なんとかB株は
大きな下落が下げ止まったものの油断は許さず・・・。
いけいけどんどんのときは
あまり気にしてなかったのですが、
冷静に中国マーケットの過去を振り返ってみると、
上がるときは大きな上げ幅、
もちろん下がるときも大きな下げ幅。
上海B株、深センB株が超低空飛行だった時代がありましたが、
あのような状態に戻る可能性もあるわけです。

現在の中国マーケットを眺めていると、
日本のバブルが崩壊し、上がる上がると叫びながら、
日経平均3万円からずるずる7000円台まで落ちていった
はじめの感じに何となく似ているような気がします。

ここで、一番のポイントになるのは、
実体経済が今後、強くなるのか弱くなるのかということです。
今後も中国経済が強いということであれば、
それほど悲観的なシナリオを想定しなくてもよいのですが、
世界の工場としての中国には、
欧米マーケットにブレーキがかかったことと、
原油高、原料高で、その成長にはさすがにブレーキがかかると思います。
実体経済が悪くなれば、もちろんマーケットは下落します。

そんななか、投資家として大事なのは下げを悲観することではなく、
どんな業種が大きく被害を受けて、どんな業種が被害が受けないのか。
マーケットがいくら下がっても、実際に売り上げが下がらない企業、
逆に上げてくる企業が必ずあります。
ピンチはチャンス、下げ相場は、有望な銘柄をじっくり探すチャンス、
という捕らえ方をしていけば良いと思います。

【8月12日のマーケット情報】
20080812_01



スポンサーリンク
グルジアは停戦をロシアに申し出ている模様ですが、
プーチンさんはやはりやり手、一気にこのまま行くでしょう。
チェチェンのように泥沼化する前にということだと思います。

【攻撃の手緩めず 対グルジア、有利な停戦状況狙う? 南オセチア紛争】
ロシアとグルジアが交戦する南オセチア紛争は11日、
ロシアがグルジアの首都トビリシ近郊など各地で激しい空爆を続けた。
グルジア外務省は前日、文書で即時停戦と
対話の用意をロシア側に申し出たものの、
ロシアはそれを無視した形だ。
ロシアは軍事力を誇示することで、親欧米のサーカシビリ政権転覆も視野に、
南オセチア問題をめぐる和平交渉を
より有利に進めようという思惑があるものとみられる。

※産経新聞引用

さて、オリンピックが盛り上がる中国ですが、
マーケットは大きく盛り下がり、特に本土B株の暴落ぶりには、
目を見張るものがあります。
上海B株にいたっては、金曜と月曜だけで約20%の下げです・・・。

【上海B株 日足】
20080811_02

マーケットが2日で20%の下げ・・・
これがアメリカや日本でおきたらパニックですが、
中国株では当たり前?のようになっているところも
ある意味、すごいです(苦笑)。

A・B株が高く、H株が低かった格差も
だいぶ解消されるとは思いますが、
ポイントはオリンピック終了後、
中国政府がどのような経済政策をとるかにかかっています。
その結果を見てからでも、中国株に投資するのは、
遅くないと思っています。

【8月11日のマーケット情報】
20080811_01



スポンサーリンク
北京オリンピックにそろって出場している
ロシアとグルジアが戦争に突入・・・。
昨日の海外のニュースサイトでは
北京オリンピックがトップページニュースではなく、
ロシアとグルジアの戦争を伝えるところもありました。

前々から小競り合いをしていたようですが、
オリンピックの開催に合わせて、
戦況を大きくした感じがしないでもないです。
オリンピックより今回の戦争のニュースのほうが
世界のマーケットに大きな影響を与えそうです。

【ロシア外相:グルジア軍は南オセチアから撤退を-市民1500人が死亡】
ロシアのラブロフ外相は9日、
グルジアの南オセチア自治州での同国軍と
ロシア軍の戦闘で即時停戦を宣言するよう求める国際社会の要請を拒否した。
同外相は9日、モスクワからの電話会見で、
米国の同盟国であるグルジアが
南オセチア自治州からすべての軍隊を撤退させ、
同自治州と不可侵条約を結ぶ必要があり、
そうなれば事態の沈静化が可能だと指摘した。
また、これまでに市民 1500人、平和維持軍で15人が死亡したと主張した。

※ブルームバーグ引用

グルジアの南オセチアの分離独立派とグルジア政府が戦闘(紛争)状態へ。
グルジア大統領は対話を求めて停戦を指示していたが、
小競り合いが続いていた中で、南オセチアのロシア市民を守るという名目で、
ロシアが軍事介入・・・南オセチア周辺はオイルパイプラインの重要拠点。
さらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
これはどっちが悪いと判断がなかなかできにくい戦争になりそうです。



日本であまり報道されていないニュースですが、
個人的にはオリンピックより重要なニュース。
さすがにアメリカがロシアと衝突するような介入はしないと思いますが、
世界の平和の祭典が北京で行われていると言っても、
世界のどこかで、人々は殺し合いを肯定する
戦争をしている現実を
受け止めなければいけないと思います。

スポンサーリンク
とうとう中国でオリンピックがはじまりました。
開会式を少しTVで見ましたが、華やかですね。
しかし、個人的にオリンピックに興味はありません。
新聞は読みますが、TVはほとんど見ないでしょう。
唯一願うことは、オリンピック中にテロが発生しないことです。

ちなみにオリンピックとマーケットの関係ですが、
オリンピック終了後、多くの国々が株価の低迷を見ますが、
長期で見ると、開催当時より「上がる」確率が高いようです。

現時点で、マーケット
はすでにオリンピックによる経済効果を
織り込み済みということで、目先で見ると、
投資家は中国マーケットから離れる期間が
続くとは思いますが、
みんなが離れるときこそチャンス。
しっかり、状況を見極めましょう!

ちなみに本日の本土株、
かなり大きく下げていますね。
上海B株にいたっては指数自体が8%の下落。

【中国株(終了):CSI指数、6週間ぶり大幅下落-五輪開幕控え】
中国株式相場は下落。
CSI300指数は6週間で最大の下げとなった。
北京五輪開幕前に中国政府が
市場支援策を打ち出さなかったことで失望売りが膨らんだ。
北京五輪は8日夜に開幕式を迎える。

※ブルームバーグ引用

中国の投資家の人々はみんなで一斉行動ですから、
オリンピックが始まった、マーケットは織り込み済み、
下がるから売るぞ!という流れ、
あまりにも下がるようであれば、
中国政府も何らかの手は打つとは思いますけどね。

【8月7日のマーケット情報】
20080808



スポンサーリンク
夏風邪がはやっているようですが、
会社の方々も体調を崩している方が増加中。
真夏日と夕立と、体調を崩す要素がもりだくさん。
どうしても冷たいモノを食べすぎてしまいます(苦笑)。

体調を維持するには規則正しい生活と、食生活の安定、
軽い運動です。えらそうなことを書いていますが、
私もちょっと夏バテちゅうです。

さて、中国株の話へ。
私の注目銘柄、またまた中間決算がでたのでご報告。

【墨龍石油機械:08年中間決算、55%増益】
原油採掘用機械やパイプなどの
開発・製造・販売に従事する
山東墨龍石油機械股フェン有限公司
[香港上場、墨龍石油機械(ボクリュウセキユキカイ)、00568]は、
2008年6月期の中間決算を発表した。
純利益は1億4000万元(約22億3400万円)で、
前年同期の9053万元(約14億4478万円)より54.6%増となった。
EPS(1株当たり利益)は0.0426元、
配当は予定していない。
売上高は10億5200万元(約168億円)で前年同期比30.5%増だった。

※サーチナ引用

なかなか良いのはないでしょうか(笑)。
サーチナの墨龍石油機械の情報をチェックすると、
今日の時点の時価の円換算は130億円。
半年で20億円の利益を出したということで考えれば年に40億円の純利益・・・。
マーケットが厳しいときに企業がやるべきことは
「自社株買い」ぜひやって欲しいです。

【8月6日のマーケット情報】
20080807_01



スポンサーリンク
香港マーケットは台風接近ということことで、お休み。
今日はオープンしてもらってもよかったかもしれません(笑)。
FRBが金利を維持したことと、原油の急落で、
世界のマーケットは上昇です。

【FOMC:金利据え置き、景気改善見通し後退-インフレ重大な懸念】
米連邦準備制度理事会(FRB)は5日、
連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会合を開き、
フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2%に据え置くことを決めた。
声明は「経済成長の下振れリスクが残る一方で、
インフレ加速リスクもまた重大な懸念」と指摘した。

※ブルームバーグ引用

アメリカの景気が悪くなれば原油の需要も減るということで、
原油価格は急落、最近、あげすぎた分、少しの間、
原油は下げ基調になるかもしれません。

一番、注意しなければいけないのは、
世界の景気は確実に悪化しているということです。
景気=マーケットが停滞すれば株式市場も必ず下がる
というのは日本が見本を見せてくれました。
それほどあせって、株式に投資する時期ではないと思っています。

【8月6日のマーケット情報】
20080806_01



スポンサーリンク
さっそく中国新疆ウイグル自治区カシュガルで
テロが起こってしまいました。
これからオリンピック開催、開催中と警戒する必要はあります。
選手村がテロリストに選挙などされてたら、
中国マーケットは暴落するでしょう。
正直、このオリンピックが無事終了するまで、
下手に中国株には手を出せません。

【独立派のテロと断定=男2人が自白-中国新疆事件】
中国新疆ウイグル自治区カシュガルで
武装警察の16人が殺害された事件で、
史大剛カシュガル地区党委書記は5日、
身柄を拘束した男2人が自白したことを明らかにし、
独立派によるテロ攻撃と断定した。

※時事通信引用

長期で見たら中国マーケットは有望だと思いますが、
短期的に見た場合、欧米のサブプライム問題しかり、
中国国内のテロなどなど、不安定要素がありすぎで、
企業業績がどんなによくてもマーケットの負の力におされ、
株価はゆっくり下落していきます。
大事なのは、株価を見極める目。

バフェットさんも言っていますが、
投資で成功するには、
有望銘柄を安い値段で購入し、長期で保有し、
高値で売却できるかという点。
虎視眈々と買い時を見極めたいと思います。

【8月5日のマーケット情報】
20080805_01



スポンサーリンク
日本も景気後退に入ったという発表が、
ところどころの機関から出てきていますが、
世界的にそういった見方ができると思います。
景気が後退すれば、当然、株価は下がるわけで、
厳しい状況は当分、解消されることはないでしょう。

しかし、そんななか、キラ星の銘柄が
大きく下がったときに買いに行く先見の目を持つことが、
投資家にとってかなり重要な素質になります。
というわけで、私のお気に入りの銘柄
太平洋航運の中間決算が発表されたので、
紹介いたします。

【太平洋航運:08年中間決算、2.07倍増益】
香港上場、太平洋航運(タイヘイヨウコウウン)、02343は、
2008年6月期の中間決算を発表した。
純利益は3億3800万米ドル(約365億円)で、
前年同期の1億6300万米ドル(約176億円)の2.07倍となった。
EPS(1株当たり利益)は0.21米ドル、
中間配当は0.76香港ドルを予定している。
売上高は9億1000万米ドル(約983億円)、
前年同期の売上高は4億5500万米ドル(約491億円)だった。

※サーチナ引用


この銘柄との付き合いはもう5年ちかくになりますでしょうか。
かなり長い付き合いをさせてもらいましたが、
投資した金額はすべて配当金で回収してしまいました。
現在、保有している株はつまりタダ株です。

年間の配当率は7%~10%。
現在の株価は10香港ドルといったところですが、
この銘柄も大きく下がったら買い増しにいきたい
超有望銘柄です。

【8月4日のマーケット情報】
20080804_01



スポンサーリンク
中国マーケットはひとまず静観。
オリンピックが終了、落ち着くまで、
何とも手が出しにくい感じはあります。

アメリカは悪いニュースが
コツコツ出始めた感じはやっぱりします。
ある企業が突出した業績を出しても、
マーケット心理が悪ければ株価は低迷。
それは、日本のバブル崩壊後を見れば明らかです。

これは多くの著名人が書いていることですが、
マーケットに投じるお金は、
本当に必要なお金を投じてはいけないということです。
最悪、企業が破綻し、投資した資金がなくなる可能性があることを、
必ず念頭においておくことが必要です。

「投資」にはいろいろな形があるかもしれませんが、
一番投資効率を上げる方法は、
ずばり、お金を「自分に投資」することだと思います。

自分に投資するということは、
勉強をしたり、スキルをあげるということです。
現在の職業よりサラリーが高い職種に転職するために
勉強をする、ストレスを解消するために旅行する
といったお金の使い方もひとつの投資方法です。

「投資」とはあくまで未来に「投資」した以上の
見返りを期待して行うことです。
あなたにとって「投資」とは株式に投資をして、
利益を得ることだけなのか?それともほかに何かあるのか?
ちょっと考えてみるのも良いと思います。

【8月1日のマーケット情報】
20080801_01


脳を活かす勉強法脳を活かす勉強法
(2007/12/04)
茂木 健一郎

商品詳細を見る


スポンサーリンク