こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【ウクライナ:フリブナが大幅安、中銀が介入減らし切り下げ】
ウクライナの通貨フリブナは26日、
1ドル=10フリブナの水準を初めて突破し最安値を更新した。
外貨準備が目減りする中で中央銀行は
自国通貨を防衛するのが困難になっている。
国民は銀行から預金を引き出している。

※ブルームバーグ引用

ウクライナ発の恐慌はないと思いますが、
一時的に、マーケットが大きく下落する局面が、
出てくるかもしれません。
さて、ウクライナが破たんしたら、
どのような影響をマーケットを襲うかを考える。
一番わかりやすいのは、通貨の下落=
ウクライナの人々が海外にでかせぎ・・・
といったところでしょうか。
そうすると、注意すべきはウクライナの周辺各国、
そして、ユーロの値動きでしょうか。

【揺れるビットコイン、マウント・ゴックスを米検察も調査か】
東京が本拠の仮想通貨ビットコイン取引所
マウント・ゴックスが取引停止状態になっていることで、
同業他社は業界の評判を守るために躍起になっている。

※ブルームバーグ引用

おもったより早く暴落しましたね。
とある中央銀行が管理していない通貨は、
やはり邪魔だ!ということで、このような動きは、予想できました。
イラン、北朝鮮もその管轄に入っていないようで、
それぞれ制裁を受けています。
少なくともマーケットは、
見えざる手で、何となく操られている
というのは、感じています。

【2月26日のマーケット】
140226_01



スポンサーリンク