こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【東芝株を15日付で監理銘柄(審査中)に指定=東証】
東京証券取引所は14日、東芝(6502.T)株を15日から
監理銘柄(審査中)に指定すると発表した。
不正会計問題を受け、
特設注意市場銘柄に指定されてから1年半が経過したため。

※ロイター引用

この結果を受けて、東芝は監理銘柄へ。
原子力事業も売却となると、さて東芝に何が残るのか。
政府がこの東芝を何とか守る利点は減り、
JALのように一度破産させて、再出発した方が、
良いのではないかと思います。
しかし、皆さん指摘していますが、これが中小企業であれば、
普通に破綻、場合によっては経営陣は逮捕されてもおかしくありません。
東芝は良くて、どうしてライブドアはダメだったのと聞かれて、
答えられる人は、誰もいません。
こういった点を、公正にするのは、できないのでしょうか。

【北朝鮮の金正恩氏、隠れ見える「冷徹な計算」】
欧州市民にとって、今年の3月は落ち着かない時期だ。
域内のどこを向いても、紛れもない危機の嵐のなかで、
伝統的な安定は崩れつつある。

※ロイター引用

個人的に日本が保有するパトリオット(PAC3)では、
北朝鮮のミサイルは、撃ち落とすことができないと思います。
調べてみると、北朝鮮から発射されてミサイルが
東京に着弾するまで、約10分。
ミサイルが発射された時点で、着弾の解析、
イージス艦隊に迎撃態勢をとっているかは、
軍事機密のため、不明ですが、
おそらくJアラートは、1発目に対しては、
福島第一原子力発電所の際に、
利用されなかったSPEEDIと同じ結果になると思います。
1発目のミサイルが着弾後、米軍と自衛隊が
行動を起こすことになりますが、
その時に、政府機能が失われていないことを祈るばかりです。

【3月14日のマーケット】
170314-01



スポンサーリンク