こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日本株はトランプ相場で最大の下げ、米株安や円高-金融中心に全面安】
22日の東京株式相場はほぼ全面安で、
米大統領選後の最大の下げとなった。
トランプ米政権の政策期待後退による米国株の大幅安や米金利低下、
1ドル=111円台への円高が重なり、銀行や保険など金融株をはじめ、
自動車など輸出関連、鉄鋼など素材株中心に東証33業種中32業種が安い。

※ブルームバーグ引用

ひさしぶりにアメリカマーケット、
日本マーケットともに大きく下落しました。
今年に入って右肩上がりを続けていただけに、
この流れは、まだ続きそうです。
新しい材料がなか、まずは、マーケットが、
どこまで下落するのか?
または、自分が購入したい銘柄が、
ここまで下落したら購入したらよいのではと、
目途を見つける良い機会だと思います。

【米韓両国、北朝鮮に「強力な懲罰的措置」へ-挑発継続なら】
北朝鮮が22日にミサイル発射実験を
再度実施したもようだとの韓国当局発表を受け、
米韓両国は北朝鮮が挑発を続ける場合、
金正恩体制に「強力な懲罰的措置」を取ると言明した。

※ブルームバーグ引用

北朝鮮を、先制攻撃するのは、かなり難しいと思います。
おそらく、北朝鮮にミサイルが着弾した途端、
韓国、日本に核ミサイルが即座に飛んでくる可能性は、否定できません。
そのリスクをとって、アメリカが北朝鮮を先制攻撃するかは、
わかりませんが、北朝鮮を攻撃する前に、
国民に知らせて欲しいです。
そして、戦争に勝利したとしても、その後、
北朝鮮をどのように統治するのか、さらに難民の問題がでてきます。
北朝鮮からの先制攻撃されるくらいならという考えは、
確かにありますが、リスクがあることは知っておくべきですし、
万が一に対して備えることは重要です。

【3月22日のマーケット】
170322-1



スポンサーリンク