こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【ビットコインの急騰、1990年代後半のテクノロジーバブルを圧倒】
世捨て人でないかぎり、ビットコインなど
幾つかのデジタル通貨が今年、
常軌を逸した値動きを示していることに気付いているだろう。
最も知名度の高いデジタル通貨であるビットコインは年初来で358%上昇。
その他の仮想通貨はさらに値上がりしており、
イーサリアムの上昇率は4000%余りに達する。

※ブルームバーグ引用

今年は仮想通貨にとって「元年」となるのか、
それとも終わりの始まりになるかわかりませんが、
ここまで上昇してしまうと、一般の方々は、
なかなか手をだせなくなってしまうのではないでしょうか。
あえて、火中の栗をとりにいなくても、
ここまで上昇してしまえば、もう一度、大きな下落が
あるような気がします。

【「iPhone8」で何が新しくなるのか-「業界初よりも最高」体現】
アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は
今年6月ブルームバーグに対し、
「業界初になろうという焦りはない。われわれが重視するのは
最高であることであり、ユーザーの暮らしを本当に良くするものを
提供することだ」と語った。

※ブルームバーグ引用

iPhoneの新型が出るたびに、もう売れないなど、
悲観的な予想がでるものの、それを覆すのが、
やはりappleのすごいところなんでしょう。
おそらく9月半ばに発表されるiPhone8ですが、
だいぶ今までと形状がかわるということで、
注目しております。

【8月30日のマーケット】
170830-1

スポンサーリンク
【北朝鮮ミサイルが金融市場走り抜けた軌道-実物は日本上空通過】
北朝鮮が日本の上空を通過する弾道ミサイルを29日に発射し、
朝鮮半島で再び緊張が高まりそうだ。
今回のミサイルが金融市場に与えた衝撃の軌道は以下通り。

※ブルームバーグ引用

まずは、日本に着弾しなかったのが何よりでした。
もちろん政府は、北朝鮮からミサイルが発射されることを
事前に知っていたはずですし、本土が狙われていれば、
撃ち落とす可能性もあったと思います。
着弾地点が太平洋とわかったところで、迎撃は見送ったと思いますが、
もし北朝鮮がミサイル発射に失敗し、
日本本土に着弾した時に、政府は、
その後のシナリオは、考えていないと思います。
もう、考えるべきところまで来ていると思います。

【トランプ大統領、最古参の側近と決別-集会での聴衆の少なさに不満】
トランプ米大統領は先週アリゾナ州の集会に出席した際、
大統領が講演を始める前の聴衆の集まりが悪かったことに不満を抱き、
集会を企画・組織した長年の側近ジョージ・ジジコス氏に
二度と依頼しないと別の側近を通じて言い渡した。

※ブルームバーグ引用

側近を次々に解雇しているトランプ大統領、
今後の動向が大変心配ですが、
アメリカは日本に比較して、間違っていることは間違っている、
正しいことは正しいと、きちっと意見が言え、
個々の意見を尊重してくれます。
トランプ大統領が間違った指示を出すとき、
きちっとアメリカ国民(議会)は、ノーと言え、
それをきちっと通す点は、すばらしいと思います。

【8月29日のマーケット】
170829-1

スポンサーリンク
【中国の誤った短期金利データ-人民銀の不透明さ、またも混乱招く】
中国人民銀行(中央銀行)が市場を驚かせる力は
非常に強く、投資家は先週発生した
データのミスについて当初、それが政策シグナルかどうか頭を悩ませた。

※ブルームバーグ引用

以前から言われている通り、
中国政府が出してくる指標は、
かなり怪しいと思った方が良いのかもしれません。
基本、悪い情報を出してこないので、
北京や上海、香港の雰囲気を感じ取りつつ、
海外からの資金の流れを注意深くチェックしていくほか、
ないかもしれません。

【ヘッジファンド、ハリケーン襲来直前に売りポジション増やす】
米テキサス州のエネルギー生産拠点が
2004年以降で最大規模の暴風雨に見舞われる直前に、
ヘッジファンドは原油の売りポジションを増やした。

※ブルームバーグ引用

日本も8月に入ってから
天候不順が続いていますが、
天候によって環境が変われば、
物事の需要と供給が変わってきます。
大型台風による被害ができるだけ
少なければ良いと思っています。

【8月28日のマーケット】
170828-01

スポンサーリンク
【黒田日銀総裁:非常に緩和的な政策、「当面」継続が必要-単独会見】
日本銀行の黒田東彦総裁は
4%の経済成長率が持続する可能性は高くなく、
当面は非常に緩和的な金融政策を続ける必要があると述べた。

※ブルームバーグ引用

きっと黒田日銀総裁は、
総裁を辞任することも同じことを
口にしていると思います。
量的緩和をはじめてから、日本マーケットが
上昇しているから、まだ何とかなっていますが、
日銀が買え支えても日本マーケットの暴落が進んだときに、
日銀が行ってきたことが、負の遺産になります。
どこかで、日銀が株を売らないといけないのですが、
利益が出ているときに売れるのか?
それとも暴落して、しぶしぶ売るのでは大きな違いになります。

【世界有数のビットコイン採掘場の内部を見る-内モンゴルの片田舎】
ビットコインの記録的な高騰は、
仮想通貨経済の中心地となっている中国に利益をもたらしている。
中国には主要な取引所がいくつかあり、ビットコイン採掘で権勢を振るっている。
トム・マッケンジー記者が内モンゴルの巨大採掘場を取材した。

※ブルームバーグ引用

今年7月に起こったビットコインの分裂騒ぎは、
中国発ですが、ビットコインの採掘(マイニング)を行う企業は、
ビットコインの価値の上昇にともない増加することが考えられます。
現在の価値は48万円。
マイニングを行っている社長のいうとおり、
5年後に1100万円になるのでしょうか。

【8月25日のマーケット】
170827-01

スポンサーリンク
【アダルト業界の大物が9位の資産家に-DMM亀山会長の飽くなき起業精神】
メディアには一切顔を出さないことで知られるその男は、
目立たない身なりで現れた。
アダルト動画(AV)配信サイトの成功で財をなし、
今ではネット上でゲーム配信から外為取引、
英会話まで幅広く手掛け、国内有数の
資産家にのし上がったDMMホールディングスの亀山敬司会長(56)だ。

※ブルームバーグ引用

DMMの亀山会長のことを知ったのは、
インベスターZという漫画のなかで
とりあげられたのを読んでからですが、
ネットにもいくつか記事があります。
その中でも、亀山会長・特別講演「中学生諸君へ」
ぜひ、よんでほしいと思います。
これから単純作業がロボットにとって代わる中で、
人間にとっての価値とはということで、下記のようなことを言われています。
人から言われなくても、「これでいいの?」って自分に問いかけてみる。
「何もないところから自分自身に問題を出す」ってことがその力なんだ。

どの仕事でも一番重要なことだと思います。

【カンザスシティー連銀総裁:低インフレでも年内の米追加利上げを予想】
米カンザスシティー連銀のジョージ総裁は、
米経済データが堅調な場合は、
2017年に追加利上げの機会があるだろうと述べた。

※ブルームバーグ引用

トランプ政権が不安定の中、
アメリカマーケットは、よく踏みとどまっているようにみえます。
FRBも現状が続くようであれば、回数は少ないとしても、
もう1度は、利上げをすると思います。

【8月24日のマーケット】
170824-1

スポンサーリンク
【世界市場は上昇局面末期、相関性崩壊が示唆-ウォール街の大手銀行】
モルガン・スタンレーやHSBCホールディングス、
シティグループなどウォール街の大手銀行は、
景気循環の下降を控え世界の市場が
上昇局面の最後の段階であることを示す証拠が増えつつあるとみている。

※ブルームバーグ引用

こういった記事が出てくる間は、
まだマーケットは、上昇を続けるような感じはありますが、
タイヤキのしっぽはマーケットにくれてやれということで、
リーマンショック後、マーケットで利益が出た人は、
資産を守りに入っても良い段階だと思っています。

【ビットコイン懐疑派マーク・キューバン氏、仮想通貨ファンドに投資へ】
資産家の マーク・キューバン氏は、
ビットコインがバブルだという自身の考えが正しいとしても、
仮想通貨ブームに参加することを望んでいる。

※ブルームバーグ引用

仮想通貨、ビットコインがここまで上昇してしまうと、
一度、暴落してからの投資を行いたいところですが、
ビットコインのファンドということであれば、
小遣い程度のお金をコツコツ投資していくのは、
ありだと思います。

【8月23日のマーケット】
170823-1

スポンサーリンク
【第2次朝鮮戦争勃発なら戦火はアジア全域に急速に拡大-地図が物語る】
米紙ニューヨーク・タイムズの委託により
最近実施された調査で、地図上で北朝鮮の位置を見つけられる人たちは
比較的、軍事行動よりも話し合いを支持する傾向にあるという結果が出た。
北アジアの地理を見れば、その理由は一目瞭然だ。

※ブルームバーグ引用

第二次世界大戦後、戦火にさらされていない日本は、
やはり、平和ボケをしているといわれてもしかたがないと思います。
核兵器をミサイルに搭載できないとしても、
記事にある通り、少なくとも化学兵器は搭載できるはずです。
日本が導入しているPAC-3は、
ミサイルをミサイルで撃ち落とす防衛兵器ですが、
何十機と一度にミサイルを撃たれたら、
すべて迎撃するのは、まず不可能。
Jアラートガ鳴った際の訓練は、自分でしとくべきかもしれません。

【ドル・円が上昇、日本株の底堅さや米金利上昇で円売り優勢-109円前半】
東京外国為替市場ではドル・円相場が1ドル=109円台前半に上昇。
日本株の底堅さや米金利の持ち直しを背景にドル買い・円売りが優勢となった。
半面、週後半にジャクソンホールでのシンポジウムを控えて積極的に動きづらく、
北朝鮮リスクへの警戒も続く中、上値は限られた。

※ブルームバーグ引用

流れは円高、アメリカマーケットも
ここ最近では、横ばいが続くようになったように見えます。
バフェット指数も、株の割高を示唆していますし、
あえて、下落しそうな局面で買いに行くのは、
常にチャートとにらめっこができる投資家です。
現在は、静観中です。

【8月22日のマーケット】
170822-1

スポンサーリンク
【ビットコインは18年半ばまでに6000ドル到達も-楽観論強めるリー氏】
ウォール街で株式に最も弱気なストラテジストの1人である
トーマス・J・リー氏は、仮想通貨ビットコインの見通しについては
かなり楽観的だ。

※ブルームバーグ引用

個人的にはマーケットが下落すれば、
ビットコインも下落すると思うのですが、
株が下落すれば、その逃げ出したお金は、
違う金融資産に、流れ込むことになります。
インターネットの出現で、個人でも一瞬で、
キャッシュを様々な金融商品に変換できることが、
できるようになった今、金融商品のトレンドは、
一瞬で変わってしまうのも事実です。

【中国企業による海外資産の買いあさり、終焉か-当局が投資範囲を制限】
中国当局が買収に活発な国内企業による
海外投資の範囲に制限を設ける通知書を公表した。
こうした企業による海外資産買収は
既に今年に入って勢いが鈍化しているが、
今回の通知がとどめとなる可能性がある。

※ブルームバーグ引用

これは、意外と不思議なのですが、
お金に余剰があるときこそ、海外資産を購入、
中国バブルの崩壊に備えることができると思うのですが、
正式な価値を見出すことができず、
余剰にお金を支払いすぎているのであれば、
やはり抑制すべきだと思います。

【8月21日のマーケット】
170821-1

スポンサーリンク
【一部の投資家は金よりビットコインを選好-米モルガン・スタンレー】
ビットコインの急騰で、一部の投資家は
インフレと世界情勢の混乱に対するヘッジ手段として
ビットコインの方が金よりも優れていると考えるようになっているとの見方を、
米モルガン・スタンレーが示した。

※ブルームバーグ引用

今もって、日本では懐疑的な目で
見られている仮想通貨。
ここ最近のビットコインの上昇率は、気になりますが、
世界的に見れば、現金、株、土地、金、
そして次に仮想通貨が、その仲間入りを果たす可能性は、
かなり高いと思っています。

【中国アリババ:4-6月売上高、市場予想上回る-旺盛な国内需要で】
中国の電子商取引会社
アリババ・グループ・ホールディングの
4-6月(第1四半期)売上高はアナリスト予想を上回った。
手頃で品質の良いオンライン商品への国内需要が追い風となった。

※ブルームバーグ引用

中国の土地バブルの動向は、やはり気になりますが、
堅調な企業は、着々と利益をあげています。
前々から、アリババ、テンセントには、
ずっと言及していますが、アメリカのグーグルと同じく、
まだのびると思っています。

【8月17日のマーケット】
170817-01

スポンサーリンク
【米住宅着工件数:前月比4.8%減、集合住宅が大幅減-許可件数も減少】
7月の米住宅着工件数は前月比で減少した。
アパート建設が大きく落ち込んだほか、
一戸建て住宅の着工も小幅に減少した。米商務省が16日発表した。

※ブルームバーグ引用

それでも堅調なアメリカマーケット。
ここまで高くなってくると、
とりあえずの利益の確定をすることと、
利益を確定した後、残りの金額で投資しつつ、
いつでも資金を引き上げられる用意をしておくことです。
これは、同じく、上昇を続けている日本マーケットにも
同じことが言えると思います。

【トランプ米大統領、北朝鮮の選択は「賢明」-ミサイル攻撃見合わせで】
トランプ米大統領は北朝鮮の
金正恩朝鮮労働党委員長が
グアム近辺へのミサイル攻撃を見合わせる選択をしたことを受けて、
同委員長の判断は「非常に賢明」だと述べた。

※ブルームバーグ引用

本当に発車することがないことを
祈るばかりです。
しかし、過去の歴史を紐解くと、
そういった突発的なことがいきなり起こり、
平和な日常が奪われてきています。
万が一に何を備えるべきなのか、
そこは、政府が国民に告知することが必要だと思うのですが、
やはり現政府には難しく、原発事故と同じく
何か起きた後に「想定外」「予見不可能」で終わらすのが
目に見えています。
せめて、事が起きてから対応してほしいですが、
とても残念なことに、それすらできていない現実が
原発事故後の対応で読みとれます。

【8月16日のマーケット】
170815-1

スポンサーリンク
【韓国は戦争阻止に全力-対北朝鮮で外交努力強調】
韓国の文在寅大統領は15日、光復節の演説で、
北朝鮮へのどのような軍事行動も
韓国の承認が必要だと述べるとともに、
いかなる代償を払っても戦争を阻止すると言明した。

※ブルームバーグ引用

北朝鮮とアメリカが交戦状態に陥れば、
間違いなく、日本も参戦、被害を受ける可能性は高く、
韓国も、もちろん、その筆頭です。
もちろん、戦争を回避できれば、
それにこしたことはありませんが、
最悪に備えるというのは必要です。
日本政府は、昔から起こり得る危機から目をそらす
というのが基本的対応ですが、本来であれば、
Jアラートが携帯やテレビで告知されたら、
どのような対応をするかNHKなどは、
報道すべきだと思います。

【ビル・ゲイツ氏が今世紀最大の寄付、5070億円相当-資産額はなお世界一】
米マイクロソフトの共同創業者で資産家のビル・ゲイツ氏が、
自身の財産の5%に相当する保有株を寄付した。
今世紀に入ってからの同氏の寄付金として最高額となった。

※ブルームバーグ引用

下記で紹介する記事の通り、
現在の世界の富は、かなり偏って分配されています。
だからこそ、その富を保有している方々に、
寄付していくということは、これからも
とても重要なことになります。
「世界の大富豪上位8人の資産、下位半分36億人の富に相当」
※ロイター引用

【8月15日のマーケット】
170815-1

スポンサーリンク
【東芝のメモリー事業売却交渉、支払時期など巡り失速-関係者】
東芝が債務超過解消のために進めている
メモリー事業の売却交渉が失速している。
優先交渉先の米ベインキャピタルや産業革新機構から成る
日米韓連合との協議が、
払い込み時期などの条件を巡り行き詰まっている。

※ブルームバーグ引用

二部に昇格させたといっても、
正直、東芝は、一度、解体しないと、
今まで決算の問題で上場廃止になった企業への
示しがつかないと思っています。
建前でいえば、原子力事業を手を放して、
半導体事業に注力すべきなのですが、
政府が今もって原子力からフェードアウトしないところを見ると、
東芝は、原子力を切らないうえで、
倒産させない約束を政府要人としているのかなと思います。

【ビットコインが4000ドル突破、処理速度向上が普及を後押しとの期待で】
仮想通貨ビットコインの価格が初めて
4000ドル(約43万8000円)を突破した。
処理時間の向上がビットコインの普及を加速させるとの期待感が背景。

※ブルームバーグ引用

仮想通貨に投資するうえで、
通貨を選定するのは難しいですが、
やはりビットコインは鉄板だと思います。
前回の分裂騒動が最安値だと考えて、
5年後からみれば、今の価格は安い水準かもしれません。

【8月14日のマーケット】
170814-1

スポンサーリンク
【米国株(11日):上昇、ボラティリティーが低下-緊張緩和の兆候】
11日の米国株は上昇。ボラティリティーを示す指数は低下した。
ここ数日間、米国と北朝鮮の間で好戦的な言葉が交わされてきたが、
市場では落ち着きを取り戻す兆候が見られた。

※ブルームバーグ引用

北朝鮮と米国の関係悪化よりも、
アメリカマーケットの下落は、
今まで上昇してきた中で、
調整が入ってきていると思います。
少なくとも北朝鮮がグアムに
ミサイルを打たなければ、何だかんだで
アメリカは開戦は踏みとどまるはずです。

【鴻海精密:利益が失望誘う、新「iPhone」前で売上高低調】
鴻海精密工業が発表した4-6月(第2四半期)決算では
利益が市場予想の下限を下回った。
この秋のアップルによる新「iPhone(アイフォーン)」発売を前に
世界的にスマートフォン出荷が伸び悩んだ。

※ブルームバーグ引用

いつも新しいiPhoneが出ると、
売れないと言われるのですが、
目標は、突破しているようです。
個人的にデザインが、どんどん悪くなっているのは、
確かですが、今回も売り上げ目標は、達成すると思います。

【8月10日のマーケット】
170813-1

スポンサーリンク
【ビットコインが過去最高値更新、分裂を投資家は気にせず】
仮想通貨ビットコインが過去最高値を更新した。
投資家はビットコインを支える関係者間の
意見の相違による分裂を意に介していないもようだ。

※ブルームバーグ引用

分裂騒動も何のその、
ビットコインは過去最高値を更新。
おそらく、マーケットの暴落とともに、
ビットコインも下落すると思いますが、
仮想通貨そのものが、なくなるリスクは、
かなり低いと思います。

【円来月にも対ドル100円へ、際立つ割安さと円売り投機-野村AM】
円相場は対ドルで、早ければ来月にも
100円程度へ急騰する可能性がある-。
そのきっかけは、米国の政治的な混乱や金融政策見通しの揺らぎだが、
底流にはドル相場が歴史的な規模の下落局面に入りつつある中で、
円がまだ割安な水準に放置され投機的な売りも膨らんでいることがあると、
運用資産が約44兆円に上る野村アセットマネジメントは指摘する。

※ブルームバーグ引用

個人的に一番懸念しているのは、
アメリカの北朝鮮への攻撃です。
アメリカが北朝鮮への渡航を禁じることを発表し、
その準備を着々とはじめたようにも感じます。
アメリカは、イラク戦争同様、突然、
攻撃を始めることになると思います。

【8月7日のマーケット】
170807-1

スポンサーリンク
【木内前日銀委員:国債買い入れは「来年中ごろに限界に達する可能性」】
日本銀行審議委員を5年間務めた木内登英氏は
先月の退任後、初めてインタビューに応じ、
日銀が現在のペースで長期国債を買い続けた場合、
来年中ごろに限界に達する可能性がある、との見方を示した。

※ブルームバーグ引用

政府、日銀は、いつまで、
量的緩和を実行し続けるのかというのは、
とても気になるところです。
いつかは、その量的緩和をやめないといけないときは、
必ず来るわけですが、リーマンショック後、10年間、
堅調に推移してきたマーケットの下落に、
そろそろかけてみてもいいのではないかと思います。

【米雇用統計:7月は20.9万人増、予想上回る-娯楽や製造業で伸び】
米国の労働市場では7月に
市場予想を上回る雇用者の増加がみられた。
失業率は16年ぶり低水準に並び、賃金の伸びも予想を上回った。

※ブルームバーグ引用

雇用統計が良いと、
なかなかマーケットは下落しにくいと思います。
しかし、マーケットの急落はいつも突然です。
こういった地合いは、自分が投資している銘柄を売って、
すぐキャッシュにできるようにしたほうが良いです。

【8月4日のマーケット】
170806

スポンサーリンク
【中国、人民元の相場変動見守る用意を示唆か-将来的には変動幅拡大も】
人民元の数カ月にわたる漸進的上昇を監視してきた中国当局は今、
これからは市場に手を出さず、
相場の変動を見守る用意があることを示唆している。

※ブルームバーグ引用

といっても中国政府は、
マーケットや為替が暴落するような場面では、
台風でも何でも理由をつけて
マーケットを閉鎖する可能性が高いと思います。
中国マーケットもリーマンショック以降、
大きな下落に至っていません。
もちろん、そういった局面がこないことを願いたいですが。

【日本株3日ぶり反発、決算評価で空運や銀行中心上げる】
1日の東京株式相場は3営業日ぶりに反発。
好決算銘柄を買う動きが優勢となり、
今期利益と配当計画を上方修正した日本航空など空運株、
4ー6月期純利益が3割増の三井住友フィナンシャルグループなど
銀行株中心に上げた。

※ブルームバーグ引用

日本マーケットのリスクは、やはり為替です。
円高を円安にすることで、
日経平均を上昇させた安倍政権と日銀ですが、
為替そのものが円高になれば、
その逆に進むのは間違いいありません。

【8月1日のマーケット】
170801-1

スポンサーリンク