こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【円全面高、北朝鮮情勢警戒でリスク回避再燃-対ドルで1週間高値】
東京外国為替市場では円が全面高となり、
対ドルで1週間ぶり高値を付けた。
北朝鮮が9日の建国記念日前に大陸間弾道ミサイル(ICBM)を
発射する可能性が報じられ、リスク回避に伴う円買いが再燃した。

※ブルームバーグ引用

やはり9日に、北朝鮮が何かしらの行動を
起こすことになりそうです。
もちろん、こうなると、マーケットは様子見で、
円高、株安が続く展開になります。
なかなか下落しなかったアメリカマーケットも本日は軟調。
北朝鮮のICBMが日本やアメリカ本土に着弾しなければと思いますが、
日本政府においては、日本で被害がでないかぎり、
何もできないのが本音だと思います。

【ノルウェー政府年金基金、円建て債保有見直し-債券指数で除外も】
ノルウェーの政府系ファンド (SWF)、
政府年金基金グローバル(運用資産額9800億ドル=約107兆円)は、
3330億ドル相当の債券ポートフォリオの全面的な見直しを政府に提案した。
株式の保有高を拡大するなど流動性の高い資産への投資を強化する中で、
円建て債と新興市場債、社債については減らすよう勧告した。

※ブルームバーグ引用

日本もお金があるうちに、ノルウェー政府年金基金のような
運用組織を設立し、しっかり年金を運用してほしいですが、
記事の中で、円建て債を減らすというのは注目すべきです。
今年の3月には、日本株の比率も減少させているだけに、
まだ日本マーケットは、高いですが、ここらへんで、
日本マーケットの投資から、一度、手を引いた方が
良いと思っています。

【9月5日のマーケット】
170905-1

スポンサーリンク