こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【国債利回りは1950年代以来の低水準へ-PIMCOなど追加緩和観測】
債券投資家の間では、
バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が
新たな資産買い取り策を通じて
米国債利回りを1950年代以来の水準に
低下させるとの見方が強まっている。

※ブルームバーグ引用

経済学の観点から見れば、
株式と債権は相反するもの。
債権の利回りが落ちれば、
企業は銀行からお金を借りやすくなり、
マーケット(株式)にも資金が入りだす・・・はず。
しかし、日本のように、なかなか資金は回らない。

さらにアメリカが金利を引き下げるのであれば、
円高、ドル安がさらに進む可能性があります。

【小沢氏勝利なら金利上昇を予想、専門家-あす民主代表選で菅氏と対決】
あす投開票の民主党代表選は、
優位に立つ菅直人首相を小沢一郎前幹事長が
追い上げる形になっていると報じられているが、
市場関係者や専門家の間では
積極財政派の小沢氏が勝利した場合、
金利上昇などの影響が出るとの指摘がある。

※ブルームバーグ引用

1年で総理が3年変わる国に未来があるのか?
政治の世界は、私たち国民と、
まったく違う世界で
起こっているように感じてしまうのは、
かなり危険な状態のような気がします。
事が起こってからでは遅いわけです。

【9月13日のマーケット情報】
100913_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1002-bc965f33