こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【ハンセン指数、約1カ月ぶり大幅安-銀行株に売り】
香港株式市場では、ハンセン指数が下落。
この1カ月余りで最大の下げとなった。
銀行株や不動産銘柄が売られたほか、
原油・金属価格の下落を受けて鉱業株も値下がりした。

※ブルームバーグ引用

ひさしぶりに、下げらしい下げ。
ここで一息つくのか、
それとも、一時の休憩、スイッチバックか、
ちょっと危惧しているのは、
今回、起きた半日デモに参加している、
就職ができていない若い人々。

現在、中国はうまく教育に反日教育を盛り込み、
国内の不満を反日に転化して、逃れているような
気もしないのではないのですが、
問題は、この政策がいつまで続けることができるか。

日本でも若者の就職先がないことで、
今年、そして来年も問題になりそうですが、
経済を活性化させるには、雇用です。

【円が全面高の様相、ユーロ下落で約3週間ぶり高値-介入不透明感も】
東京外国為替市場では円が
主要通貨に対して全面高の様相となった。
先週末に続き、米国の追加金融緩和期待を背景に
これまで対ドルで買われてきたユーロや
オーストラリア・ドルなどを売る動きが優勢で、
円にも買い圧力がかかる格好となった。

※ブルームバーグ引用

中国株もそうですが、
海外の株を円で買うとなると、
どうしても避けることができない為替。
日本の将来を見据えたとき、
この円高の状況は、長期で見たら続くとはない。
つまり、円高のピークで有望な国の通貨を
購入できれば、
それだけで利益が出せる可能性があります。

【10月17日のマーケット情報】
101018_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1024-2f67d293