こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【ロンドン外為:円下落、介入観測-仙谷氏が財務事務次官と意見交換】
26日の外国為替取引で、円はドルに対する15年ぶり高値から下落。
介入への警戒から下げた。
仙谷由人官房長官は同日午後の会見で、財務事務次官と世界経済、
為替を含めてどう動くか意見交換したと述べた。円は対ユーロでも下落している。

※ブルームバーグ引用

とりあえず介入せずのけん制。
しかし、円高はまだまだ続くと思っています。
今の世界マーケットの状況から見て、
まだまだ行くと思っています。

【ドル軟調は数年続く、信用の需要減少が重しに-UBSデイビーズ氏】
ドルの軟調は今後2、3年は続く可能性が高いとの見通しが、
UBSグローバル・アセット・マネジメントから出された。
米国の消費者や企業が債務を返済し、
信用の需要が減少し経済の重しになることが理由という。

※ブルームバーグ引用

問題は、どこで世界の景気、
特に欧米が転換するかということ。
この見通しが立たなければ、
世界のマネーは安全資産に集まるわけです。
もちろん日本の財政状態もいいわけではないですが、
あれを買うよりは・・・というわけで買われているわけです。
金が買われているのも同じ理由かと思います。

【中国の輸出、来年は安定的な伸びとなる公算大-新華社】
中国は来年、輸出の伸びが安定し、
輸入が「比較的大きな増加」になる可能性が高いと、
国営の新華社通信が26日、陳徳銘商務相の発言として報じた。
同相が広東省での貿易見本市で述べたという。
新華社によれば、陳商務相は商品価格上昇と米
ドルの「抑制のない」発行により、
中国企業が引き続き困難に直面しているとも指摘。
中国の国内市場は将来、日本を抜き
世界2位の規模になるとも話したという。

※ブルームバーグ引用


中国の不動産バブルが、
ソフトランディングを目指してくれれば、
理想的な安定的な成長が見込めると思います。

【10月26日のマーケット情報】
101026_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1030-2ac55869