こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【バフェット氏が固定金利債発行にシフト-長期的に金利上昇との認識か】
著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる
米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは、
変動利付き債の借り換えで社債15億ドル(約1230億円)を発行した。
新発債の大半が固定金利債。
国債利回りが上昇し、米経済が改善の兆候を示しているときだけに、
バフェット氏の固定金利債へのシフトが注目を集めている。

※ブルームバーグ引用


というわけで
バフェットさんはアメリカの金利上昇を予測中。
アメリカの金利が上昇=株価の上昇と
簡単に行けばいいのですが、
ドルの信用失墜、金利の上昇であれば、
インフレと通貨の下落の二重奏・・・。
まだ、アメリカ経済が健全になったとはいえないと思います。

【英HSBC:中国事業、引き締め政策の影響は受けてない-RTHK】
英銀HSBCホールディングスの中国事業は、
同国の経済引き締め政策により影響は受けていないもようだ。
香港のテレビ局RTHKが
同行中国部門のビンセント・チェン会長の話を基に報じた。
HSBCは中国でさらに支店を開設する計画という。

※ブルームバーグ引用

日本でも裕福層向けに
口座開設を行っているHSBSですが、
中国の裕福層の規模を考えると
まだHSBSが今後も成長続けると思います。

【1月4日のマーケット情報】
110104_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1074-0e86ca93