こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【米国株(11日):上昇、エジプト大統領辞任などを好感】
米株式相場は上昇。
週間ベースでは2週連続高となった。
エジプトのムバラク大統領辞任や、
米消費者マインド指数が
8カ月ぶりの高水準になったことを背景に、
世界的な景気回復に対する楽観が強まった。

※ブルームバーグ引用

エジプトのムバラク大統領の辞任発表で、
マーケットは小康を保っていますが、
エジプトにとっての本当の試練はこれから。
失業問題など、現在の混乱をどのように鎮静化するか。
ゆっくり民主化が進めば良いと思いますが、
イスラム原理主義派に傾くと、
中東の情勢が不安定になり、原油の供給など、
滞りが出てくる可能性があります。

【通貨は波乱含み、債券トレーダーは農業に転職せよ=ジム・ロジャーズ氏】
名な投資家であるジム・ロジャーズ氏は1月30日、
東京・九段下で開催された「2011年グローバル・マーケット・セミナー」
(主催:BizAsset)で講演し、
「債券市場はベア・マーケット(下落相場)が続く、
債券トレーダーやディーラーは転職した方が良い。
代わりに国際的に深刻な食糧不足から
食品価格の上昇が期待される農業に就けば幸せになれる」と
独特の語り口で、世界の市場見通しを語った。主な発言は以下のとおり。

※サーチナ引用

世界的にインフレが進んでいる中、
余剰資金がある方は、長期を見据えて、
今のうちに対策を、いろいろ考え、
行動にうつす必要がある時期にきています。

【2月11日のマーケット情報】
110213_01


【2月10日のマーケット情報】
110210_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1101-07346537