こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【原油:北海ブレント120ドルに迫る、NY103ドル超-リビア情勢緊迫化】
ロンドンの北海ブレント原油先物相場は24日、
1バレル=120ドルに迫った。
リビア情勢の緊迫化で、アフリカ3位の産油国である
同国からの供給が細っているとみられる。

※ブルームバーグ引用

リビアの情勢が良くなる兆しが見えません。
このまま行けば、原油価格は、今年、
今までの最高値を更新する可能性が出てきます。
もちろん、リビアの現政権が倒れても、
国内の混乱は続くわけで、原油価格の値上がりは、
まず、止まることはないでしょう。

【ハンセン指数、5カ月ぶり安値-輸送関連株が下落】
香港株式相場は下落。
ハンセン指数は5カ月ぶりの安値水準で引けた。
原油相場の上昇が嫌気され、航空・海運銘柄が売られた。
香港最大の航空会社、キャセイ航空(293 HK)は1.4%下落。
リビアの政情不安を受け原油相場が約2年半ぶりの高値に達する中、
燃料コストが上昇するとの観測が強まった。
時価総額でアジア最大の海運会社、
中国遠洋運輸集団(コスコ・ホールディングス、1919HK)は2%安。
コンテナターミナル運営の中遠太平洋(コスコ・パシフィック、 1199 HK)も3.5%下げた。

※ブルームバーグ引用

こちらも原油を燃料とする産業が、
軒並みに下げました。
航空会社は元高の恩恵がある銘柄だと思うのですが、
飛行機の燃料が上がってしまえば相殺。
原油が高くなることで、儲かる産業を考えるのが、
今後、投資する上で一つのポイントになると思われます。

【2月24日のマーケット情報】
110224_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1110-2b4fc5cf