こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【円全面安、対ドルで半年ぶり85円台、欧米金融政策との方向性に格差】
東京外国為替市場では円全面安の展開が続き、
対ドルでは約半年ぶりに1ドル=85円台へ下落した。
欧米で金融政策の正常化観測が強まる一方、
日本では東日本大震災による景気下振れや金
融緩和の長期化の可能性があり、
金融政策の方向性の違いが円売りにつながった。

※ブルームバーグ引用

個人的な予想は、
円高に進むと思っていたのですが、
どうも風向きが怪しくなってきました。
上記に紹介した記事に書いてある通り、
欧州中央銀行が明日、利上げをすれば、
円を取り巻く環境は変わります。

何よりも日本は今回の大震災の影響が、
地震だけでなく、原発危機、そして停電と、
以前の阪神大震災の復興より、
どうしても時間がかかります。
とあれば、アメリカ、EUの通貨下落と、
日本の通貨下落を考えると、日本のほうが
さらに下がりそうだという予測はなんとなくできます。

ただし、以前も書いたとおり、
EU加盟国、ポルトガル、スペインには、
国債の償還が控えています。
この結果によっては、ドル、ユーロ、円、
どちらに天秤が傾くのかは、神のみぞ知るといったところです。

【香港株(終了):上昇-人民銀の利上げで中国保険株が高い】
香港株式相場は上昇。
ハンセン指数がこの3カ月で最も長い連続値上がりとなった。
中国人民銀行(中央銀行)が政策金利を引き上げたことを受け、
利益見通しが改善した中国保険株などが買われた。

※ブルームバーグ引用

銀行、保険は金利の上昇によって
利益が上昇する。
もちろん、健全な企業であればなおさらです。

【4月6日のマーケット情報】
110406_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1138-591e657a