こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【チェルノブイリ事故との比較】
チェルノブイリ事故の健康に対する影響は、
20年目にWHO, IAEAなど8つの国際機関と被害を受けた3共和国が合同で発表し、
25年目の今年は国連科学委員会がまとめを発表した。
これらの国際機関の発表と福島原発事故を比較する。

※首相官邸災害対策ページ

大事なことなので下記、
前文ページをコピー。
なら、なぜ原発周辺の人々を避難させる必要がある?
これを読んだとき、避難している人々は何を思うか?
完全に発表と矛盾しているわけです。
どちらにしても、被害がわかるのは、
これから数年後・・・。

1. 原発内で被ばくした方
*チェルノブイリでは、134名の急性放射線傷害が確認され、
3週間以内に28名が亡くなっている。
その後現在までに19名が亡くなっているが、放射線被ばくとの関係は認められない。
*福島では、原発作業者に急性放射線傷害はゼロ、あるいは、足の皮膚障害が1名。

2. 事故後、清掃作業に従事した方
*チェルノブイリでは、24万人の被ばく線量は平均100ミリシーベルトで、健康に影響はなかった。
*福島では、この部分はまだ該当者なし。

3. 周辺住民
*チェルノブイリでは、高線量汚染地の27万人は50ミリシーベルト以上、
低線量汚染地の500万人は10~20ミリシーベルトの被ばく線量と計算されているが、
健康には影響は認められない。
例外は小児の甲状腺がんで、汚染された牛乳を無制限に飲用した
子供の中で6000人が手術を受け、現在までに 15名が亡くなっている。
福島の牛乳に関しては、暫定基準300(乳児は100)ベクレル/キログラムを守って、
100ベクレル/キログラムを超える牛乳は流通していないので、問題ない。
*福島の周辺住民の現在の被ばく線量は、
20ミリシーベルト以下になっているので、放射線の影響は起こらない。

一般論としてIAEAは、
「レベル7の放射能漏出があると、広範囲で確率的影響(発がん)のリスクが高まり、
確定的影響(身体的障害)も起こり得る」としているが、
各論を具体的に検証してみると、上記の通りで福島とチェルノブイリの差異は明らかである。

長瀧重信 長崎大学名誉教授
    (元(財)放射線影響研究所理事長、国際被ばく医療協会名誉会長)
佐々木康人(社)日本アイソトープ協会 常務理事
    (前 放射線医学総合研究所 理事長)


下記のような発言もあるのも重要

【原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」】
東京電力の福島第1原子力発電所の深刻な事故を受け、
政府の原子力安全委員会の歴代委員長を含む
原発推進派学者の重鎮たちが原発の
「安全神話」崩壊に懺悔を繰り返している。
特に元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や
前原子力委員会委員長代理の田中俊一氏ら
原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言を行った

※J-CASTニュース

プラスのニュース以外に、
マイナス(最悪を想定した)ニュースを流すことも
政府の仕事だと思っています。

スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1146-8d03083d