こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【ECB:政策金利を据え置き、来月は利上げか-危機でも正常化へ】
欧州中央銀行(ECB)は9日、政策金利を据え置いた。
トリシェECB総裁は来月の利上げを示唆する公算が大きい。
ECBはフランクフルトで定例政策委員会を開き、
短期金利の調節手段である短期買いオペ
(売り戻し条件付き債券買いオペ=レポ)の最低応札金利を
1.25%に据え置くことを決めた。
ブルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査でも、
52人全員が据え置きを予想していた。

※ブルームバーグ引用

ここで金利を引き上げるのは、
いくらインフレが進んでいるからといって、
とても厳しい。
来月の利上げも、たぶん見送るはずです。
ギリシャの状況は、さらに悪化していることを予想します。

【ギリシャ債再編、投資家の自発的参加は「想像し難い」-ムーディーズ】
格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、
ギリシャ債保有者による債務再編への自発的な参加は
「想像し難い」とした上で、
同国がデフォルト(債務不履行)に陥れば
ポルトガルとアイルランドが
支払い義務を果たせなくなるリスクが高まると指摘した。

※ブルームバーグ引用

マーケットは次の流れを
すでに予想しているわけです。
ギリシャを危機から救い出すには、
ユーロ債の発行など、
かなり抜本的なところから、
やならければいけないと思うのですが、
何せ、残された時間が少なくなりつつあります。

【6月9日のマーケット情報】
110609_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1182-6cbd18c9