こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【香港株(終了):上昇、ギリシャ危機懸念が後退-HSBCが高い】
香港株式相場は上昇。ハンセン指数が6営業日ぶりに反発した。
ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のユンケル議長
(ルクセンブルク首相兼国庫相)の発言を受けて、
ギリシャ債務危機の解決策が見いだせるとの見方が広がり、
同国のデフォルト(債務不履行)懸念が後退した。

※ブルームバーグ引用

香港マーケットも久々に上昇。
しかし、ギリシャ国債を何とか引き受けようという、
協調路線をEUは選択できるのでしょうか?
問題は、紙屑になりつつある
ギリシャの国債をEUの人々が持つことができるのか?
ということです。

【ギリシャ救済第2弾:国債の64%をEU諸国とIMF、ECBが保有も】
ギリシャ金融支援パッケージの第2弾が実行された場合、
ギリシャ国債の64%を欧州連合(EU)加盟国の納税者と
欧州中央銀行(ECB)、国際通貨基金(IMF)が保有することになると、
調査グループ、オープン・ヨーロッパが試算した。

※ブルームバーグ引用

もちろん、ギリシャを救済するのであれば、
第二の機関がギリシャ国債を期限を設けて管理、
その間にギリシャは財政を健全化させなければいけません。

【6月21日のマーケット情報】
110621_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1191-0520d405