こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【野村とドイツ銀が欧州株に強気-ギリシャ支援固まり景気リスク後退】
ドイツ銀行と野村ホールディングスが欧州株に強気に転じた。
世界の経済成長に対するリスクが後退している今は欧州株の買い時だという。
ドイツ銀は欧州株に関する「戦術的見解」をポジティブに引き上げ、
野村は投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウエート」に変更した。
両社の株式ストラテジストが今月3日と1日付リポートで明らかにした。
野村は米国株を売って欧州株への投資を増やす戦略を勧めている。

※ブルームバーグ引用

というわけで、本日は、世界マーケットは上昇。
ドイツ銀行がこのような発言をするのは、
とりあえず、ギリシャの破綻までには、時間がかかる
ということが確定した体と思います。

つまり、今までデフォルト前提で売られて株が、
とりあえず、上昇する、これは見込めると思います。
問題は、どこまで価格があがり、どこで反転してしまうのか、
とうことですが・・・。

【ギリシャの債務借り換えは「選択的デフォルト」の可能性-S&P】
格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は4日、
ギリシャ国債保有者を同国債のロールオーバー(借り換え)に
応じさせるフランス案が実施された場合、
同国の債務を格付け定義上の「
選択的デフォルト(債務不履行)」とみなす可能性があると発表した。

※ブルームバーグ引用

こういったニュースも出てくれば、
もう素人投資家にとっては、何のことだか・・・
ということになります。
わからないときは、マーケットから離れる、
何度もここで書いていることですが、
投資で一番大事なのは
投資した資金を「減らさないこと」です。

【7月4日のマーケット情報】
110704_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1200-c336c0ef