こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【円が対ドルで約4カ月ぶり高値から反落、一時78円台突入で警戒感】
東京外国為替市場では、
円が対ドルで4カ月ぶりに高値から反落した。
欧州債務危機の拡大を背景にリスク回避の流れが強まるなか、
円は早朝に1ドル=78円台へ急伸したが、
急激な円高に対する警戒感もあり、その後は上昇が一服。
中国の経済指標が予想を上回り、
世界景気の先行き懸念が和らいだことも、
リスク回避に伴う円高圧力の緩和につながった。

※ブルームバーグ引用

このまま、どこまで円高が進むかはわかりませんが、
震災時の日欧米の介入ラインは、76円25銭。
タイヤキのしっぽと頭は、というわけで、
78円台、77円台でドル円のLなんてどうでしょうか?
もちろん、レバレッジはかけすぎず。

【バーナンキFRB議長:刺激策が必要なら「対応する用意」】
米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は、
景気に失速のリスクが見られた場合には、
金融当局は米国債の買い増しを含めさらなる行動を取る用意があると述べた。

※ブルームバーグ引用

8月2日、アメリカが米国債の購入限度を
引き上げないときは、マーケットは暴落。
さすがに、議員さんたちも、この法案は通すと見ていますが、
何が起こるかがわからないのが、現世。

アメリカの借金のスケールを考えると、
借金をチャラにするような
昔のニクソン・ショックのような
とんでもない発表が大統領からあるかもしれない、
という可能性も否定はできません。

【菅首相:原発ない社会目指す、段階的に依存度下げる-解散は否定】
菅直人首相は13日夕、官邸で記者会見し、
東京電力福島第一原子力発電所事故を受け、
今後の日本のエネルギー政策について
原発への依存度を計画・段階的に引き下げ、
将来的には原発がなくなっても
可能な社会を実現させたいとの考えを明らかにした。
衆院を解散し、こうしたエネルギー政策の転換を争点に
選挙を行うとの見方は否定した。
※ブルームバーグ引用

いきあたりばったり総理の発言でも、
これは、私も支持します。
先が短い総理の発言が本当に事実になるかは別にしてですけどね。

3月11日の地震以来、原発に対する見方は変わり、
一度、事故が起これば、
その周囲は何十年と住めなくなるというリスクは、
原発のコストが安くても、とりにくい。
そして、今なお、福島第一原発は収束せず。
現時点においても放射性廃棄物を処理できない現実。
穴を掘って埋める計画も滞っている。
次世代に処理できないゴミを残すのはどうなのか?ということです。

【7月13日のマーケット情報】
110713_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1207-9c41799c