こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【ロンドン外為:円は1ドル=76円台、フランは中銀声明受け下落】
10日の外国為替市場では、円が上昇。
米連邦公開市場委員会(FOMC)が
記録的低金利をさらに2年間維持すると表明したものの、
世界成長の持続を投資家が納得するには至らず、
安全資産需要は依然として根強い。

※ブルームバーグ引用

さすがに本日は下げすぎたリバウンドで上昇。
しかし、アメリカ、FOMCの低金利継続の発表も、
日本という前例があるだけに、どれだけのカンフル剤になるかは未知数。
何よりも、円高が進んでいる理由は、
ドル、ユーロからの逃避が進んでいるわけで、
大きな流れは変わっていません。

【香港株(終了):ハンセン指数、9カ月ぶり大幅高-FRB政策を好感】
香港株式相場は上昇。
ハンセン指数が9カ月ぶりの大幅高となった。
米連邦準備制度理事会(FRB)が向こう2年は
政策金利を過去最低水準で維持するとの方針を表明したことを受け、
輸出関連銘柄と資源株が上昇した。

※ブルームバーグ引用

中国マーケットもリバウンド。
当分、中国マーケットは、
ジェットコースター的な動きが続くと思います。
何よりも現時点でDOWは300ドル以上の下げ。
アメリカマーケットが下落すれば、円高、ドル安、
香港マーケットは下落。

リーマンショックの下落のように、
アメリカ、または欧州の大手金融機関の破綻が、
大きなマーケットの下落の引き金にならなければと思っています。

【8月10日のマーケット情報】
110810_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1228-22391e7b