こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【ユンケル議長:国民投票が否決の場合ギリシャのデフォルト排除せず】
ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)の
ユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)は1日、
ギリシャが国民投票で最新の救済パッケージを否決すれば
同国がデフォルト(債務不履行)する可能性を
排除できないとの認識を示した。
RTLラジオのインタビューに応じた。

※ブルームバーグ引用

【ギリシャ国民投票の「ギャンブル」、ユーロ圏は仰天-収束さらに遠のく】
5日前にやっと取りまとめられた救済策について
国民投票を実施しようというギリシャの「ギャンブル」に、
ユーロ圏諸国は不意を突かれた。債務危機の収束にまた障害が増えた。

※ブルームバーグ引用

1日の日本の介入の影響によって、
一時111円台をつけたユーロが、
現時点で107円の水準・・・。
ギリシャの財務相が国民投票の件について
知らなかったというのも衝撃的なニュース。

デモを繰り返している
現在のギリシャの国民が冷静な判断ができるのか?
ある意味、EUの未来をかけた国民投票になりそうです。

【香港株(終了):続落、中国製造業PMI低下が重し-チャルコ下落】
香港株式相場は続落。
ハンセン指数の2日間を合わせた下落率が
約1カ月ぶりの大きさとなった。
中国の製造業活動を示す指数が
2009年以来の低水準となったことが響いた。

※ブルームバーグ引用

あれだけあげればね・・・という感じで下落中。
結局、EU内でソブリン債危機を乗り越えられない場合、
結局、負担するのは、中国であり日本であったりするわけです。
上記に書いたように、ギリシャの国民投票で、
救済策が否決された場合、最悪の状態になって、
最後の最後に、中国と日本が動く
・・・というシナリオになると思います。

【11月1日のマーケット情報】
111101_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1287-bb7fc5d0