こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【スペイン入札、31.6億ユーロ発行、目標上限に届かず-利回り上昇)】
スペイン政府は15日に入札を実施し、
12カ月物と18カ月物証券、計31億6000万ユーロ(約3300億円)相当を発行した。
目標上限は35億ユーロだった。
流通市場の国債利回りが上昇する中で、
平均落札利回りは前回の入札時を上回った。

※ブルームバーグ引用

やはり、ギリシャ、イタリア、スペインが
厳しい状態にあります。
ユーロの価格も、日本が介入した際は、
一時的に111円をつけましたが、現在では104円台、
多少、値の上下はありますが、
このまま、ゆっくりユーロ安が進むと思います。

【欧州、戦後最大の危機に直面=メルケル独首相】
ドイツのメルケル首相は14日、ユーロ圏ソブリン債問題により、
恐らく戦後で最も厳しい危機に陥ったとの認識を示した。
首相は、キリスト教民主同盟(CDU)党員に対し
、通貨ユーロが崩壊すれば欧州も崩壊する事態になることを懸念すると発言。
このような事態を回避するため、できる措置を全て講じると言明した。
また金融取引税、銀行課税、ショートセリング(空売り)禁止といった措置を、
少なくともユーロ圏全体で実施していく必要があるとの見解をあらためて示した。

※ロイター引用

今さらですが、そのとおり。戦後最大の危機ですね。
「ショートセリング(空売り)禁止」
いずれ、こちらは、ほぼ間違いなく実施されると思います。
しかし、どこを着地点にしようとしているのか
いまだにそれが見えてこないからこそ、
混乱が続いていると思います。

全員が助けることができないのであれば、
全滅するのを待つのではなく、
現時点で、助けられる国は助けるべきだと思うのですが、
現状のままだと全滅シナリオです。

【11月15日のマーケット情報】
111115_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1297-ad3c0bed