こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【イタリア、7%台の国債利回りに数年は耐えられる公算-BIS四季報】
国際決済銀行(BIS)はイタリアについて、
債務の残存期間が比較的長いことが
国債利回りの記録的上昇の影響を緩和し、
少なくとも今後数年は借り入れコストの上昇を
持ちこたえることができるとの見通しを明らかにした。

※ブルームバーグ引用

こういった記事が出てくると、
そろそろ本当にやばいのでは?と思ってしまいます。
国債の金利が7%・・・金利が高いのは、
高くしないと売れないからです。
では、もし7%以上になったらどうでしょう?
この記事は7%以上になったら耐えられなくなる
と暗に示していることになります。

【香港株(終了):下落-ムーディーズがEU加盟国の格付け見直し方針】
香港株式相場は下落。
イタリアとフランスの証券入札が控えていることに加え、
米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが
欧州連合(EU)加盟国の格付けを見直す方針をあらためて示し、
EU首脳会議での債務問題に関する協議進展に伴う楽観論を打ち消した。

※ブルームバーグ引用

日本の円への介入、EU首脳陣などのサミットなどで
一時的にユーロは高くなるかもしれませんが、
トップ達の相違が「合意」としか出てきてていない状況を見れば、
EU加盟国の国債の格付けは少しずつ下げられて、
いずれ、耐えることができない臨界点がきます。
やはり、最後に正しいのはマーケットの判断となるはずです。

【12月12日のマーケット情報】
111212_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1316-db523f80