こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【ユーロが上昇、下落スピード警戒で売り一服-ドル・円は76円台後半】
東京外国為替市場は、
ユーロ売りが一服した海外市場の流れを引き継いだ。
欧州債務危機を背景とした域内の景気懸念や
金融緩和観測が根強い中、ユーロは前日の取引で、
円に対して約11年ぶりの安値を付けたものの、
急速な下落スピードに警戒感が生じ、
一段のユーロ売りが出にくい格好となった。

※ブルームバーグ引用

やはり下げるペースが速すぎた・・
ということで、ユーロはやや上げ。
しかし、今のところ下げ基調に代わりはありません。

【香港株(終了):上昇-中国の金融緩和観測と欧州の危機対応強化で】
香港株式相場は上昇。
ハンセン指数が終値ベースで約1カ月ぶりの高値で引けた。
中国当局が金融政策を緩和するとの観測に加え、
欧州首脳が域内債務危機の収束に向けて
取り組みを強化していることが好感された。

※ブルームバーグ引用

取り組み強化というポーズだけで、
マーケットが上昇するのであれば、
こんな楽なことはありません。
毎日、この手のニュースを読んでいると、
プラスにもマイナスにもいかように
記事はかけることを痛感します。

例えばマーケットがマイナスであれば、
「欧州首脳が域内債務危機の収束に向けて
 取り組みを強化しているが具体策はなく失望売りが進んだ」
簡単ですよね?

【1月10日のマーケット情報】
120110_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1333-2f78160e