こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【フランス「AAA」格付け1段階下げ、ドイツは維持-米S&P発表】
格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は
フランスとオーストリアの最上級格付けを引き下げた。
ユーロ圏で安定的な「AAA(トリプルA)」格付けを有する国は
ドイツのみとなった。
S&Pは、各国首脳による域内債務危機封じ込めの取り組みが
依然不十分であると警告した。

※ブルームバーグ引用

いくつか格付け機関がありますが、
今後、S&Pの後追いをするところが出てくるはず。
個人的では、格付け機関をあまり信用していないのですが、
今回のソブリン債危機に発する欧州各国の格付けを下げるのが、
遅すぎたのでは?と思っています。
まだまだ膿は出し切っていないだけに、
ユーロはまだまだ下がりそうです。

【フランス大統領選:サルコジ氏支持率、ルペン氏辛うじて上回る-調査】
大統領選を約4カ月後に控えたフランスでは、
サルコジ大統領の支持率が移民排斥などを主張する
国民戦線(FN)のルペン党首を
わずか2ポイント上回る水準にとどまっている。
同国誌パリ・マッチがIFOPに委託した世論調査で明らかになった。

※ブルームバーグ引用

そして、もし、フランス大統領選で、
サルコジ氏が敗れるようなことがあれば、
ユーロはさらに下落するはず。
世界マーケットにとっても
ユーロが大きく下落するのは、
好ましくないようですが、崩壊一歩手前です。

【1月13日のマーケット情報】
120115_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1337-b1de51e1