こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【独首相、共同債への反対強固に-米大統領は危機終息求める】
ドイツのメルケル首相が
ユーロ共同債への反対姿勢を強める一方、
オバマ米大統領は欧州首脳が金融危機の終息で
十分に行動していないとの見解を示した。

※ブルームバーグ引用

オバマ大統領もわかっているんでしょう。
着々と進んでいるソブリン債危機を食い止めるには、
やっぱり、欧州共同債の発行しかないことに。
これを実現できないと、ユーロに加盟している国々に
供給できるユーロがなくなり、危機に陥った国は、
自国の通貨を発行せざるしかなくなります。
通貨を切り下げることによって、
他国からの投資を招き、外貨を得るのがセオリーです。

【スペイン首相:われわれは危機にひんしていない】
スペインのラホイ首相は2日、
アナリストや投資家に対して
同国の金融情勢に関する「不合理」な見方を抑制するよう求めた。

※ブルームバーグ引用

自国が危機に陥っていると、
発表できる国のトップはほとんどいないでしょう。
危機に瀕しいることが事実だとしても
政治家は「危機にひんしていない」と言い続ける。
本当にダメになったとき、手遅れになったとき、やっというのです。
ダメでしたという過去形で・・・。
これも歴史が証明しています。

【米国株:ダウ平均、年初来の上げを消す-雇用統計などを嫌気】
米株式相場は昨年11月以降で最大の下げとなった。
雇用者数が1年ぶりの低い伸びにとどまったほか、
世界的に製造業活動の減速が示されたことが手掛かり。
ダウ工業株30種平均は年初来の上げが帳消しとなった。

※ブルームバーグ

世界経済のメインエンジン、
アメリカが何とか復活してくれればと思ったのですが、
アメリカの先行きが厳しいとなると、
今年のマーケットは、かなり冷え込むことになりそうです。

【6月1日のマーケット情報】
120603_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1438-6157b061

まとめtyaiました【危機だとはいわない国家のトップ】
【独首相、共同債への反対強固に-米大統領は危機終息求める】ドイツのメルケル首相がユーロ共同債への反対姿勢を強める一方、オバマ米大統領は欧州首脳が金融危機の終息で十分に行動していないとの見解を示した。※ブルームバーグ引用オバマ大統領もわかっているんでしょ...

2012.06.07 13:29 | まとめwoネタ速neo