こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【欧州の将来左右する37歳-ギリシャ急進左派連合ツィプラス氏】
ギリシャの急進左派連合(SYRIZA)が
アテネ市内中心部の繁華街に最近開設した事務所のドアには、
握りこぶしに「この続きはまた後で」の言葉が書かれた紙が貼られている。
この建物は銀行の元支店で、
かつては大勢の市民が融資借り入れのために列をつくっていた。

※ブルームバーグ引用

記事に紹介されている
「ギリシャ急進左派連合」が政権をとると、
たぶんギリシャはEUからの離脱する可能性が高いです。
選挙の結果は17日(日)、18日(月)の為替はもちろん
マーケットは、どちらにしても大きく動くことになりそうです。

【スペインとイタリアが反撃、ECBとEUに物申す-絶体絶命】
スペインとイタリアは13日、
悪化する金融危機への対応強化を欧州の政策当局に迫った。
スペインが1000億ユーロ(約10兆円)規模の
銀行支援の約束を取り付けても
市場の安定につながらなかったことで、南欧諸国の苦境は深まっている。

※ブルームバーグ引用

現段階でも互いを罵り合っている状況。
ソブリン債危機が止まらない要因が、
こんなところにも垣間見ることができます。
今は、力をあわせて危機を乗り切らなければいけないのに・・・。

【中国株(終了):上昇-金融緩和や財政拡大見通しを好感】
中国株式相場は上昇。
上海総合指数は約1カ月ぶりの大幅高となった。
景気減速を食い止めるために中国当局が金融緩和策を進め、
インフラ向け支出を拡大するとの見方が広がった。

※ブルームバーグ引用

一時的な上昇に安心しないで、
大事なのは、これから下落する
マーケットに備えることのほうが
重要になってきます。

【6月13日のマーケット情報】
120613_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1447-19b3a18c

まとめtyaiました【まとまらないスペイン、イタリアとECBとEU】
【欧州の将来左右する37歳-ギリシャ急進左派連合ツィプラス氏】ギリシャの急進左派連合(SYRIZA)がアテネ市内中心部の繁華街に最近開設した事務所のドアには、握りこぶしに「この続きはまた後で」の言葉が書かれた紙が貼られている。この建物は銀行の元支店で、か...

2012.06.18 18:54 | まとめwoネタ速neo