こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【ドル79円半ば中心に約5週間ぶり高値維持-米景気悲観後退で】
東京外国為替市場では、ドル・円相場が
1ドル=79円台半ばを中心に、
約5週間ぶりの高値圏で推移した。
米経済指標の底堅さを背景に景気の悲観論が後退しており、
ドル買い圧力がかかった。

※ブルームバーグ引用

欧州が悪くなっても、
アメリカが踏ん張ってくれれば
という期待はあるのですが、
ここが底で、ここから、
ゆっくり上昇してくれれば、ありがたいです。

【独連銀:ECBの債券購入計画に相当なリスクあると認識-月報】
ドイツ連邦銀行(中央銀行)は
欧州中央銀行(ECB)の新たな国債購入が
「無制限」となりかねないと指摘し、同計画への批判を強めた。
債務危機の解決法をめぐる当事者間の溝を鮮明にした。

※ブルームバーグ引用

EUの命運は、すでにドイツが握っています。
自国の利益を守るのか?それともEUを守るために、
自国を犠牲にするのかということです。
東西ドイツが統一したのが1990年。
東と西の格差があり、統一の大きな障害になっていましたが、
それを克服したドイツ。

今回の問題も1国であれば、
何とか乗り切れる可能性は高かったと思いますが、
ソブリン債による危機の乗り切るために、
EU加盟国、すべてがまとまるかというと、なかなか難しい。
結局、ギリシャが最初の生贄になりそうです。
「ギリシャみたいならないように!」と、
一度、ドイツはEU加盟国に脅しをかけるしか
なくなるような気がします。

【8月20日のマーケット情報】
120820_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1493-a28b91a0