こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【NY外為:ドルが下落、米雇用の伸び減速で緩和観測強まる】
ニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。
対ユーロでは3カ月ぶりの安値となった。
8月の米雇用者数の伸びが市場予想を下回ったことから、
連邦公開市場委員会(FOMC)による
追加緩和の観測が強まった。

※ブルームバーグ引用

雇用統計の結果が悪く、
QE3の実施が早まれば、
もちろん、その実施を見越して、
マーケットは上昇します。
それが持続すれば、さらにDOWは上昇すると思いますが、
世界全体の景気が悪くなっている現状を考えると、
株価だけが上昇し続けるということはありえません。

【中国8月の工業生産、伸びが鈍化-インフレ加速で当局に難題】
中国の工業生産は8月、この3年で最も低い伸びとなった。
一方でインフレは8月に加速し、
景気減速の流れを反転させるための温家宝首相の任務は難しくなってきた。
中国の国内総生産(GDP)の伸びは7四半期連続で鈍化する可能性がある。

※ブルームバーグ引用

情報操作ができる中国政府が発表しているこの数字を、
丸呑みするわけには、いきませんが、
これより実態は悪いと考えておけば、
間違いはないはずです。
先に書いたとおり、世界の工場である中国の生産が
鈍化しているということは、
世界でモノが売れにくくなっているということです。

【9月7日のマーケット情報】
120909_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1507-3448324b