こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【PIMCOグロース氏:FOMC追加緩和は近い、雇用鈍化で】
米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)で
世界最大の債券ファンドを運用するビル・グロース氏は、
8月の米雇用統計で雇用者の増加数が市場予想を下回ったことにより、
連邦公開市場委員会(FOMC)は量的緩和の拡大に近づいたとの見方を示した。

※ブルームバーグ引用

早ければ、明日のFOMC、
遅くとも来月には、QE3が発表される可能性があります。
それを予見してか、為替はドル安が進んでいます。
記事にあるとおり、
「米国債や住宅ローン関連証券の買い入れを再開」
これを受けて、マーケットがどのように動くか、
判断するのは、難しいです。

【香港株(終了):ハンセン指数、上昇-FOMC控え】
香港株式市場ではハンセン指数が上昇。
米連邦準備制度理事会(FRB)が
追加刺激策に動くかどうかを見極める様子見ムードが広がった。
ドイツの連邦憲法裁判所は
欧州の恒久的救済基金の合憲性に関する判断を延期せず、
予定通り12日に下すと発表した。

※ブルームバーグ引用

香港マーケットも
FOMCの様子見で大きくは動かず。
中国マーケットを長期で見ると、
成長速度のピークは過ぎています。
もちろん、成長は続けますが、
その伸び率は、年々減少していくはずです。

【9月11日のマーケット情報】
120911_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1509-990339d9