こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【ゴールドマンのコーン社長量的緩和の終了時に痛みを味わう】
米ゴールドマン・サックス・グループの
ゲーリー・コーン社長兼最高執行責任者(COO)は11日、
米連邦準備制度理事会(FRB)が
量的緩和策を終わらせるのに苦労するとの認識を示した。

※ブルームバーグ引用

日本も量的緩和を行ってきて、
何とか景気よ戻れと待っている状態ですが、
20年、まったくもって戻る気配はありません。
政府は、量的緩和うんぬんより、
まずは、日本の将来をになう人々の育成、
次の産業の種まきをしては、どうでしょうか?

ノーベル医学生理学賞を受賞した山中教授は
以前、政府の事業仕分けを批判していましたが、
資源がない日本だからこそ、
これから力を入れるべき分野は
教育と科学の分野ではないのでしょうか?

【独財務相とIMFが対立-政府によるギリシャ債務減免めぐり】
ドイツのショイブレ財務相は、
欧州各国政府が保有するギリシャの債務を減免して
損失を受け入れることはできないと明言し、
国際通貨基金(IMF)と対立する姿勢を鮮明にした。

※ブルームバーグ引用

スペインの格下げも大きなニュースですが、
その影で、ギリシャがまたまた危険な状態に
なりつつあります。
ギリシャの7月の失業率は25.1%過去最悪。
ユーロから離脱せずにギリシャの景気は良くなるのか?
まったく先が見えない状態です。

【10月11日のマーケット情報】
121011_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1531-75112f3b