こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【ドルが87円後半に下落、急速な上昇に警戒感-米欧のリスクも】
東京外国為替市場では、
ドル・円相場が1ドル=87円台後半に水準を切り下げた。
急速なドル高・円安の進行に対する警戒感が生じやすい状況の中で、
米国の債務上限引き上げ問題に加え、
週内には欧州中央銀行(ECB)の政策決定会合も控え、
ドル買い・円売りの動きは限定された。

※ブルームバーグ引用

本日が仕事始めの方も多かったと思いますが、
まずは、落ち着いた円高のようです。
約3か月で10円の動きは凄いと思います。
ここから今までの勢いで10円高くなるような局面は、
まずないと思います。
円安で利益がアップする日本の優良企業を購入するのは、
ありかと思います。

【香港株(終了):ハンセン指数、小幅安-相場過熱を警戒】
香港株式市場では、ハンセン指数 が小幅安。
1年7カ月ぶりの高値付近に達したことで、
買われ過ぎとの警戒感が強まった。
一方、米雇用統計を好感して輸出関連株が上昇したほか、
不動産株にも買いが入った

※ブルームバーグ引用

香港マーケットも上げすぎた分、
調整が入るような局面が出てきそうです。
しかし、いろいろなニュースを読んでも、
今年のマーケットに対して、
楽観的な内容が多いのが気になります。
アメリカの景気が良くなっても、
EUが崩れるようであればアウトです。

【1月7日のマーケット情報】
130107_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1590-a46681f2