こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【円上昇、対ドル一時88円後半-日銀会合通過で材料出尽くし感】
東京外国為替市場では円が上昇。
午後の取引では対ドルで
1ドル=90円台前半に水準を切り下げた後、
88円台後半まで急速に値を戻す場面が見られた。
日本銀行がこの日開いた金融政策決定会合で、
2%の物価上昇率目標を設定するなど、
政府と協力してデフレ脱却に向けた緩和策を
継続する姿勢を示したことで一時円売りが強まったが、
その後は材料出尽くし感から円が買い戻された。

※ブルームバーグ引用

ここで、やっと一服した円安。
個人的には、円高のほうが、日本にとっては
プラスだと思っている私ですが、
日銀が金融緩和を行って円の流通が増えたとしても、
他国が同じように増やした場合のケースや、
何よりも刷ったお金が使用されなければ、
経済は、まわりません。
一番、大事なのは、どのようにお金を使わせるか?
ここなのですが、安倍政権の最大の課題は、これからです。

【香港株(終了):ハンセン指数、1年7カ月ぶり高値】
香港株式相場は上昇。
ハンセン指数 が1年7カ月ぶりの高値を付けた。
招商局国際が上げをけん引。
同社が所有する土地の利用方針を
深圳市が見直しているとの報道が好感された。

※ブルームバーグ引用

やっぱりマーケットのメインエンジンはアメリカ。
香港マーケットも着実に上昇中です。
もちろん中国政府の政策も重要ですが、
まだ海外への輸出依存度が高い中国にとって、
商品を買ってくれる国の経済が良いということは、
輸出企業の業績を上げることになります。

【1月22日のマーケット情報】
130122_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1601-a6fdeb56