こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【中国:1月の乗用車販売台数、前年比49%増-日本車が回復】
中国の1月の乗用車販売台数は前年同月比49%増加した。
国内の景気が上向く中、日本車メーカーの販売が持ち直したほか、
米ゼネラル・モーターズ(GM)が過去最高の月間販売を記録した。

※ブルームバーグ引用

大気汚染、領海侵入と、悪いニュースにも
ことかかない中国ですが・・・
やっぱり良いものは売れる?ということで、
日本の製品は記事にあるとおり車しかり、
日本の空気洗浄機も売れているようです。

中国にモノを売るという観点は、
どんなに中国の悪いニュースが出てきても、
忘れないようにしたほうがよさそうです。
ただし、中国に生産拠点があるメーカーは、
早急に移す手はずを整えたほうが、
そろそろよろしいかと思います。

【クルーグマン教授、日本の人口減少を問題視-低成長の要因】
ノーベル経済学賞受賞者で
プリンストン大学教授(経済学)のポール・クルーグマン氏は、
日本の低成長は人口不足の結果だと述べ、
労働年齢人口の生産の伸びは「さほど悪くない」との見方を示した。

※ブルームバーグ引用

今後の日本の最大の危機は、
人口減少によるGDPの低下。
今は潤沢な国民の資産が郵便局しかり、
国内の銀行に預けられており、
赤字国債の発行にも耐えることができてますが、
いずれ、このままでは崩壊するのは、間違いなし。

体力があるうちに、手を打たないといけない問題ですが、
まずは、景気を回復させるために安倍政権は、
円を潤沢に供給し、お金を国民に使ってもらうと模索しています。

円を潤沢に供給すれば円は安くなる・・・
ということで、先にマーケットが動いていますが、
もし好ましい水準100円から110円で、
円安が止まらなかったとき、さてどうするのでしょうか?
まさか、シンバブエみたいにはならないとしても、
最悪のシナリオを考慮して、
政策を進めていることを信じたいです。

【2月7日のマーケット情報】
130207_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1613-132ace29