こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【NY外為:円がほぼ2年ぶり大幅高、麻生財務相発言で】
ニューヨーク外国為替市場では
円が対ドルでほぼ2年ぶりの大幅高。
麻生太郎財務相が最近の円安のペースは
速すぎるとの認識を示したことがきっかけとなった。

※ブルームバーグ引用

トヨタの決算資料から、
為替の予測を下記に変更しただけで、
純利益が上昇するわけです。
90円台で、今年推移すれば、
それだけでも御の字なのがよくわかります。

「今期の為替前提は最近の円安を反映して、
1ドル=81円(従来79円)、1ユーロ=104円(同100円)に変更。
12年10-12月の純利益は、米国の集団訴訟関連の費用を計上したものの、
為替変動の影響で500億円のプラス要因となったことなどで、前年同期比23%増の999億円。 」
※ブルームバーグ引用

ここで麻生財務大臣が、
為替の動きについて言及したということは、
今までのスピードで円安は進まなくても、
やや調整してまだ円安が進むことを
示唆しているようにも見えます。
まずは、次期日銀総裁が誰なのか?
次のポイントになりそうです。

【スペイン格付け据え置き、見通し引き続きネガティブ-フィッチ】
格付け会社フィッチ・レーティングスは、
スペインの格付けを投資適格級に据え置いた。
同国債務の国内総生産(GDP)比は
ピーク時でも100%を下回るとの見通しを示し、
政府当局は一段の衝撃の際にも
依然として対応する余地はあると指摘した。

※ブルームバーグ引用

マーケットは上昇していても、
格付け会社の目はシビアです。
スペインが破綻したら、あとはドミノ式です・・・。
何とか踏ん張ってほしいです。

【2月8日のマーケット情報】
130210_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1614-21e1842e