こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日銀総裁候補・黒田氏:可能なことは何でもやる姿勢明確に-所信】
政府が先に次期日本銀行総裁候補として国会に提示した
黒田東彦氏は4日午前、衆院議院運営委員会で所信聴取に臨み、
これまでの日銀政策は2%の物価目標の達成に不十分とした上で、
デフレ脱却へ向け可能なことは何でもやると表明し、
大胆な金融緩和を進める意向を示した。
物価目標の達成は2年を目指すとした。

※ブルームバーグ引用

日銀が日本国債を買い始めるようなことになれば、
さすがに日本国債も下落、金利が上昇すると思いますが、
黒田氏が、無事、日銀総裁になったあと、
どのような行動を起こすことになるのか注目です。
とりあえず、日本株を購入しつつ、
手元の円を外貨に換えてもよい環境が整いつつあります。
賃金が上がらない悪いインフレになったとしても、
ここまで言われれば、お金は、少なくとも2年間、
日本マーケット、土地に流れる可能性がでてきました。

【中国株(終了):CSI指数、10年以来の大幅安-住宅規制響く】
中国株式 相場は下落。
指標のCSI300指数が2010年以来の大幅安となった。
中国当局が不動産価格の抑制を図るため
追加措置を講じたことが響いた。
中国サービス業活動の拡大ペースが鈍化したことも嫌気された。

※ブルームバーグ引用

万科企業の株価上昇を見ればわかるように、
不動産が高くなることを抑制する中国政府。
10年前に比べれば、今もまだ高い水準は変わらず、
不動産が投機の対象にならないように、
コントロールしようとしているのがよくわかります。

【3月4日のマーケット情報】
130304_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1632-22bed954