こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【キプロスはユーロ離脱の検討必要、スペイン波及も-経済顧問】
キプロスは差し迫った危機が過ぎ去った段階で、
ユーロ圏に残留すべきかどうか再検討すべきだと
ノーベル経済学賞を受賞した
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの
クリストファー・ピサリデス教授(経済学)が主張した。
同氏は、キプロスの経済諮問会議の議長を務める。

※ブルームバーグ引用

ギリシャ危機のときも書いたと思うのですが、
ユーロから離脱し、自国通貨で国家を運用すると、
通貨は下落しますが、通貨が下落することで、
海外から人や仕事が戻ってくる可能性が高くなります。
逆にユーロにとどまることで得るのは、危機を先延ばしにできる時間ですが、
その時間内に、問題を解決できなければ、
事態はいっそうに悪くなっていきます。
欧州危機の落としどころは、いったい、どこになるのかが、
世界中が、その影響を恐れつつ、眺めているのが現状です。

【香港株:ハンセン指数が続伸-輸出株に買い、米指標を楽観】
香港株式市場ではハンセン指数が続伸。
キプロス救済の副作用
や中国当局の不動産抑制策に対する懸念はあったものの、
2月の米耐久財受注が増加するとの見通しを背景に輸出株が買われた。

※ブルームバーグ引用

本日は、ほぼ平行線。
大きな動きはありませんでしたが、
年初からの動きをアメリカとくらべると、
勢いがない香港マーケット。
中国株に関して言えば、何を買っても上がる
という状況は、すでに終わっています。
優良銘柄を見つけて投資、
元高に恩恵ある銘柄への投資をおすすめします。

【3月26日のマーケット情報】
130326_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1648-b2b29bf4