こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日銀総裁:金利3%上昇しても経済・物価改善伴えば銀行収益に好影響】
日本銀行の黒田東彦総裁は26日午後、
都内で講演し、金利が1-3%程度上昇した場合でも、
経済・物価情勢の改善を伴えば、
金融システムが不安定化する懸念は
大きくないとの見方を示した。

※ブルームバーグ引用

金利の上昇を抑えるから、
上昇しても大丈夫という発言に
変わっていることが注目すべき点です。
この調子でいくと、ゆっくり円安、
ゆるいインフレ、国債の金利も上昇、
という形になりそうです。

【円の売り越し、07年以来の高水準-FRB緩和策縮小の観測で】
通貨先物市場では、円が対ドルで下落すると
見込んだポジションの枚数から上昇を見込んだ
ポジションの枚数を差し引いたネットショート(売り越し)が
2007年7月以来の高水準に達している。
米連邦準備制度理事会(FRB)が景気刺激策として
実施している債券購入の規模を
縮小するとの観測が強まっていることが背景。

※ブルームバーグ引用

日本株の乱高下がまだまだ続きそうですが、
リスクをとらなければ、ドルを買っておくのは、
ありだと思います。
流れとしては、アメリカの金融緩和の規模が
小さくなるほうが先です。
そういった意味では、やはり円安で、
利益がでる優良な企業の株を
ちょこちょこ買っておくのもありだと思います。
こちらは、ややリスクが高いですが・・・。

スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1691-3feab1fa