こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【香港株(終了):H株指数、11年来の安値-中国の流動性逼迫】
香港株式相場 は下落。
中国の経済成長が流動性逼迫(ひっぱく)で
損なわれるとの懸念が広がる中、
中国本土の株式相場が下落したのに伴い、
ハンセン中国企業株(H株)指数は約1年8カ月ぶりの安値となった。

※ブルームバーグ引用

みんなが上がればと思えば、株価は上がり、
みんなが下がればと思えば、株価は下がる。
単純なことなんですが、中国株は、
下がる方にトレンドが傾いてしまっているようです。
実際、ここまで下がったら買っても良いんじゃない?
と思える株がごろごろ出てきているように思えます。

しかし、一番大事なのは、
政府が発表する情報の正確さです。
ここの信用を失いかけているうちは、
なかなか中国株にまた投資しようとする
外国人投資家は、出てこないかもしれません。

まずは、中国政府がこの株価の下落を受けて、
どのような発表をするのか?
投資家は待っているように思えます。

【新興市場の一斉売りは半年続く、全側面で悪夢-ソシエテ】
ソシエテ・ジェネラルの新興市場戦略責任者、
ベノワ・アンヌ氏は新興市場資産の一斉売りについて、
「これは半年間続く調整で、まだ始まったばかりだ」との見方を示した。
同氏はブルームバーグテレビジョンに対し、
「私の見方では2013年は不毛の年だ」と述べた。
中国は「恐らく」長期にわたって弱気相場が続くだろうとし、
同国での高リスク融資は成長の持続可能性を
疑問視させるもので対処が必要だと指摘した。

※ブルームバーグ引用

今年は、マーケット眺めているだけにするか、
高配当銘柄の優良株をちょこっと
つまむ程度にしておこうと思います。

【6月24日のマーケット】
130624_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1712-2f739f39