こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【セントルイス連銀総裁:緩和策縮小の前に下期の改善見極めを】
米セントルイス連銀のブラード総裁は、
労働市場と景気が力強さを増している確証が得られるのを待って、
債券購入のペースを落とすべきだと述べた。
同総裁は今週開かれた連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で
債券購入の継続を支持した。

※ブルームバーグ引用

おっしゃるとおり。
FRBの議長が、金融緩和を縮小するような
発言をすると、マーケットが下落するわけですが、
景気が良くなれば、引き締めは必要です。
このタイミングを間違えると、
また下落基調に戻ることになりますので、
慎重になるのは、わかりますが、
どこかで決断する必要があります。

【焦点:中国経済に影落とす「後継者不在」、家業に背向ける一人っ子】
中国で不動産から医薬品、
鉱山まで幅広い事業を手掛ける経営者の一人息子、
ダイ・インタオさん(21)は、
父親の会社を継ごうという気は全くなく、
貴州省貴陽にある建設現場で働く道を選んだ。
仕事場には毎日愛車のポルシェで通っている。

※ブルームバーグ引用

人口増加から減少に移る中国、
一人っ子政策を続けた結果、
生産人口も減少することになります。
もちろん、高齢化が進むスピードは、
日本のほうが早いですが、
10億を超える人口を要する国家で、
高齢化が進むのを考えると、ちょっと怖いですね。

スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1740-14373fa4