こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日本株動かす主役、安倍氏からバーナンキ氏へ交代-円安異変】
レンジ相場の様相を呈する日本株に対し、
投資家の先高期待はなお強い。
円の先安観から、輸出関連を中心に
企業業績の改善期待が背景にある。
しかし、円安・株高ドラマの舞台は
春先までの日本から最近では米国に移り、
主役も安倍首相から米連邦準備制度理事会(FRB)の
バーナンキ議長に替わりつつあるようだ。

※ブルームバーグ引用

おっしゃるとおり。
日本政府しかり日銀しかり、
金融政策について、日本側が持っているカードは、
ほどんどありません。
FRBに大きな動きがなければ、
ゆっくり株高、円安に為替は動くと思うのですが、
国民にその恩恵がわかる形になるには、
まだ時間がかかりそうです。(今はマイナスばかり・・・)

【人民元上昇、93年末以降の最高値に迫る-中心レートやPMIで】
中国人民元は5日、対ドルで約1カ月ぶりの大幅上昇となり、
この19年間の最高値まで0.1%以内に迫った。
中国人民銀行(中央銀行)が
中心レートを元高方向に引き上げたことに加え、
国家統計局などが発表した
7月の非製造業購買担当者指数(PMI )が
3月以来の上昇となったことが材料。

※ブルームバーグ引用

中国の景気が悪くなっても、
元高の流れは変わらないと思っています。
個人的な予想ですが、中国政府はもちろん
中国の方々が、万が一に備えて、
かなり外貨を貯めこんでいるいるような気もします。

【8月5日のマーケット】
130805_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1741-171a07d8