こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【豪中銀:政策金利を2.5%に引き下げ-中立バイアスにシフト】
オーストラリア準備銀行(中央銀行)は6日、
政策金利 を過去最低水準に引き下げた。
ただ中銀の声明が追加利下げ観測を
後退させるものだったことから、豪ドルは上昇した。

※ブルームバーグ引用

UBSオーストラリア債券オープンなど、
円安になる前には、かなりお得なファンドでしたが、
新興国のファンドは、日本株の上昇と円が安くなることで、
毎月の配当があっても、価格を下げていくことになります。
時に、今回のように金利を下げられると、その影響は大きいです。

【バフェット氏出資の中国BYD、電気バスの海外販売拡大へ】
著名投資家のウォーレン・バフェット氏が出資する
中国の自動車メーカー、比亜迪(BYD)は、
電気バスの海外販売を増やす意向だ。
BYDを創業した王伝福氏は、
同社が今年は「2回目の飛躍期」迎えると見込んでいる。

※ブルームバーグ引用

【バークシャー、債券安の打撃回避-バフェット氏の株式選好で】
ウォーレン・バフェット氏が
債券より株式投資や会社全体の買収を選好していることで、
同氏率いるバークシャー・ハサウェイは
他の保険会社と比べて金利上昇をうまく乗り切っている。

※ブルームバーグ引用

記事を読んでいただければわかるように、
バフェットさんが気にしているのは
「債券が「最も危険」な資産」ということで、
やっぱり数十年持っても大丈夫という銘柄を見つけ、
それを有言実行し、利益を出し続けているのは、やはりすごい。
為替リスクを無視して、バフェットさんが生きている限り、
バークシャー・ハサウェイの株を持ち続ける
というのも面白い投資だと思います。

【8月6日のマーケット】
130806_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1742-69084d88