こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【ロンドン外為:ドルが対円で続落、米当局の緩和縮小観測が後退】
15日午前のロンドン外国為替市場では、
ドルが対円で続落している。
政策変更を経済予測だけに基づいて行うことには
慎重になるべきだと米セントルイス連銀の
ブラード総裁が発言したことが手掛かり。

※ブルームバーグ引用

つまり円高が進んでいるという記事ですが、
日本より金融緩和縮小を必ず早く進める
アメリカのFRBの動きが間違いなければ、
行き過ぎた円高は、円安にかけるチャンスです。
よって、日本の輸出企業の株が、
また大きく下落するようなことがあれば、
これまた買いのチャンスだということがいえます。

【香港株(終了):ハンセン指数、小幅安-米刺激策めぐり懸念】
香港株式 市場で、ハンセン指数は小幅下落。
米金融当局が緩和策を縮小するとエコノミストが予想したほか、
中国の不動産銘柄の値下がりが響いた。
香港株式市場は前日に台風で休場となったため、
取引が再開されたこの日は大商いとなった。

※ブルームバーグ引用

昨日の休場の影響か、
出来高がかなり大きかった香港市場。
マーケットは、横ばいでしたが、
流通量が増えているのは、
一応、マーケットが信頼されている証です。
まずは、中国政府が発表される情報が、
操作されていないものにしてほしいと思います。

【8月15日のマーケット】
130815_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1749-1cb4c67e