こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【米金融市場(午前):ドルが上昇、債券は下落-GDP受け】
29日午前の米金融市場ではドルが上昇、
米国債は下落している。
4-6月(第2四半期)の実質国内総生産(GDP)改定値が
市場予想を上回ったことが背景

※ブルームバーグ引用

確実に景気が回復してきているアメリカ。
シリアへの早期攻撃も、まずは回避ということで、
マーケットは落ち着いた動きになっています。
突然の悪いニュースがでてくるとすれば、
最近、息をひそめている欧州と、
やはり中国でしょうか・・・。

【アジア・太平洋株式サマリー:香港・インド株上昇、中国株続落】
香港株式相場は上昇。
ハンセン指数が約2週間ぶりの大幅高となった。
好決算の発表が相次いだのに加え、
米国がシリアに対し軍事行動を起こすとの懸念で
原油価格が上昇し、エネルギー関連の銘柄が買われた。

※ブルームバーグ引用

香港マーケットは、何とかもちなおしましたが
やっぱい弱く、本土の意向より、海外の影響を
かなり受けています。
最近、インドについて悪いニュースをよく読みますが
バフェットさんがインドの保険マーケットから撤退しましたが、
ジム・ロジャースさんもインドには悲観的。
BRICsが騒がれていたのが懐かしいですが、
どこの国も現段階では、なかなか上手くいかないようです。

【8月29日のマーケット】
130829_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1760-c6182013