こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【株と債券が上昇、サマーズ氏のFRB議長候補辞退で】
16日の金融市場でドルは全面安となり、
株式と債券相場は上昇。
ローレンス・サマーズ氏が次期連邦準備制度理事会(FRB)議長の
候補を辞退したことに反応した。
シリア化学兵器の廃棄計画で米国とロシアが合意したことを受けて原油は下落。

※ブルームバーグ引用

まず、アメリカによるシリアの攻撃が少なくとも、
早急に行われないことが決定。
マーケットにとっては、良いニュース。
そして、サマーズ氏のFRB議長候補の辞退、
議会で承認されないだろうというのが一番の理由ですが、
さて、その裏には、どんな動きがあったのでしょうか。
どちらにしても、今月のFOMCの発表、
そして、次期FRB議長が、バーナンキ議長の政策を
継続するかが、今後のポイントになってきそうです。
しかし、DOWあがりますね。

【リーマン破綻が響く米金融株、株価上昇でもPER依然低水準】
リーマン・ブラザーズ・ホールディングスの破綻以降、
銀行に対する規制の取り組みが進んだにもかかわらず、
株式投資家が米金融機関に対して抱く信頼は
米市場全体との比較で2008年初めとほとんど変わっていない 。

※ブルームバーグ引用

投資する企業のPERを良くチェックしろ!
というのは、よく言われることですが、
株価が順調に上昇しているアメリカでも、
まだPERが低い業種があるわけです。
確かにリーマンショックで、アメリカの金融界は、
大ダメージを受けて、政府の支援があって、
何とか持ち直し?をしているところです。
本当に不良債権がなくなっていれば良いのですが、
バブル崩壊後に整理された日本の金融業界のツテを
踏まないことを願うばかりです。

【9月16日のマーケット】
130916_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1772-7f4f93b2