こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【香港株(終了):10週間ぶり安値-中国3中総会に失望】
香港株式 相場は下落。ハンセン指数は10週間ぶり安値となった。
中国指導部が改革を協議する第18期中央委員会
第3回総会(3中総会)の閉幕後、
政策の詳細を示さなかったことで失望が広がった。

※ブルームバーグ引用

ひさしぶりの大きな下落。
マーケットが一番影響を受けるのは、
やはりその国の政治家がどのような政策を行うのか、
という発表の場、そしてその後に実施される政策です。
それが見えない=何にも考えていないと受け取られても、
しょうがないかなと思います。
ここで、中国マーケットは、これから厳しくなる、
いや、さらに良くなるという判断するとなると、前者になりそうです。

【「第3の矢」欠くアベノミクスは成功しない-アリアンツG】
安倍晋三首相による日本経済再生計画アベノミクスと
その一環である日本銀行の政策は、
労働市場や移民などの構造的な問題に対処する
いわゆる「第3の矢」を欠いているため、
長期的成長をもたらすことはできないだろう-。
アリアンツ・グローバル・インベスターズの最高投資責任者(CIO)、
アンドレアス・ユーターマン氏がこのような見方を示した。

※ブルームバーグ引用

きっと、今、一生懸命考えているはずです(笑)。
確かにおっしゃるとおり、国内の企業がお金を使える用意はしました、
しかし、そのお金を何使って景気を良くするの?
という形が見えてきません。
その点、アメリカはシュールガス革命によって、
エネルギーを自給自足することができるようになり、
今後、増加する人口によってマーケットも拡大する余地があります。

個人的には、日本は昔の江戸時代の現代版を目指したらと思います。
移民を受け入れてまで、人口を増やす必要はないですし、
他国の失敗例を見れば、それは明らか。
では、減少していく人口、進む高齢化社会の中で、
人々が生きやすい環境を作ることはできないかと思います。

【11月13日のマーケット】
131113_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1812-862d3cef